スピリチュアル

スピ速

2chオカルト、死後の世界、ビックリ科学、スピリチュアルスレッドまとめブログ。怪談や都市伝説以外のノンフィクション寄り。

スピリチュアル

オカルト
怪奇!アンビリーバブル パーフェクトDVD-BOX 3 2ちゃんねるまとめ
2ちゃんねるまとめアンテナ

最新の記事

【宇宙】宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表 (11/18)  【科学】緑色に光るサル誕生 遺伝子改変で滋賀医大 (06/21)  【話題】赤ちゃんなのに髪フサフサ! ネットで人気者に (04/26)  死後の世界って夢の世界と同じなんじゃね? (03/29)  【反社会】twitter:香山リカ「(ネトウヨは)重力波に飲み込まれパラレルワールドに行っちゃったんですね!永遠に行ってらっしゃ~い! 」 (02/17)  【国際】未来を予測している? 90年前に描かれたロンドンのポスターがすごい (02/09)  【社会】本当にある「住んではいけない部屋」 映画「残穢」で描かれた“事故物件”の真相に迫る (02/03)  【科学】不妊治療に新たな光。動かない精子にモーターを取り付けて運ぶことに成功 (02/01)  【宇宙】太陽系に巨大な「第9番惑星」存在か 海王星の外側に…米工科大[H28/1/21] (01/21)  【スプートニク】天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する [H28/1/20] (01/20)  【AERA】タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15] (01/17)  東京地鳴り (01/14)  【ネタ】昼間から心霊現象多発!? 霊的にヤバい街ワースト3 (01/06)  【国際】聖母マリア出現の奇跡、世界中で2000回起きていた [H27/12/15] (12/17)  死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 (12/12)  アセンションってどうなった? (12/10)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (12/02)  お前らが実際に体験した怖いor不思議な体験書いてけ (11/24)  【話題】なんだこいつら……「へんないきもの」を集めた特別展、サンシャイン水族館で開催 (11/23)  【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見 (11/18)  【文化】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず… (11/17)  【国際】謎の遺跡「ストーンヘンジ」の秘密が次第に明らかに (11/16)  【話題】1歳半の男児が毒ヘビかみ殺す、口を血まみれにした姿で母親の前に。 (11/13)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (11/10)  ホーキング博士「死後の世界はない」 (10/27)  【資源】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 ~今中名誉教授によると、この方法なら電気代3円で100円相当の石油を作ることができます (10/14)  運気を上げる方法 (10/13)  【話題】「古代ローマは2000年前のアフリカにこれほどの都市を建設していた…」廃墟の写真に驚嘆の声 (10/09)  【宇宙】エイリアンが襲来し人類を滅ぼす?! ホーキング博士の警告に科学者騒然 (10/05)  世界初!“光るカメ”を南太平洋で発見!米研究チーム(画像アリ) (10/02)  【中国】中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… (09/30)  知ってた?ミジンコを正面からみた姿が怖いと話題に(画像アリ) (09/25)  【科学】極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究 (09/20)  【科学】爬虫類と哺乳類の中間動物「トリティロドン類」の化石、高校生が発見 福井 (09/17)  【科学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南アフリカ (09/15)  【科学】冥王星に砂丘? 無人探査機が捉える (09/11)  【箸休め】米国に「ゴジラ雲」が登場、本物そっくりで話題に (09/08)  静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている! (09/06)  珍スポ、不思議な場所、無名だけど凄い名所 (09/02)  【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (08/25)  天津の海で魚の大量死が見つかる (08/21)  【話題】科学者「この世はニセモノかもしれない」我々は完全にフェイクな世界で生きている可能性!!我々人類は、水槽で飼われている観賞魚のようなものなのだろうか......。 (08/19)  人生って8週でクリアなんだって (08/18)  【中国】中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インドメディア (08/07)  【生物】ウサギにしか見えない!可愛すぎる「ゴマフビロードウミウシ」が海外でも話題に (08/06)  【生物】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も (08/05)  【反応】エレベーターがビル最上階の天井を突き破り落下=中国ネット「ロケットかよ」 (08/04)  【ねずさんのひとりごと】日本人に正しく教えられていない縄文時代は、1万7000年ほど続いた途方もない長い時代であり、文明の一つ (08/03)  死の恐怖を克服する方法 (07/31)  【相談】庭に幽霊?が出て困っています (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

オレの人生の中であった不思議なことを書こうと思う

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる 2014/08/21(木) 08:08:01
    1: 名無しさん:2014/03/22(土)15:51:50 ID:

    かなり長くなるが、子供の頃からの体験が、後になって納得できるようになったから書こうと思う。
    以前にVIPで書いてたんだが、落ちてしまったので今度は書き溜めてある。
    異世界と言うか、平行世界に飛んだと思うふしもある。

    では始めます。

    一番最初の思い出は、まだ柵のついたベッドに寝かされてた頃。
    夜中に目が覚めたら、部屋の反対側の角に置いてあった姉のベッドに、上半身しかない侍がいた。
    超ビビッて柵を乗り越えたらて、部屋を飛び出してたら、玄関やリビングにも上半身だけの侍がいて、一斉にこっち見た。
    パニックになって両親の部屋に逃げ込んで寝た。
    2: 名無しさん:2014/03/22(土)15:52:38 ID:

    その家ではカーテンに人型の光が写って、移動していく様子や、消防法ギリギリの大きさの窓が誰も触っていないのに、開いたり閉まったりした。
    3: 名無しさん:2014/03/22(土)15:53:49 ID:

    窓が空いたり閉まったりしたのは姉も見てる。
    その窓から顔を出してみたが誰もいなかった。

    その家には5歳くらいまで住んで、直ぐ隣に新しい家を建てて引っ越したんだが、その新しい家でも変な事はたびたびおきた。
    夜中に人の足音が聞こえるんだが、普通の人やまして家族ではなくて、鎧のぶつかる音が伴ってた。
    4: 名無しさん:2014/03/22(土)15:54:31 ID:

    鎧のぶつかる音はオレだけが聞こえていたわけじゃなかった。

    30歳くらいになった時、姉が突然新しい家で変な体験をしたと語りだし、聞いてみると夜中に足音で目が覚めたが、
    ガチャガチャした音と一緒に近づいてきて、ベッドの横の勉強机の椅子に誰かが座ったのがわかって、布団の隙間から覗いたら、鎧を着た侍が座ってたそうだ。
    その時まで足音の話は誰にもした事は無かったそうだ。
    5: 名無しさん:2014/03/22(土)15:55:19 ID:

    その後10年ほどしてその家も取り壊し、マンションを建てた。
    立てている間は近くに仮住まいをしていたんだが、仮住まい中のマンションで寝ていたた時、ふっと目が覚めたら目の前に自分が寝てた。
    目が合ってあわてて起き上がると、そこは石牢みたいなところだったが、瞬きしたら自分の部屋になっていた。
    この事はそれから数十年たってから、合点がいく体験をすることになる。
    6: 名無しさん:2014/03/22(土)15:58:46 ID:

    小学校2年生か3年生の頃に親父の田舎に電車で行った時、窓から外を眺めていてトンネルに入って、ずいぶん長いトンネルだなと思ってたら、外は真っ暗の夜になってたことがあった。
    まぁ途中で寝ていたんだろうくらいに思っていたが、その時に何故か左の小指に縫ったあとのような傷跡が出来ていた。
    その傷は今でも残ってる。

    もしかしたらその時に一度、近似の平行世界に飛んだのかもしれない。
    8: 名無しさん:2014/03/22(土)15:59:57 ID:

    高校卒業直前に親父が死んだ。
    暫く前からなんとなく分かっていたから覚悟は出来ていた。
    葬式の後、親戚や従姉妹たちが実家に立ちより、思い出話をしていると、玄関の開く音が聞こえ、そして閉める音も聞こえたが、だれも上がってこなかった。
    この音はオレだけじゃなく、オレの向かいに座っていた従兄弟も聞いていて、二人で玄関の方を見ていたが、誰も上がってこなかったので二人で顔を見合わせたことがある。
    多分親父だって事で納得している。
    9: 名無しさん:2014/03/22(土)16:00:43 ID:

    その後普通の生活に戻ったある日、姉が休みの日に何故か親父のベッドで寝ていたら、頭からつま先までを、ポンポンポンと誰かに叩かれたそうだ。
    その時実家には姉しかいなかったが、これも親父だろうって事で納得している。
    その後その部屋は暫くオレが使うことになるが、ある時から何となく嫌な感じがして、度々リビングで寝てた。

    その後オレはアメリカに留学する。
    10: 名無しさん:2014/03/22(土)16:01:27 ID:

    留学中、日本語放送のテレビを友達の家で観ていたら、インデイアンの聖地の事を放送していて、車で10時間くらいで行けそうだから今から行こうって事になった。
    3人で交代で運転して無事に着き、ホテルなんて予約していなかったから、午後になってまた車で帰路に着いた。
    途中R66を通りカフェで飲み物を買ったんだが、そのカフェの横に大きなバッファローがいた。
    そのバッファローは柵の中にいて、年をとっているようだったが、人に慣れていて少し離れたところに生えている草をとって食べさせてやったら旨そうに食べてた。
    11: 名無しさん:2014/03/22(土)16:03:10 ID:

    それから1週間ほど後にビザの更新で一旦日本に帰った。

    実家に帰ってリビングに入ってちょっとした変化に気が付いた。
    リビングの食器棚に飾ってあった、親父が子供の頃に遊んだと言う、頭が陶器の子供の人形の顔が綺麗になっていた。
    この人形は親父が生きている時に、なぜか田舎から持ち帰ってそこに飾っていたが、オレはあまり関心を示さなかった。
    親父が死んでから良く見ると、顔は汚れているし、子供の癖にちょっとしかめっ面をしているように見えていた。

    その人形の顔から汚れが無くなっていて、しかも顔が笑っているようにも見えた。
    12: 名無しさん:2014/03/22(土)16:04:05 ID:

    母に掃除にでも出したかと聞いたが、はぐらかそうとした。
    突っ込んで聞いてみると、お払いをしたと言い出した。

    事の経緯を聞くと、あるとき母の友人が近所に来ていて、トイレを貸して欲しいと友人の知人を連れてきたそうだ。
    そしてその知人が挨拶の後、トイレに向かう途中、リビングの食器棚をみて「ヒーッ」って短い悲鳴をあげた。
    トイレから出てきてからどうしたのか聞いても答えてくれず、何度もしつこく聞いたら、親父の人形を指差して「この人形には誰かが入ってます」と言ったそうだ。
    13: 名無しさん:2014/03/22(土)16:09:43 ID:

    さて、話はオレの帰国話に戻る。

    帰国した当日だったか翌日位に、自分の部屋(元親父の部屋)で寝ていると、右側からオレを舐めるやつがいた。
    当時アメリカではネコを飼っていて、そいつがお腹をすかすと、必ず右側からオレの顔を舐めて起そうとしていた。
    だからその時、最初はネコだと思っていたがネコにしては舌が分厚いし、枕に前足を置いた時のへこみ方が明らかにでかい。
    顔を横に向けようにも動けなかったから、されるがままに何回か舐められた。
    暫くしたら気配が消えて横を見れるようになったが、その実家の部屋のベッドの右側は壁だった。
    14: 名無しさん:2014/03/22(土)16:11:56 ID:

    翌朝起きて、直ぐに母に霊能おばさんの連絡先を聞き、昼になって電話を掛けてみたら「熊がいます。」って言われた。
    熊に知り合いはいないんだが、よく聞くと砂漠に住んでいる大きな角のある熊で、亡くなって母熊と合流できて生前に優しくしてくれたオレに挨拶に来たんだそうだ。
    そう言われて初めてバッファローを思い出した。
    霊能おばさんに何度もバッファローだと説明したが、砂漠に住んでる角のある熊から変化が無かった。
    別に悪いもんじゃないしそいつはもう居ないから問題ないと言われたが、その代わりオレには色々な動物が付いて回ってるから、成仏させてあげようって話になった。
    15: 名無しさん:2014/03/22(土)16:13:55 ID:

    お払い当日、なんか変な銀の短い棒状のものを持って、オレの部屋でお線香を焚きながら祝詞を唱えながら、何が付いているか説明してくれた。
    子供の頃に縁日で釣ってベランダで死なせてしまったウナギ。
    小学生の頃に雛から育てたインコ数羽。
    中には親父の飲んでいたブランデーグラスで溺れそうになったインコまで。
    家族すらも忘れていたような、我が家で飼っていたペット達の生前の描写をしていく。
    ウナギに関しては隠していたからオレしか知らないはず。

    そして最後に一匹のポメラニアンが出てきた。
    16: 名無しさん:2014/03/22(土)16:14:30 ID:

    侍の上半身や人型の光がでた家に、オレが生まれる前からいて、オレが幼稚園の時に死んでしまったポメラニアン。
    オレは彼女にとって完全に保護の対象だったはず。
    そのポメラニアンが死ぬ瞬間、オレは彼女の横に座っていたのを今でもはっきり覚えてる。
    おばさん曰く、死ぬ前に水が飲みたかったらしいんだが、水をくれそうなのがオレだったからオレに頼みたかったんだが間に合わなかったそうだ。
    間に合ったところでオレが理解できたとも思えんが、、、
    だから彼女の死んだ場所に、数日間水を供えてあげるように言われた。
    17: 名無しさん:2014/03/22(土)16:16:35 ID:

    しかし既に建て替えた挙句にマンションになっていて、その場所が分からなかったが、おばさんが分かると言って教えてくれた。
    マンション1階のエレベーターの横だった。
    そこに水を供えて線香を置いたら、一緒に降りてきた母が「間違いなくここで死んだわ」と言い出した。
    当時の室内の様子を語りだしたが、聞いていると確かに隣の塀との位置関係と合致する。
    彼女がオレの前に座ってると思うと涙が出た。
    18: 名無しさん:2014/03/22(土)16:18:52 ID:

    それからおばさんにはもう一つ別の御払いも頼んでみたが、おばさんには動物達しか感知できなかった。
    おばさん曰く、人によって見えたり感知できる階層だか次元だかが違うから、もしかしたらまだ何かあるかもしれない、なぜならオレは同じ家系の中で何度も輪廻を繰り返していて、かなり業が深いが常に周りにある神聖なものの庇護を受けているそうだ。

    そして数日間水を供え、ビザを更新してアメリカに帰った。
    19: 名無しさん:2014/03/22(土)16:25:21 ID:

    当時アメリカで調査や警備の仕事をしていて、戻ってから最初の仕事はとある家の警備だった。
    だだっ広い敷地に、近所の悪ガキなのか、ゴミを放り込んだり、中に居る犬に石を投げたりと嫌がらせを受けていた。
    明るいうちに依頼人と、そこに居る犬には会っておき、犬とはボールで遊んで覚えてもらっていた。
    そして暗くなり敷地内を何度かパトロールした時、突然その犬が俺に向かって走ってきた。
    遊んで欲しいのかと思ったが、仕事中だったから一旦はそっけなくしてやろうと後ろを向いたら、ふくらはぎのした、アキレス腱んのちょい上辺りを思いっきり噛まれた。
    22: 名無しさん:2014/03/22(土)16:44:32 ID:

    なぜ噛まれたかを考えたら心当たりがあった。
    犬社会は完全年功序列がただ。
    オレがどんな奴だったとしても、そのバックに齢20年を超えるポメラニアンが睨みを利かせていたら、どんな犬だって服従するだろう。
    だが彼女はもう成仏した。
    だからオレには彼女の庇護が無い。
    だから噛まれたんだと納得した。

    それ以来犬に接するときは気をつけるようにしている。
    23: 名無しさん:2014/03/22(土)16:45:23 ID:

    アメリカには二十歳から30歳までいたんだが、その間に追突事故に7回も遭った。
    最初に遭ったのは、子供の頃からあった偏頭痛を、もしかしたらアメリカなら治せるんじゃないかと思って、英語学校の先生に相談したら、カイロプラクターに行けと言われ、行ってみたら、ストレートネックであることが分かった。
    24: 名無しさん:2014/03/22(土)16:46:22 ID:

    原因は10年以上むち打ち症を放置していたからだと診断され、半年掛けてなんとかましな状態にしてから一週間後に最初の事故。
    その後信号で停車してたり、一時停止で止まってたり、高速の渋滞にはまってたりと、回避不能の状態で。
    25: 名無しさん:2014/03/22(土)16:46:58 ID:

    だいたいカイロプラクターで治療をしてもらうんだが、治療が終わって数週間後にまた後ろから突っ込まれる。
    一度は友人の運転で横に乗ってたら、信号無視の車に横から突っ込まれて、回転しながら信号機の柱にぶつかったことも遭った。
    26: 名無しさん:2014/03/22(土)16:48:59 ID:

    事故が起きる度にいつも同じカイロの先生に治療してもらっていたら、流石に7回目に行った時は「うちに来る前にお祓いに行ってきなさい」って言われた。
    それで前に書いた霊能おばさんに頼んだわけだ。
    29: 名無しさん:2014/03/22(土)16:50:37 ID:

    そのカイロの先生はちょっと不思議で、ある時治療中になんの脈略も無く「将来子供をおろさなきゃいけなくなっても悲しんじゃダメだ。人間は何かを習いに生まれてくるんだ。
    習い終わったら帰って行く。子供も大人も関係ない。生まれる前に堕胎されてしまう子供は、学校の補習を受けに来たようなものだから、それは悲しまなくていいんだ」と言われた。
    30: 名無しさん:2014/03/22(土)16:50:55 ID:

    その時は「はぁ、、、」としか反応できなかったが、それから数年後、帰国して結婚して元嫁が妊娠したが、トメの嫌がらせに遭い、子供をおろすことになってしまった。
    手術が終わった後に先生の言葉を思い出したが、涙は止まらなかった。
    31: 名無しさん:2014/03/22(土)16:51:24 ID:

    先生は元嫁も知っている先生で、暫くして落ち着いてから「実は先生にこんな事を言われた事がある」と説明したら「ならそうなのかもね」と言っていた。
    先生の不思議な治療方法や能力も知っていたので、もしかしたら納得してくれたかもしれない。
    32: 名無しさん:2014/03/22(土)16:52:09 ID:

    さて一旦また子供の頃の話に戻る。
    小学校1年生の時、教室内に有った担任の先生の引き出しの奥に、小さな折りたたみのポケットナイフを見つけてがめた。
    33: 名無しさん:2014/03/22(土)16:52:25 ID:

    何故か知らないがいつもポケットに入れていた。
    誰かに見せるわけでもなく、ただ何となく持ち歩いてた。
    やがて中学生になると、BUCKの小さな折りたたみナイフを持ち歩くようになる。
    刃渡りは3cmか4cm位の小さな奴。
    34: 名無しさん:2014/03/22(土)16:53:00 ID:

    この頃、いや少し前から先に書いた偏頭痛が酷く、病院で精密検査を受けた。
    大きな病院で2日か3日かけて色々な検査をしたが、なんの異変も見つけられず、結局オレの仮病って事で片が付いた。
    当時、いや多分今でも日本ではストレートネックは『異常』とは判別されない。
    原因は多分小学校の低学年の時、遠足で行った先でゴーカートに乗り、追突ごっこをしたのが原因だと思う。
    35: 名無しさん:2014/03/22(土)16:54:53 ID:

    その後高校生になった時には、ヴィクトリノクスのナイフを持ち歩くようになった。
    高校では登山部だったので、持っているところを教師に見付かっても「前回の山行で、備品に私物を混ぜてしまっていたから回収ました」と言えば納得された。
    アメリカ行ってからはレザーマンを持ち歩いて、日本に帰ってきてもレザーマンを持ち歩いてた。
    36: 名無しさん:2014/03/22(土)16:55:14 ID:

    それは30代になっても変わらなかった。

    周りは常にオレがポケットツールを持ち歩いているのを知っていたから、何かあると貸してあげたりもしていた。
    保険調査の仕事をしていた時は、オレが新しくレザーマンのウェーブに買いなおすのにアメリカから通販で買うと言ったら、調査員全員が同時に購入して、30%も割引されて、当時珍しかったLEDのポイケットライトをおまけしてもらった。
    さらに送料もただだった。
    37: 名無しさん:2014/03/22(土)16:55:47 ID:

    その時買ったレザーマンのウェーブは、その後某基地の文民警察隊に入ってからは、仕事中はデューティーベルトにバラスティックナイロンのケースに入れて付け、仕事が終わったら私服のベルトに付けてある皮のケースに入れて持ち歩いていた。
    つけている事が当たり前で、実はつけたまま飛行機に乗ったこともあるが、取り上げられることは一度も無かった。
    38: 名無しさん:2014/03/22(土)16:56:20 ID:

    そしてある時、小学校からの友人(A)の紹介でであった女性が霊能者である事が暫くして判った。
    なぜ分かったかと言うと、彼女から「貴方の後ろから、貴方の首を切ろうとしている侍がいます。だけど貴方が常に剣を持って防いでいるので切れないようです。すごく長い間そうやっています。」と言われたからだ。
    39: 名無しさん:2014/03/22(土)16:57:13 ID:

    「剣に代わる様なものに心当たりはありますか?」と聞かれたのでケースからウェーブを出して、ナイフ部分を出して見せたら「それです。肌身離さずもっていてください」と言われ「子供の頃からなぜか刃物は持ち歩いてる」というと「本能か守護霊なのか分かりませんが、もたされたのでしょう」と言われた。
    多分そのせいで飛行機にも乗れたし、保険調査で警察署に用事があって行っても、ナイフの事はなにも言われたことは無いんだと納得した。
    そしてアメリカで何度も事故に遭って、むち打ち症がが治らないのもこのせいかと分かった。
    40: 名無しさん:2014/03/22(土)16:57:33 ID:

    もしも小学校1年生の時に、先生のポケットナイフをがめていなかったら、遠足の先でオレは首を落とすような事故に遭って死んでいたかもしれない。
    そしてこの女性にも「あなたは同じ家の中で何度も転生しています」と言われた。
    41: 名無しさん:2014/03/22(土)16:59:54 ID:

    その後前厄の歳に転職に失敗し、友人の会社で翻訳の仕事をもらっていたが、リーマンショックで仕事がなくなり、アメリカの元居た会社からもらっていた調査の仕事も円高になりすぎて支払が出来なくなってしまった。

    20万の請求に対して、2000ドルで勘弁してくれってなって、予約のあった仕事もキャンセルされた。
    たしか$1=\86円とかだったと思う。
    42: 名無しさん:2014/03/22(土)17:00:40 ID:

    そんな時に、小学校の、前出とは別の、同級生(B)から「義姉にあってみるか?能力者らしいよ。」と言われ、そのお姉さんに会いに行ってみた。
    因みにこの友人の嫁も小学校の時の同級生(C)。
    この二人は1年生の時に席が隣同士だった。
    前出の霊能者の女性を紹介してくれたAも、1年生の時に同じクラスだった。
    43: 名無しさん:2014/03/22(土)17:01:44 ID:

    そしてAからは、もうひとつ前世治療を受けてみたらと薦められた。
    なんでもテレビでやっていて、オレに薦めようとメモを取ってあったらしい。
    ネットで調べてみたら、かなり有名な先生で半年くらい予約が取れないそうだ。
    しかも失業中で金も無いが、せっかくメモを取っておいてくれたから、電話するだけ電話してみたら、たまたまキャンセルがあり、数日後になら空きがあると言われ、時間なんていくらでもあるから直ぐに行くことにした。
    47: 名無しさん:2014/03/22(土)17:24:22 ID:

    もどりました。
    ギネスと蝦夷鹿のブータンノワール焼いてきました。
    食べながら続けます。


    続き

    そして問題は金だったんだが、このとき既に生活費まで友人から借金していたが、もうどうにでもなれと思い、当時の二月分の食費以上の料金をもって逆行催眠を掛けてもらいに行った。
    48: 名無しさん:2014/03/22(土)17:25:38 ID:

    準備を経て催眠に入ると、先ず最初に見えてきたのは石畳。
    オレは白装束を着せられて、石牢の中にいた。
    多分中学生の頃に、目を開けたら自分と目があって、起き上がったら一瞬石牢が見えた事があったが、多分同じ石牢。
    その時の年齢が21だか22歳。多分数えでいったんだと思う。
    先生がそこから10年遡らせて、再度オレにどういう状況か聞いていたら、街に近い川原の掘っ立て小屋のような所で、父親と二人で暮らしているようだった。

    それから何度もそこから何日前とか、何ヶ月後と何年後とか指定しては時間を飛ばしていく。
    49: 名無しさん:2014/03/22(土)17:26:26 ID:

    父親は浪人で、内職をしながら食いつないでいた。
    それから暫く時間を進めると、今度は川原の広いところで父親が目の前で数人の侍に切られるシーンに行き着いた。
    50: 名無しさん:2014/03/22(土)17:27:48 ID:

    高い葦の茂みの中で隠れながら、父親が切られるところを見ていたオレは「刀があれば戦えるのに!」と思っているのだが、今のオレは客観的に感じているから「いやいや、刀があってもお前じゃむりだろwむしろお前が必要なのはM500だろw」とか思ってる。

    結局父親は殺されて、暫くは蓄えで細々と生活していたが、さすがに喰えなくなって街に出る事になる。
    51: 名無しさん:2014/03/22(土)17:28:47 ID:

    まともに仕事なんてしたことが無く、結局17,8の時には用心棒みたいな仕事を請け負っていた。
    そしてある時、貧相な着物を着て赤子を背負っている女性から「この子を護ってくれ」と多分年の頃は12,3歳くらいの、赤い着物を着た女の子を託される。
    布袋に入っていたお金もその時渡された。


    その時今のオレはすごく驚いた。
    一目見て前嫁だと気がついた。

    依頼主の母親の話だと、何かを目撃してしまったらしく、直ぐにでも江戸を離れてくれとの事だった。
    52: 名無しさん:2014/03/22(土)17:29:38 ID:

    その夜のうちに逃げ出したが、人里離れたところで3人の侍に囲まれた。
    侍とは別に少し離れたところから、2人が監視していたが攻撃はしてこないと判断してた。
    その時先生が「刀は抜かないのですか?」と聞いたら「その必要は無い」と、強気の発言。
    随分苦労したんだなぁと今のオレは感心した。

    だが結局2人切って逃走。
    53: 名無しさん:2014/03/22(土)17:31:19 ID:

    その後暫く、と言うか多分2,3年旅をしながら逃げていたが、切り洩らした1人がいるために、女の子の安全は確保できないと判断。
    泊まっていた旅館の女将に頼み込んで、女の子を旅館において、オレは1人で江戸に戻って討ち洩らした1人を切りに行く。
    54: 名無しさん:2014/03/22(土)17:31:51 ID:

    結局往来でその1人を切り殺すが、さすがに街中だったから直ぐに御用。
    それで石牢に入れられていた訳だ。
    それから次のシーンでは、オレは砂利の上に白装束を着せられて正座させられていた。
    首を前に出して身体を押さえられた時、先生が「何か悔いはありますか?」と聞いたら「無い。護れた。」と言った次の瞬間、先生が催眠を解いた。
    55: 名無しさん:2014/03/22(土)17:33:00 ID:

    先生によると痛みまで再現されることがあるらしい。
    催眠が醒めたオレはとにかく鼻水までたらしながら泣いていた。
    今でも思い出すと涙が出る。
    悲しいでもなく、悔しいでもなく、感無量って感じになる。
    56: 名無しさん:2014/03/22(土)17:34:04 ID:

    その後程なくして、Bの義姉さんに会いに行くと「やっと会えましたね」と言われた。
    どうやらお姉さんがやっている、霊的なプロジェクトにオレとオレのご先祖、それからオレの守護霊に会う必要があったらしい。
    57: 名無しさん:2014/03/22(土)17:34:40 ID:

    詳しい内容は割愛するが、オレはご先祖様の土地へ行かなくてはならないとの事。
    親父の実家は東北のとある町で、400年以上商人をしていて、幕府御用達だったこともある旧家。
    以前は武家だったらしいが、いつの頃か刀を置いたらしい事までは知っていた。
    当然墓もでかい。
    400年分のご先祖様が眠っている。
    当然そこへの墓参りだと思って、その町の名前を言ってみたが「そこじゃありません」と即答。
    58: 名無しさん:2014/03/22(土)17:35:45 ID:

    他に思い当たる場所がなかったが「貴方は知っています。時期が来れば思い出します。」と言われたので、その日はもう一つ、オレの首を切ろうとしている奴の事を聞いてみたら「私には見えません。が、刃物は霊的にも守ってくれますが諸刃の剣なので、持ち歩くのはやめたほうがいいです」と言われた。
    「但し、ご先祖様は人を護る仕事をしていて、その絡みで数多くの人を殺しているため、多くの業を負っているので、恨みを晴らそうとしているのが居てもおかしくない。」そうだ。

    子供の頃に観た、上半身だけの侍達は、ご先祖様や過去のオレが殺した侍なのかも知れない。
    59: 名無しさん:2014/03/22(土)17:36:18 ID:

    それから仕事のことも聞いてみたら「厄が完全に明けた年の誕生日に就職が決まります。それまでは苦しいでしょうがアルバイトなどで食いつないでください。あなたはお金が無くて死んでしまうようなことは無いから安心してください。」と言われた。
    厄払いに川崎大師に行った事を告げると「過去生でお坊さんだった事があるようだから、お寺に行くと業を拾ってくるかもしれないから、神社にしなさい。貴方の先祖代々の氏神様は調べておきます。」と言われた。
    霊能おばさんと友人の紹介の女性に「同じ家系で輪廻を繰り返している」と言われていたが、どうやら間違えだったようだ。
    60: 名無しさん:2014/03/22(土)17:37:06 ID:

    守護霊については「右から(オレの左)、赤い鎧のようなものを着た男性。小柄な、、、地球人類ではない別の知性態ですが、非常に穏やかです。それと過去生のあなた自身が守護しています」と説明された。
    オレが「シャァとヨーダと自分ですね?」と言うと、爆笑しながら「そうそうwwwww」と答えてくれた。
    オレが不眠症なのは「自分で自分を護ってるんだから眠れるわけが無いw」とも言われた。
    61: 名無しさん:2014/03/22(土)17:37:54 ID:

    その後帰宅してウェーブの付いたままのジーンズを、脱いでベッドの足元側に投げ捨て飲んで寝た。
    翌日何をしたかは覚えてないが、ウェーブの付いていないズボンをはいて出かけ、ウェーブ付きのジーンズは暫くその場所に放り出されたままだった。
    そして暫くしてジーンズを持ち上げた時、皮のケースにはウェーブは入っていなかった。
    ベッドの下にでも落ちてるだろうくらいしか考えていなかったが、そのマンションから引っ越す時も出てこなかった。
    その話をお姉さんにしたところ「役目を完全に終わらせたから、消えて無くなったんでしょう」とのこと。
    62: 名無しさん:2014/03/22(土)17:38:43 ID:

    さて、ここでご先祖様参りに行く場所の話なんだが、お姉さんと話した暫く後。
    ある時突然子供の頃の祖母の話を思い出した。
    「うちは昔は名古屋の方に城があって、戦で負けて逃げてきたんだよ。名前も○□って名乗ることもあったんだよ(漢字が違うがよみが非常に似ている。)」と言っていたのを思い出し、さっそくググってみたら一撃で結果が出た。
    しかも歴女がはやっていた頃だったから、○□城跡と書かれた石碑の横で女性が記念撮影をしている写真まであった。
    63: 名無しさん:2014/03/22(土)17:40:42 ID:

    早速お姉さんにその事を報告すると「そこです。間違いありません。」と言われたが、当時失業中で松屋のバイトと、いつ依頼がくるかわからない探偵の仕事で食いつないでいたオレには、とてもじゃないが行けないと言うと
    「大丈夫、そのうち行かされます」と言われた。
    64: 名無しさん:2014/03/22(土)17:41:03 ID:

    因みに松屋のバイトは、女子高生の先輩にしかられながらする楽しいバイトだった。
    友人達にその話をしたら「えっ!それでいくら?」と聞くから「1時間950円」と言ったところ「マジ?安いな!オレも行きたい」と訳の分からない勘違いをしていた。
    自分が払う金額だと思ったらしい。
    65: 名無しさん:2014/03/22(土)17:41:46 ID:

    そして数ヶ月経ったある日。
    アメリカの元いた会社から一件の依頼があった。
    数年前にアメリカで犯罪被害にあった日本人へ、インタビューをしてくれというもの。
    そして場所は東北。
    親父の実家のある町から新幹線で一駅。
    仕事を終え、帰りに経費で墓参りを済ませ、横浜のマンションへ帰り、翌日お姉さんに墓参りに行かされた事を報告すると、数日前にその街に居たらしい。
    そして近いうちに名古屋の方にも行かされますよと言われた。
    66: 名無しさん:2014/03/22(土)17:42:20 ID:

    そして近いうちは本当に直ぐに来た。
    またアメリカの会社から、今度は宝塚に張り込みに行って欲しいと、1週間を明けずに依頼が来た。
    67: 名無しさん:2014/03/22(土)17:42:43 ID:

    宝塚で仕事を終わらせた後、一旦名古屋で降り、そしてご先祖様の城跡がある地へ向かった。
    そこは別段観光地になっている訳でもなく、公民館の横に石碑があり、そのとなりに城跡があるだけだった。
    城と言っても天守閣のあるような城ではなく、荘園の防壁の跡で、土がもられているだけだ
    68: 名無しさん:2014/03/22(土)17:43:33 ID:

    小さな旅行かばんを引きずりながら、そんな辺鄙な所をウロウロしていたら、かなり怪しまれたのだろう、公民館の職員の女性が何の用か訪ねてきたので、名刺を出して先祖の城跡を見に来たと告げらかなり驚かれた
    本当は一目見て帰るつもりだったが、歩いて20分位の所に資料館があると教えてくれたので、行ってみる事にした。
    69: 名無しさん:2014/03/22(土)17:44:14 ID:

    歩いて資料館まで行き、案内で城跡の資料が見たいと告げると、閲覧室を案内してくれた。
    そこで資料を漁っていると、資料館職員がが興奮した声で声を掛けてきた。
    資料室には別の閲覧者も居たんだが、全くもってお構いなし。
    テーブルに『○○市史 下巻』と書かれた分厚い本を広げ、荘園だった城跡の城主だったご先祖様から、じいちゃんと親父の兄までの家系図が載っているページを見せてくれた。
    それから福島にある先祖代々の墓の写真も載っていたが、古いもので、今はそこにじいちゃんとばあちゃんの墓が新しく建てられている事を教えると、一同「おお!」っと何故か沸いていた。
    70: 名無しさん:2014/03/22(土)17:44:50 ID:

    流石に別の閲覧者に迷惑そうな目で見られ、時間も既に閉館まで15分くらいだったので、その『○○市史』を買って帰ると伝えて閲覧室を出た。
    出る時にオレが出したいくつかの資料を、自分で仕舞おうと思ったら、職員の一人が「こちらで仕舞っておきますのでそのまま!そのまま!」と大きな声で言うもんだから、また閲覧者に睨まれた。
    階下に降りて本を買おうと値段を見たら、一冊6000円近くもする。
    71: 名無しさん:2014/03/22(土)17:46:16 ID:

    バイト暮らしのオレには痛い出費だったので、本の大きさを理由に下巻だけを買って帰った。

    帰り際に奥の資料室を見たら、学芸員らしき男性が慌てて白い手袋を嵌めながらガラス越しにこちらを見ていたので、慌てて支払を済ませ「新幹線の時間が有りますから」と言って急いで逃げて来た。
    何か見せる気満々だったのだろうけど、それほど正直興味が無い。
    時間には余裕があったので、味噌カツを食べてから横浜に帰った。
    72: 名無しさん:2014/03/22(土)17:46:41 ID:

    帰ってから背表紙を良く見ると、見たことがあるのを思い出した。
    晩年自力で歩けなくなっていたじいちゃんの、ベッドの横の本棚中央に鎮座していた二冊の内の一冊だ。
    もう一冊は当然上巻。
    無理してでも買ってくるべきだったかとも思ったが、やはり金が無い。
    73: 名無しさん:2014/03/22(土)17:47:08 ID:

    後日お姉さんに城跡に行けた事を伝えたところ、数日前にお姉さんもその市の神社に行かされていた事が分かった。
    「行く先を清めさせられたかもw」と言っていた。
    本の事も言うと「下巻だけしか必要無かったんでしょう。必要なら手に入りますよ」との事だった。
    74: 名無しさん:2014/03/22(土)17:50:25 ID:

    その後その本を捲って行くと、非常に興味深い事が書いてあった。
    ご先祖様は、その地で守護大名をやっていて、800年ほど前の戦で負け、その後二つに別れた後、片方は北に向かい、数百年かけて福島にたどり着き、その後商人になった。
    一時は江戸で道場をやっていたこともあったらしい。

    多分催眠で観たオレの前世は、この道場が無くなった後で、北へ向かわずに江戸に残った父親とオレだったんだろうと思う。
    75: 名無しさん:2014/03/22(土)17:50:50 ID:

    そしてそのもう一つの片方が、戦に負けた後に出家していた。

    以前2人の霊能者に「同じ家系で輪廻していた」と言われたのが、あながち間違いでは無い事が判明した。
    76: 名無しさん:2014/03/22(土)17:51:40 ID:

    この話の顛末を前出の友人Aに話したところ、彼女も自分のご先祖様に興味を持ち、彼女なりに調べたところ、彼女のご先祖様も、全く同じ800年前の戦に参戦しており、その時やはり守護大名だったそうだ。
    77: 名無しさん:2014/03/22(土)17:52:22 ID:

    そして友人Bの苗字は、城跡の近くの地名と一致しており、何か関係が有りそうだと思ったが、彼の父がその手のものに興味が無く、よく分からないとの事だったが、彼の父は50年近く前にアメリカに留学して、その時学んだ技術でいまでも仕事をしており、かなりの旧家であることは間違いないと自覚していた。
    またBの嫁であるCの苗字もかなり変わっており、彼女の姉である『お姉さん』によれば、大陸から渡って来た巫女の家系だそうだ。
    多分全員のご先祖様が、過去に何らかの関わりがあったのかもしれない。

    それが6歳になった時に、何か訳があって同じ学校の同じクラスに集められたのだろう。
    78: 名無しさん:2014/03/22(土)17:52:49 ID:

    この事を、また別の友人Dに話したところ、彼のご先祖様は伊達政宗と縁があったそうだ。彼もまた1年生の時に同じクラスだったが、正宗公がオレの守護霊の一人とは思えないものの、何かしらの関係はあるのかもしれない。
    79: 名無しさん:2014/03/22(土)17:53:31 ID:

    その後、相変わらず定職も金も無いが、なんとかギリギリ食いつなぐことが出来ていたオレの後厄が終盤に差し掛かった頃、お姉さんから仕事についての話があった。
    「次の誕生日頃に経験の生かせる仕事が見付かります。でも長くは続きません。2年以内に辞める事になるでしょう。でも次もちゃんとあります。」と告げられた。
    その時に、先祖代々の氏神様がニギハヤヒの尊であり、行くべき神社は埼玉の小手指にある北野天神社だと教えられた。
    80: 名無しさん:2014/03/22(土)17:54:19 ID:

    仕事が見付かったらまた結婚できますかねと聞いたら「あなたは結婚できません。以前できたのは、前の奥さんとは前世でかなり深い業があったからで、それは例外です。」と言われてしまった。
    因みに催眠の話はここで初めて話した。
    結婚中、オレが何を言っても信用してもらえなかったのは、前世で黙って旅館においていって、挙句に戻らなかった事を相当怒っていたからだろうと言われ納得した。
    81: 名無しさん:2014/03/22(土)17:55:24 ID:

    そして後厄が明けた年の誕生月の2ヵ月前に、オレの仕事の経験が生かせる仕事の募集を見つけた。
    あれば望ましい資格に、多分全部揃って持っているのは、日本ではオレだけだろうと思われる資格が並んでいた。
    履歴書を送り、返事を待っていたが、誕生月になっても連絡が無く、ダメだったかと思っていたら、なんと誕生日当日に人事課から連絡があり、翌月1日から働けないかと打診された。
    都合が悪ければ15日でも構わないと言われたが、なんの都合も無いので1日から働く事にした。
    82: 名無しさん:2014/03/22(土)17:55:59 ID:

    その後3ヶ月ほどでそこがとんでもない職場と言う事が分かってしまった。
    自分の権限の及ばないところで、自分の仕事に関する色々なものが邪魔されている。
    別に嫌がらせでされているわけではなく、ただ単に勘違いとだらしなさからで、結局そこは本当に1年後の入職したのと同じ月の1日に辞めた。
    5年以上もの間できなかったプロジェクトを、1つ完了させたとあって、上司からは感謝状をもらっての退職となった。
    83: 名無しさん:2014/03/22(土)17:56:41 ID:

    次の職場は、辞めた職場の上司からの推薦もあって、既に決まっていたが、職場の手続きの都合で、その月の15日からの出勤となった。
    その間に北野天神社へお参りに行ったり、ニギハヤヒの尊について調べたりしてすごした。

    今では絶対に宇宙から宇宙船に乗って来た生命体だと確信している。
    84: 名無しさん:2014/03/22(土)17:57:17 ID:

    仕事が始まり暫くすると、変な夢を観るようになる。
    酒飲んで寝るからなのか、普段夢なんてめったに観ない。
    と言うか覚えていない。
    内容はと言うと、親戚が集まっていてそこで叔母や従兄弟が、オレに何かを開けるように頼んでくると言うもの。
    そしてこの夢が異常にリアルなのだ。
    85: 名無しさん:2014/03/22(土)17:59:23 ID:

    デスクのカギだったり、壊れたサッシだったりと様々なものをオレに開けさせようとする。
    しかしオレは、違和感を覚えて結局開けずに夢から覚める。

    因みにアメリカにいた時に、要人警護の訓練の一環でピッキングも出来るように訓練を受けていた。
    86: 名無しさん:2014/03/22(土)17:59:38 ID:

    実はこの時点でもう10年以上家族とも親戚とも連絡を取っていない。
    両親共に親戚のように付き合いのある、幼馴染の家にはよく出入りをしていたが、訳が有って関わりたくないので、全く関わっていない。

    そして夢に出てきた親戚達の違和感は、全員が偽物だと、夢の中でオレが認識できるところにあった。
    87: 名無しさん:2014/03/22(土)17:59:54 ID:

    中には夢の中の違和感で目が覚め、トイレに行こうと部屋のドアを開けようとした時、そこがまだ夢の中だと気が付いて慌てて起きた。
    なぜ気が付いたかと言うと、横浜のマンションに居たはずなのに、実家のベッドで目が覚めたからだ。
    しかもその部屋も似ているが少し違う偽物。
    88: 名無しさん:2014/03/22(土)18:00:32 ID:

    そしてある時、やはり夢の中でベッドで目が覚めた時、ベッドの横に赤い着物を着た姉が立っていた。
    そして足元の方を見ると、壁一面が赤い門のようになっていた。
    再度姉を見ると、オレと姉の間にひょうたんを横にしたような頭の人型の何かが居た。
    最初に姉を見た時は、多分小さくて気が付かなかったのか、二度目に見たときに現れたのかは分からないが、姉の腰より少し高いくらいの背丈のひょうたん頭が、こちらを見た。
    そしてその瞬間オレはひょうたん頭に殴りかかった。
    殴りかかられたひょうたん頭は、明らかに狼狽しているようだったのを覚えている。
    そして手が届く寸前に目が覚めた。
    89: 名無しさん:2014/03/22(土)18:00:58 ID:

    暫くの間夢の中でオレに何かを開けさせようとしてるのが、得体の知れないひょうたん頭だと分かり、早速お姉さんに相談したところ「多分違う次元の宇宙人ね。なんだか知らないけど開けてあげれば?問題ないって上の人も言ってる」そうだ。
    この『上の人』とは彼女が相談する高次元の存在らしく、神様と言っても差し支えないが、妖怪だったり妖精だったりもするらしい。
    人類創生に関わった宇宙人達にも関わっていたらしい。
    90: 名無しさん:2014/03/22(土)18:01:22 ID:

    その上の人が問題ないと言っていると言われたので、次回同じような夢を観たら開けてやる事にした。
    それにしても、なぜオレが会いたくないと思ってる人達に、わざわざ偽装したのか分からないと言うと、お姉さんは「多分地球人の感情や思考が理解できず、リサーチした結果、人類は家族には気を許すと学習したんじゃない?あなたはたまに居る例外だっただけ。」だそうだ。
    そして「もしも開けてあげたらその記憶は消されるでしょうね。でももしも覚えていたらおしえて。」とも言われた。
    91: 名無しさん:2014/03/22(土)18:01:59 ID:

    そして1週間ほどして、脈略は思い出せないが、夢にひょうたん頭が現れた。
    それも複数。
    オレは本能的に殴りかかってしまい、ドン引きするひょうたん頭を見ながら、オレの意識はどんどん覚醒していくが、そんな中、オレは必死に「ごめん!次は開けるから!ちゃんと開けるから!」と叫んでいた。
    その後ひょうたん頭の夢は観ていない。

    一度、同じような感覚で、妙に現実感のある夢の中で、古い友人達と会っているすごく楽しい夢を観た。
    もしかしたらひょうたん頭なりのお礼だったのかもしれない。
    92: 名無しさん:2014/03/22(土)18:02:20 ID:

    それが去年の6月頃。
    93: 名無しさん:2014/03/22(土)18:02:39 ID:

    それから夢なんて全く観なかったが、去年の12月初めに変な夢を観た。
    薄暗いトンネルのような所で、男4人、女性1人とで何かから逃げてる。
    逃げてるといっても何だか楽しそうな雰囲気。
    その何かって言うのは、管理官とか監督官とか役職で呼ばれていた、多分人。
    相手も5人いて、それぞれ担当者が決まっていた。
    捕まるとどうなるかって言うと、全てが終わる。
    死ぬって言うことなんだろうけど、何故か追われてる方は楽しそう。
    94: 名無しさん:2014/03/22(土)18:03:03 ID:

    男達が次々に捕まる中、オレと女性は最後まで逃げ続けた。
    手を繋いでいたかも知れない。
    でも前に回りこまれてもう捕まるとなった寸前、その女性と抱き合って「楽しかった」だったか「逢えて良かった」とかそんなポジティブな事を聞いた次の瞬間、彼女はオレの腕の中で人ではない何かぐにゃりとしたモノに変わっていた。
    95: 名無しさん:2014/03/22(土)18:03:20 ID:

    因みにその瞬間まで名前で呼び合っていたはずなのに、全く名前が思い出せない。
    他の男3人も名前を知っていたはずなのに、全くもって思い出せない。
    そしてオレ担当の相手がオレに触れた瞬間、オレの意識が一気に小さくなるのを感じた。
    狭い漏斗に押し込められるような感じで、自分の意識がこのまま消えるんだろうと覚悟した瞬間、意識が床にこぼした水のように広がっていくのを感じた。
    そして普通に目が覚めた。
    そしてベッドの中で、別の世界に来たと確信した。

    また近似の平行世界に飛んだと思う。
    96: 名無しさん:2014/03/22(土)18:03:43 ID:

    根拠は全く無い。
    前の世界にいた自分は多分ベッドの中で死んだと、こちらも確信に近い感覚を持っている。
    子供の頃に電車の中で感じた違和感は、元の世界の電車が事故か何かでオレが死んで、レコードの針が飛ぶように、すぐ隣の世界に飛んだんだと思う。
    97: 名無しさん:2014/03/22(土)18:04:03 ID:

    鏡を通して自分の顔を見ると、何がと聞かれても答えられないが、違和感を感じる。
    そして前嫁にもらった帽子がなくなっている。
    あれほどまでにあった仕事への情熱は、今は全く無い。
    自分で会社を興そうと、スポンサー探しで躍起になっていたのに、今は目の前に金を詰まれてもやろうとは思わない。
    今のところそれ以外の変化は見付かっていない。
    98: 名無しさん:2014/03/22(土)18:06:09 ID:

    書き忘れたが、○○市史の上巻が手に入った。
    幼馴染の家を掃除したら、何故か爺ちゃんが親父に送った手紙付きの初版本が出てきたと連絡があった。
    おばさんもなぜそんな本がそこにあるのか、全く検討も付かないらしい。
    実家にあったらとっくに捨てられてたのは間違いない。
    その本にはウチの家系が清和天皇に繋がっていると書かれていた。
    99: 名無しさん:2014/03/22(土)18:07:11 ID:

    氏神とされたニギハヤヒの尊は、神武天皇と戦ったとされているが、出自は高天原で、神武と同じく天照大神によってつかわされていて、天の岩舟で地上に降りてきたとされている。
    どう考えても宇宙人としか思えない。
    そうなると、ひょうたん頭の宇宙人が、オレに助けを求めてきたのもなんとなく納得してもいいかなと思う。



    ここまでです。
    読んでいただいた方々、ありがとうございます。
    何か質問とかありますか?
    100: 名無しさん:2014/03/22(土)20:19:46 ID:

    幽霊は今でも怖い?
    101: 名無しさん:2014/03/22(土)20:35:40 ID:

    今は希少な物理現象と理解してるから、得体の知れない怖さは無いです。
    ただ触れる、若しくは近づくことによる悪影響は、ちょっと警戒します。
    インフルエンザ見たいにはです。
    145: 名無しさん:2014/04/06(日)16:24:21 ID:

    7年前に>>1と似た体験をしたのたがあるんだけど書いてもいいかな?
    146: 名無しさん:2014/04/06(日)16:30:21 ID:

    人いないみたいですが書きます。

    7年前に異世界に行ったことがある。 工業高校に通っていた僕は4月からエンジニアとして就職が決まっていた。卒業式も終わり暇な時間が多いので、原付で心霊スポットに行ったり、喫茶店で童貞を捨てるための作戦を練ったりしていた。 片田舎で娯楽も少なく、山登りや廃屋探索はよくある事だった。
    147: 名無しさん:2014/04/06(日)16:33:23 ID:

    暇だったので友人4人と単車で「噂になっている巨大熊を探し」に行くことになった。 僕はバイクに二年も乗っているので山道でも先頭を走っていた。 峠道で急に視界がぼやけ眠気がしてきた。僕は停車しようと決断した頃にはバイクが転倒して地面を滑っていた。
    148: 名無しさん:2014/04/06(日)16:34:53 ID:

    バイクに引きずられた僕は不運にもガードレールの下をすり抜けて山崖に落ちた。死ぬと思った。 浮遊感があり、地面と激突して、そのままぐるぐるとタイヤのように坂を転げ落ちた。 即死しなかったことに驚いた。 頭が痒かったので触るとヘルメットがなく、髪が水に濡れていた。

    見ている人いますか?
    149: 名無しさん:2014/04/06(日)16:42:28 ID:

    人いないですね...
    最後まで書きます

    それが水ではなく血だと気付いたとき、気を失った。
    150: 名無しさん:2014/04/06(日)16:44:30 ID:

    機械の音で目が覚めると僕はまだ山にいた。 友人達が救助を寄越してくれたんだと思った。
    救急隊員の人が病院につくまでずっと話しかけてくれていたけれど、僕には相手が何を言っているのかわからなかった。
    僕が話そうとしても顎が痛くて言葉にできなかった。
    151: 名無しさん:2014/04/06(日)16:45:27 ID:

    頭を打って 耳と顎と視界がおかしくなったと思っていた。
    152: 名無しさん:2014/04/06(日)16:46:47 ID:

    病院につき、事情を説明しようとしたが顎が痛くてしゃべれない。
    先生が紙とペンを用意してくれたので「転倒して落ちた」と書き、母の電話番号を書いた。
    鎮痛剤を投与されたのかすぐに眠くなり眠った。
    起きるまで異世界にいるとは全く思っていなかった。
    153: 名無しさん:2014/04/06(日)16:48:37 ID:

    次の日には身体中が痛いけれど歩けるし、食事もとれた。 食事のあと母さんと父さんが病室に現れ、父さんが僕を抱き締めた。

    僕は絶叫した。

    「さわるな」「何でお前がいる」「くるな」どれも言葉にはなっていなかったと思う。 母さんは泣き出し父さんも悲しそうな表情をしていた。
    154: 名無しさん:2014/04/06(日)16:49:55 ID:

    父さんは酔うと僕や妹に暴力を振るい、他の家庭を作り母子を置いて出ていった最低な男だ。
    暴力と虐げられてい日々が思い出され近づかないでほしかった。
    しばらくしてから医師の部屋で面談があり、数日中に退院できると言うことだった。 筆談で母にケータイがほしいと伝えたが院内は禁止だった
    155: 名無しさん:2014/04/06(日)16:51:31 ID:

    2日後顎も良くなってきて退院になった。 なぜかまた父さんも来ていて、最悪なことに父さんの見たことない外車で家に帰ることになった。
    なんだかおかしい。
    離婚した夫婦が仲良さそうにしているし、そもそも父さんは実家には進入禁止、妹には接触禁止だと裁判で決まっているはずだった。
    156: 名無しさん:2014/04/06(日)16:53:10 ID:

    僕は混乱して自分の記憶が間違っていると思った。
    911も311も無かったことになっていた。
    だけど大体同じだったし、慣れるのに時間はかからなかった。
    基本的には同じ世界だったから。

    ただ日本はいま戦時下という点が大きく違っていた。
    報道される映像はそれほど悲惨でなかった。
    157: 名無しさん:2014/04/06(日)16:55:06 ID:

    怪我がなおるまでの2ヶ月間非常によくしてもらった。何か恩返しがしたくて父さんの経営する部品工場に勤めることになった。
    工業高校で培った技術は存分に活かされ、社会人生活の楽しさを実感した。
    基本的には航空機の部品を作っていた。航空機の構造をどんどん覚えた。
    僕のチームではエルロンを作ることが多かった。
    158: 名無しさん:2014/04/06(日)16:56:44 ID:

    年末まで半年間あっという間にすぎていった。両親と生活にも慣れ、妹がいないことに何もかんじなくなっていた。
    職場で新しい友人が出来たし、充実していた。
    職場の友人が突然徴兵されるまでは。
    日本は戦況が悪くなっているらしく、若い人間はどんどん徴兵されていった。
    159: 名無しさん:2014/04/06(日)16:58:18 ID:

    僕は視力が2,0だし、背も低いし、体重も軽い。
    1月の2週目に僕も徴兵され、半年間訓練を受けた。 航空隊に配属され、日本海での大規模な作戦が初出撃となった。

    露前線基地のあるサイファン島を爆撃機20、重爆8で攻撃・制圧する。
    僕の任務は重爆と給油機の護衛だった。
    160: 名無しさん:2014/04/06(日)17:00:13 ID:

    指令は簡単なものだった。 「会敵後自由戦闘」。
    僕の戦闘機はプッシャの双発だ。
    トラクタと比べて軽いが脱出は難しい。

    空がとてもきれいだった。 雲の上だけ、別の世界だった。
    急に万能になった気分だった。
    161: 名無しさん:2014/04/06(日)17:03:14 ID:

    火が見えた。
    爆発音。
    散開して敵を探す。

    上だ。
    フラップ。
    減速。
    エルロンを引く。
    呼吸する。
    キョロキョロする。
    後ろにつかれた。
    海面近くまで降りる。
    エレベータが重い。
    スロットルをあげる。

    上昇。
    太陽まで。
    敵はトラクタだ。
    加速では負けるが初速には利がある。
    追ってくる。
    163: 名無しさん:2014/04/06(日)17:06:13 ID:

    スロットル全開。
    打ってくる。
    きっと。

    フルフラップで減速、スロットル、デッドロー。
    きりもみ。
    点射。
    火が見える。

    はじめての撃墜だった。
    ハンロールしてキョロキョロする。

    迷子だ。

    刹那、10時2機。
    スポイラの音が気持ちいい。 旋回。
    逃げよう。
    164: 名無しさん:2014/04/06(日)17:08:41 ID:

    雲のなかに逃げる。
    寒い。
    雲を抜ける。
    目の前に紺のカーボンのボディ。

    敵だ!
    ダウン。
    スロットルハイ。

    ニヤニヤする。
    3機に後ろをとられた。
    増装を捨てる。
    紺カーボンかすぐ後ろだ。

    ただのおっかけっこじゃないか。
    笑った。
    打たれた。
    尾翼に被弾。
    回る。
    火が見える。
    165: 名無しさん:2014/04/06(日)17:10:10 ID:

    撃墜されたと思った。
    躰中がいたい。
    気がつくと夜だ。
    生きている。
    海じゃない、 山だ。
    僕はバイクと一緒に病院に搬送されていた。 周りで仲間達が心配している。

    これが僕が7年前に体験した、異世界の話し。
    181: 1:2014/08/20(水)14:52:36 ID:

    そして先日、せっかくだから福島の先祖代々の墓にもお参りに行こうと、バイクで走り出して、高速の入口手前の交差点で追突事故を起こした。
    交差点手前で信号が黄色に変ったが、先行車が加速したのでこちらも加速したとたん、先行車が急ブレーキをかけてそこに突っ込んだ。
    辛うじて左側に避けられたから、相手のバンパー左角に傷を付けるだけで済んだ。
    こちらはエンジンスライダーとウインカーを折っただけ。
    オレ自身も怪我はなかったものの、事故処理とウインカーの修理で2時間ほどかかってしまい、福島行きを断念。
    多分来なくてよろしいって事なんだろうけど、もう少し穏やかに教えて欲しいもんだ。

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [忘れられない事]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。