スピリチュアル

スピ速

2chオカルト、死後の世界、ビックリ科学、スピリチュアルスレッドまとめブログ。怪談や都市伝説以外のノンフィクション寄り。

スピリチュアル

オカルト
怪奇!アンビリーバブル パーフェクトDVD-BOX 3 2ちゃんねるまとめ
2ちゃんねるまとめアンテナ

最新の記事

【宇宙】宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表 (11/18)  【科学】緑色に光るサル誕生 遺伝子改変で滋賀医大 (06/21)  【話題】赤ちゃんなのに髪フサフサ! ネットで人気者に (04/26)  死後の世界って夢の世界と同じなんじゃね? (03/29)  【反社会】twitter:香山リカ「(ネトウヨは)重力波に飲み込まれパラレルワールドに行っちゃったんですね!永遠に行ってらっしゃ~い! 」 (02/17)  【国際】未来を予測している? 90年前に描かれたロンドンのポスターがすごい (02/09)  【社会】本当にある「住んではいけない部屋」 映画「残穢」で描かれた“事故物件”の真相に迫る (02/03)  【科学】不妊治療に新たな光。動かない精子にモーターを取り付けて運ぶことに成功 (02/01)  【宇宙】太陽系に巨大な「第9番惑星」存在か 海王星の外側に…米工科大[H28/1/21] (01/21)  【スプートニク】天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する [H28/1/20] (01/20)  【AERA】タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15] (01/17)  東京地鳴り (01/14)  【ネタ】昼間から心霊現象多発!? 霊的にヤバい街ワースト3 (01/06)  【国際】聖母マリア出現の奇跡、世界中で2000回起きていた [H27/12/15] (12/17)  死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 (12/12)  アセンションってどうなった? (12/10)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (12/02)  お前らが実際に体験した怖いor不思議な体験書いてけ (11/24)  【話題】なんだこいつら……「へんないきもの」を集めた特別展、サンシャイン水族館で開催 (11/23)  【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見 (11/18)  【文化】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず… (11/17)  【国際】謎の遺跡「ストーンヘンジ」の秘密が次第に明らかに (11/16)  【話題】1歳半の男児が毒ヘビかみ殺す、口を血まみれにした姿で母親の前に。 (11/13)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (11/10)  ホーキング博士「死後の世界はない」 (10/27)  【資源】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 ~今中名誉教授によると、この方法なら電気代3円で100円相当の石油を作ることができます (10/14)  運気を上げる方法 (10/13)  【話題】「古代ローマは2000年前のアフリカにこれほどの都市を建設していた…」廃墟の写真に驚嘆の声 (10/09)  【宇宙】エイリアンが襲来し人類を滅ぼす?! ホーキング博士の警告に科学者騒然 (10/05)  世界初!“光るカメ”を南太平洋で発見!米研究チーム(画像アリ) (10/02)  【中国】中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… (09/30)  知ってた?ミジンコを正面からみた姿が怖いと話題に(画像アリ) (09/25)  【科学】極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究 (09/20)  【科学】爬虫類と哺乳類の中間動物「トリティロドン類」の化石、高校生が発見 福井 (09/17)  【科学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南アフリカ (09/15)  【科学】冥王星に砂丘? 無人探査機が捉える (09/11)  【箸休め】米国に「ゴジラ雲」が登場、本物そっくりで話題に (09/08)  静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている! (09/06)  珍スポ、不思議な場所、無名だけど凄い名所 (09/02)  【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (08/25)  天津の海で魚の大量死が見つかる (08/21)  【話題】科学者「この世はニセモノかもしれない」我々は完全にフェイクな世界で生きている可能性!!我々人類は、水槽で飼われている観賞魚のようなものなのだろうか......。 (08/19)  人生って8週でクリアなんだって (08/18)  【中国】中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インドメディア (08/07)  【生物】ウサギにしか見えない!可愛すぎる「ゴマフビロードウミウシ」が海外でも話題に (08/06)  【生物】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も (08/05)  【反応】エレベーターがビル最上階の天井を突き破り落下=中国ネット「ロケットかよ」 (08/04)  【ねずさんのひとりごと】日本人に正しく教えられていない縄文時代は、1万7000年ほど続いた途方もない長い時代であり、文明の一つ (08/03)  死の恐怖を克服する方法 (07/31)  【相談】庭に幽霊?が出て困っています (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる 2015/11/18(水) 18:23:47
    1:2015/11/11(水)09:16:45 ID:
    交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見
    他のオスと交わらせずに、自分の子孫を残す驚異の戦略

     交尾の後にメスの交尾器の一部をねじ切り、ほかのオスと二度と交尾できないようにしてしまう
    クモがいることが判明、11月5日付の学術誌『カレント・バイオロジー』に発表された。
    自分の子孫を確実に残すためと考えられるが、こうした行動が観察されるのは初めて。

    「こうした驚異的な適応進化はたびたび見つかります。繁殖をめぐる競争は熾烈なのです」
    と今回の研究には参加していないドイツ・ハンブルク大学の生物学者ユタ・シュナイダー氏は語る。
    特にクモは、繁殖を成功させるために共食いしたり自ら生殖器を切断したりと、
    とんでもない手段を使う。(参考記事:「”去勢”されたクモは戦闘に強い」)

    (略)

    原因を解明するため、研究チームは野生のキタコガネグモダマシを捕まえて、研究室で交尾を観察した。
    オスが交尾経験のないメスに乗りかかったところで液体窒素を吹き付けて2匹を凍らせ、
    顕微鏡で交尾中の交尾器の様子を撮影した。キタコガネグモダマシの交尾はほんの数秒で終わってしまうので、
    交尾中のクモを凍らせるのは非常に難しい。「ものすごいスピードと運が必要でした」とウール氏は言う
    (参考記事:「”背中をさすって”口説くオスグモ」)

     オスのクモの口の近くにある1対の触肢(脚に似た付属肢)には精子が入っていて、
    交尾の際にはこの触肢でメスの交尾器のふくらみを上下からつかみ、生殖孔に精子を送り込む。
    撮影した画像から、キタコガネグモダマシのオスはメスから降りるときに、
    触肢でメスの交尾器のふくらみを強くつかんでひねり、ねじ切ってしまうことが明らかになった。
    オスは、ふくらみを失ったメスをつかむことができないので、このメスは二度と交尾ができなくなる。

     これは、繁殖をめぐってクモたちが繰り広げる通常の争いとは一味違う。
    多くのメスグモは、複数のオスと交尾をするが、卵はそのうち1匹のオスの精子でしか受精しない。
    そのため一部のクモは、自身の触肢を切り離してメスの交尾管に栓をする(つまり、自らを去勢する)
    といった強烈な行動に走る。

     しかしキタコガネグモダマシは、「オスが自分の体を傷つけることなくメスがほかのオスと交尾するのを防ぐ、
    きわめて巧妙な方法を発見したのです」とウール氏は言う。

    以下略 全文 ナショナルジオグラフィック
    http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/15/a/110900047/
    2:2015/11/11(水)09:30:43 ID:
    蜘蛛の子を散らすとか言うから、一回の交尾でバカスカ生まれるんやわな
    人間でこれやると少子化まちがいなし
    3:2015/11/11(水)09:35:51 ID:
    貞操帯みたいなもんだな
    4:2015/11/11(水)09:36:06 ID:
    キンタマコガネグモダマシ

    名前の末尾に「ダマシ」が入ってるのって偽物っぽく感じる。
    こいつは本当にクモって事でいいのか?
    5:2015/11/11(水)09:53:21 ID:
    メスが大きい生き物は交尾のあとでオスが食べられるから
    やり逃げするか死ぬかのどっちかしかないと言う
    非常に緊張感の有る生き方をしてるんだよね
    6:2015/11/11(水)10:19:56 ID:
    20世紀の終わり頃、「自然の生き物は美しい、人間だけが醜い」
    的な論調がやたらと流行ったものだが
    あれ大嘘だよな。
    自然界の動物は無駄に他の生き物を殺しません傷つけません
    あんなの完全な嘘だった。
    7:2015/11/11(水)10:20:05 ID:
    よく観察できたなこんなこと
    ミクロな視点だと似たような戦略が他にもあるかもね
    8:2015/11/11(水)10:27:26 ID:
    口から精子が出るのかよ
     
     
    10:2015/11/11(水)12:09:33 ID:
    メスに食われるやつもいるから
    ま、多少はね?
    11:2015/11/11(水)12:22:36 ID:
    僕だけの恋人だよ(物理)
    13:2015/11/11(水)14:46:59 ID:
    卵から孵った子蜘蛛に自分の体を餌にする母蜘蛛とかもいるんだっけ
    不思議なもんだ
    14:2015/11/11(水)14:51:23 ID:
    産卵すると死ぬ生き物とかもいなかったか。
    生物は子孫を残すためにすべてを犠牲するわけだ。
    15:2015/11/11(水)14:59:33 ID:
    豚の射精後ゼリー様物質で蓋とか
    まだ豚の方がジェントルミェンだな
    17:2015/11/11(水)15:49:32 ID:
    大学の講義で習ったな、「配偶者防衛」
    これもそれに入るの?

    その時の講義で例に出たのはヤドカリで、オスはメスの貝殻のフチを常に掴んでどこにでも連れて歩くっていう微笑ましいものだったけど
     
    19:2015/11/11(水)16:03:50 ID:
    交尾

     クモのオスはメスより体が小さく、交尾の際にメスに喰われる事があるのは有名だが
    カニグモの一種は、メスがまだ幼いうちに拉致・監禁して
    メスが脱皮してギリギリ生殖可能になった瞬間に交尾するという
    生き物地球紀行やむしまるQでは完全にアウトな方法で身を守る


    イカの仲間のコブシメは、体の大きなオスが交尾する権利を持つが
    体の小さなオスは、交尾しようとするつがいの間に「女装」して乱入し
    自分が掘られている間に交尾してしまうという、捨て身の戦法で子孫を遺す


    成功率五割で、残り半分は掘られるだけで終わる
     
    24:2015/11/12(木)23:07:51 ID:
    チョウチンアンコウのオスはメスと出会って契ったら精巣だけになる。
    チョウチンアンコウのオスはたいへん小さい。メスに逢うとメスの体に噛み付く。
    そのあと、メスに同化。メスの身体の一部になってしまう。
    噛み付いたら内臓も目も口もエラも消えてメスにぶらさがった突起物のごとし。
    中には精巣あるのみでいわばメスの陰嚢と化すわけだ。
    生命の神秘・・・
    26:2015/11/13(金)10:44:21 ID:
    >>24
    それ、どの時点で自我(というか何というか)が無くなるのか気になるなあ
    28:2015/11/18(水)17:06:27 ID:
    >>24
    チョウチンアンコウ オスで検索したら、オスNo.1、オスNo.2、、、とか出てきて吹いた
    25:2015/11/13(金)10:35:42 ID:
    一方ネコの場合は
    雌は性交した刺激で受精可能状態になり其が24H継続する、一度の出産でいろんな毛並みの子供が産まれるのは父親が違っている可能性がある
    猫の雌は生物学的にやりまん
     
     

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [生物]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。