スピリチュアル

スピ速

2chオカルト、死後の世界、ビックリ科学、スピリチュアルスレッドまとめブログ。怪談や都市伝説以外のノンフィクション寄り。

スピリチュアル

オカルト
怪奇!アンビリーバブル パーフェクトDVD-BOX 3 2ちゃんねるまとめ
2ちゃんねるまとめアンテナ

最新の記事

【宇宙】宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表 (11/18)  【科学】緑色に光るサル誕生 遺伝子改変で滋賀医大 (06/21)  【話題】赤ちゃんなのに髪フサフサ! ネットで人気者に (04/26)  死後の世界って夢の世界と同じなんじゃね? (03/29)  【反社会】twitter:香山リカ「(ネトウヨは)重力波に飲み込まれパラレルワールドに行っちゃったんですね!永遠に行ってらっしゃ~い! 」 (02/17)  【国際】未来を予測している? 90年前に描かれたロンドンのポスターがすごい (02/09)  【社会】本当にある「住んではいけない部屋」 映画「残穢」で描かれた“事故物件”の真相に迫る (02/03)  【科学】不妊治療に新たな光。動かない精子にモーターを取り付けて運ぶことに成功 (02/01)  【宇宙】太陽系に巨大な「第9番惑星」存在か 海王星の外側に…米工科大[H28/1/21] (01/21)  【スプートニク】天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する [H28/1/20] (01/20)  【AERA】タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15] (01/17)  東京地鳴り (01/14)  【ネタ】昼間から心霊現象多発!? 霊的にヤバい街ワースト3 (01/06)  【国際】聖母マリア出現の奇跡、世界中で2000回起きていた [H27/12/15] (12/17)  死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 (12/12)  アセンションってどうなった? (12/10)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (12/02)  お前らが実際に体験した怖いor不思議な体験書いてけ (11/24)  【話題】なんだこいつら……「へんないきもの」を集めた特別展、サンシャイン水族館で開催 (11/23)  【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見 (11/18)  【文化】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず… (11/17)  【国際】謎の遺跡「ストーンヘンジ」の秘密が次第に明らかに (11/16)  【話題】1歳半の男児が毒ヘビかみ殺す、口を血まみれにした姿で母親の前に。 (11/13)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (11/10)  ホーキング博士「死後の世界はない」 (10/27)  【資源】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 ~今中名誉教授によると、この方法なら電気代3円で100円相当の石油を作ることができます (10/14)  運気を上げる方法 (10/13)  【話題】「古代ローマは2000年前のアフリカにこれほどの都市を建設していた…」廃墟の写真に驚嘆の声 (10/09)  【宇宙】エイリアンが襲来し人類を滅ぼす?! ホーキング博士の警告に科学者騒然 (10/05)  世界初!“光るカメ”を南太平洋で発見!米研究チーム(画像アリ) (10/02)  【中国】中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… (09/30)  知ってた?ミジンコを正面からみた姿が怖いと話題に(画像アリ) (09/25)  【科学】極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究 (09/20)  【科学】爬虫類と哺乳類の中間動物「トリティロドン類」の化石、高校生が発見 福井 (09/17)  【科学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南アフリカ (09/15)  【科学】冥王星に砂丘? 無人探査機が捉える (09/11)  【箸休め】米国に「ゴジラ雲」が登場、本物そっくりで話題に (09/08)  静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている! (09/06)  珍スポ、不思議な場所、無名だけど凄い名所 (09/02)  【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (08/25)  天津の海で魚の大量死が見つかる (08/21)  【話題】科学者「この世はニセモノかもしれない」我々は完全にフェイクな世界で生きている可能性!!我々人類は、水槽で飼われている観賞魚のようなものなのだろうか......。 (08/19)  人生って8週でクリアなんだって (08/18)  【中国】中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インドメディア (08/07)  【生物】ウサギにしか見えない!可愛すぎる「ゴマフビロードウミウシ」が海外でも話題に (08/06)  【生物】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も (08/05)  【反応】エレベーターがビル最上階の天井を突き破り落下=中国ネット「ロケットかよ」 (08/04)  【ねずさんのひとりごと】日本人に正しく教えられていない縄文時代は、1万7000年ほど続いた途方もない長い時代であり、文明の一つ (08/03)  死の恐怖を克服する方法 (07/31)  【相談】庭に幽霊?が出て困っています (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

男「自殺するっていうならその前に僕に抱かれませんか?」

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる 2014/04/13(日) 08:16:24
    1: 名無しさん:2014/04/11(金)22:09:12 ID:

    男「靴脱いでるし、これから飛び降りるんですよね?」

    女「おっしゃるとおり、飛び降りようとしてましたけど。
      なんですかあなた?」

    男「よかったあ!」

    女「はい?」

    男「だって自殺するんですよね、ここから飛び降りるってことは」

    女「そうですが」

    男「自殺するっていうなら、その前に僕に抱かれませんか?」

    女「はい?」
    5: 名無しさん:2014/04/11(金)22:13:25 ID:

    男「なかなか出会えないんですよね、これから死ぬって人に」

    女「……」

    男「しかも僕は運がいい。こんな美人とめぐり会えるなんて」

    女「あの、飛び降りていいですか?」

    男「僕の話、聞いてたでしょう?」

    女「ええ。エッチがどうとか言ってましたね」

    男「フッ、そうです。僕の目的はただその一点のみです」

    男「安心してください」

    男「あなたの自殺を止める気なんて、僕にはこれっぽっちもありませんよ」

    女「帰ってもらっていいですか?」
    7: 名無しさん:2014/04/11(金)22:15:39 ID:
    …さて、この物語にはまだ続きがあります。
    主人公は誰ですかって?

    それはこのSSを読み切ったあなた方1人1人です

    今の世の中、たくさん辛いこともある。たくさん嫌なこともある。もう誰も信じられない、信じたくない。そう思っている人がたくさんいるでしょう。

    私もかつてその1人でした。でもこのSSの「男」のように(というかモデルは作者自身だったり…)懸命に生きて、今では細々とですが暮らしています。

    開けない夜は、ありません。

    これが、このSSで伝えたかったことの全てです。

    最後の最後に、登場人物たちからのメッセージをお聞き下さい。

    男「おう!まあなにやら辛いこともあるが、生きてみようぜ!開けない夜は、ないってな!」

    作者「ちょっ、俺のパクったな!」

    女「やれやれね、この二人は…クスッ」

    友「見てくれて、ありがとな!お前らも頑張れよ!…イテッ!」

    作者「(友の頭をはたきながら)読者様にお前らとか言うな!失礼だろが!」

    まあなにはともあれ…

    全員「読んでくれてありがとう!」

    ありがとうございました!(続編をもしかしたら投下するかも…ゴホンゴホン)
    9: 名無しさん:2014/04/11(金)22:17:09 ID:

    男「僕に帰る場所はありません。あるとしたら、あなたの胸の中だけだ」

    女「もう飛び降りていいですか?」

    男「どうして!?」

    女「ご自分の胸に聞いてください」

    男「いいでしょう。あなたを止める資格は、僕にはない」

    男「ただ、ひとつだけ聞かせてもらってもいいですか?」

    女「ひとつだけですよ」

    男「三日前って白のパンティー履いてました?」

    女「……はい?」
    11: 名無しさん:2014/04/11(金)22:20:58 ID:

    男「『なぜ見ず知らずの男が、わたしの履いているパンティーの色を知っている?』」

    男「そんな顔をしてますね」

    女「あなた、なんなんですか」

    男「フッ、どこにでもいる素人童貞ですよ」

    女「それは聞いてません」


    男「なぜ僕があなたのパンティーについて知っているのか」

    男「簡単ですよ。あなたはここ一週間、このマンションの屋上から飛び降りようとしていた」

    男「そうですね?」


    女「一週間も前から、わたしのことを見ていたんですか」

    男「正確にはあなたではなく、あなたのスカートの中を、ですがね」
    12: 名無しさん:2014/04/11(金)22:23:27 ID:

    男「あなたは飛び降り自殺を実行しようとしていた」

    男「しかし、いつもギリギリでやめてしまいますね」


    女「……」


    男「いやあ、一週間前にこのマンションを見上げたときは驚きましたよ」

    男「『あっ、パンツだ!』って」

    女「パンツだったんですか、真っ先にあなたの目に飛びこんできたのは」

    男「そりゃそうでしょう」
    14: 名無しさん:2014/04/11(金)22:26:57 ID:

    男「なかなかないんですからね。パンチラに出会う機会って」

    女「あなた、これから死ぬ人間によくそんなことを言えますね」

    男「逆ですよ。口なしになる人にだからこそ、思ったことをぶっちゃけてるんですよ」

    女「で、抱かせてくれ、ですか?」

    男「フッ、なんなら僕が抱かれてもいいですよ」

    女「けっこうです」

    男「うーむ。どうも、あなたは難しい人間のようですね」

    女「わたしはいたって普通です。おかしいのはあなたでしょう。
      死後の世界にだって、初対面で抱かせてくれる人なんていませんよ」
    16: 名無しさん:2014/04/11(金)22:31:54 ID:

    男「たしかに。いきなりすぎましたね」

    女「わかってもらえたならいいです。それじゃあさよなら」

    男「なんでまた飛び降りようとしてるんですか」

    女「死ぬからです」

    男「待ってくださいよ。まだ抱いてないんですから」

    女「あなたに抱かれるつもりはありません」

    男「今は、でしょう?」

    女「一生です」

    男「だから一生を終わらせようとしないで。僕の話、まだ終わってません」
    18: 名無しさん:2014/04/11(金)22:34:26 ID:

    男「実はどうしても聞きたいことがあったんですよ」

    女「なんですか?」

    男「なぜ今日はスカートじゃないんですか?」

    女「なにが言いたいんですか?」

    男「フッ、この建物の下から空を見あげるとね、見えるんですよ」

    男「太陽よりもまぶしいもの。あなたのパンツがね」

    女「あなた、どんだけパンツ好きなんですか」

    男「最近の僕にとっての一番の楽しみだったんですよ。それなのに、どうして……!?」

    女「べつに。今日はスカートの気分じゃなかっただけです」
    22: 名無しさん:2014/04/11(金)22:40:34 ID:

    男「たまたまスカートじゃなかった、そういうことですか?」

    女「そう言ってるでしょう」

    男「じゃあ今からスカートに着替えてきてもらっていいですか?」

    女「そんな暇があるなら、さっさと死にます」

    男「なぜそんなに死に急ぐんですか?」

    女「死にたいからです」

    男「べつによくないですか? どうせもうあなたは死ぬんだから」

    女「どういうことですか?」
    23: 名無しさん:2014/04/11(金)22:44:19 ID:
    ほうおもしろい
    24: 名無しさん:2014/04/11(金)22:45:29 ID:

    男「死ぬって決めたら、こころにゆとりができません?」

    女「ゆとり、ですか」

    男「だってこれからなにが起きても、あなたはここから飛ぶんですよ」

    男「いつでも人生をクリアできるんだから、なにが起きても安心でしょう?」

    女「ゼロになるというか、終わらせられるというか……結果は決まってます」

    男「つまり、たいていのことは許せますよね?」

    女「たしかに。たどる結末は見えてますからね」

    男「じゃあ僕に抱かれましょう」

    女「結局それですか」
    26: 名無しさん:2014/04/11(金)22:51:58 ID:

    男「僕に抱かれるのが、イヤなんですか?」

    女「イイと思うんですか、わたしが?」

    男「質問に質問は感心しませんね」

    女「あなたの言動よりはマシでしょう。でも、そうですね……」

    男「おやおや。ようやく僕を受け入れてくれますか」

    女「ええ。最期ぐらいは、役に立つことをしてもいいかもしれません」

    男「話の理解が早い人で助かります」

    女「ええ。警察に通報します」

    男「フッ……」
    28: 名無しさん:2014/04/11(金)22:55:45 ID:

    女「言っておきますけど、おどしとかじゃないですから」

    男「ほほう」

    女「こんな世の中です。
      女であるわたしがあなたを通報すれば、どうなるかはわかりますよね?」

    男「フッ、あまいですねえ」

    女「あまい?」

    男「あなたは自殺を図っていた。身元整理はしてるんじゃないですか?」

    女「それは……」

    男「ケータイを解約したりとか、遺言書を残してたりすれば」

    男「自殺の証拠としては十分ですよね」
    31: 名無しさん:2014/04/11(金)23:00:52 ID:

    男「ていうか、ケータイ解約してたら警察に通報すらできませんけどね」

    女「うっ……」

    男「つまりあなたは、僕に抱かれて死ぬか」

    男「僕を通報して、ダラダラとこの世界で生きていくって選択肢しかないんですよ」

    女「どっちも地獄ですね」

    男「さあどうしますか?」

    女「……」

    男「おとなしくしていれば、優しくしますよ」

    女「きゃあああああっ! 誰か助けてえええ!!」

    男「ええっ!?」
    33: 名無しさん:2014/04/11(金)23:06:27 ID:

    男「これから死ぬくせに、なに助けを呼んでるんですか!?」

    女「あなたを出すとこに出して、それから死ぬことにしました」


    管理人「なにかあったんですか!?」


    男「!!」

    女「実はここに極めて特殊な変態が……」

    管理人「なぜ裸足なんですか?」

    女「え? あ、いやその……ちょっと開放的な気分になりたくて……」

    管理人「開放的な気分ねえ」

    女「ほ、本当です。あの、coccoとかそういう歌手の人のマネです」

    管理人「悪いけど、屋上から出てもらってもいい?」

    女「……」
    36: 名無しさん:2014/04/11(金)23:09:17 ID:

    管理人「こんな世の中だと、ついつい暗い考えが浮かんでしまうんですよ」

    女「……わかりました」

    管理人「おねがいしますね」

    女「はい」

    男「いやあ、ビックリしたあ」

    女「ひゃっ!? きゅ、急に声出さないでくださいよ」

    男「おっ。はじめて驚いた顔をしてくれましたね」

    女「……悪いですか?」

    男「いえ、ぜんぜん」
    37: 名無しさん:2014/04/11(金)23:14:49 ID:

    男「それにしても。あなたが叫んだ瞬間に、おばさんが来たんで焦りましたよ」

    女「管理人さんです」

    男「思わず隠れてしまいましたよ」

    女「隠れたんですか?」

    男「おや? 気づきませんでした?」

    女「管理人さんのほうに気をとられてましたからね」

    男「靴のことを指摘されて焦ってましたね」

    女「……うるさいです。それより、どうやって隠れたんですか?」

    男「ん?」

    女「ここ、とっさに身を隠せる場所なんてありませんよ」
    42: 名無しさん:2014/04/11(金)23:19:51 ID:

    男「あなたなら、塀の上から見慣れてると思うんですけど」

    女「わたしなら……あっ、そっか」

    男「気づきましたか?」

    女「屋上の塀のでっぱりに、とっさに隠れたんですね」

    男「正解です。小さな塀とは言え、よくとっさに隠れられたと思います」

    女「……」

    男「って、どこへ行くんですか?」

    女「屋上から出ます」
    43: 名無しさん:2014/04/11(金)23:24:23 ID:

    男「あれれ? なんで?」

    女「管理人さんに言われたからです」

    男「屋上から出て、どうするんですか?」

    女「いったん部屋に戻ります」

    男「え? 死なないんですか?」

    女「…………」

    男「なるほど。そういうことですか」

    女「なんでそんなにニヤニヤしてるんですか?」

    男「これからあなたの部屋に行って、僕とあなたで……」

    女「ちがいますっ!」
    44: 名無しさん:2014/04/11(金)23:28:28 ID:

    男「ちがうんですか?」

    女「そもそもどうしてあなたを部屋にあげるんですか」

    男「……野外プレイがお好みということですね」

    女「自殺する前に、あなたを殺したほうがいいかもしれませんね」

    男「犯罪者になると?」

    女「どうせ結末は同じですから」

    男「だったら僕に抱かれてしまえばいいじゃないですか」

    女「もうその話は飽きました」
    45: 名無しさん:2014/04/11(金)23:29:10 ID:
    オープンのssで一番面白いかも
    46: 名無しさん:2014/04/11(金)23:32:25 ID:
    キャラのこの口調前もどっかで見たような気がするな
    47: 名無しさん:2014/04/11(金)23:33:26 ID:
    >>46
    まぁよくある口調ではありますからね
    49: 名無しさん:2014/04/11(金)23:35:23 ID:

    男「エレベーターに乗りましたけど、あなたの部屋ってなん階なんですか?」

    女「教えません」

    男「どうせこれから知りますよ」

    女「今ここはなん階でしょうか?」

    男「一階ですね。一階なんですか、あなたの部屋は」

    女「いいえ。これから外に出ます」

    管理人「おや。どこかへおでかけですか?」

    女「ええ、ちょっと早めの夜ご飯を食べに」

    管理人「そうですか。物騒な世の中ですから、夜道には気をつけてください」

    女「ええ。実感しているまっただ中なんで、気をつけます」
    50: 名無しさん:2014/04/11(金)23:39:19 ID:

    男「ちょっとちょっと、マンションの外に出てるじゃないですか」

    女「やっぱり部屋にはもどりません」

    男「どうして!?」

    女「この状況で聞けるって、あなたすごいですね」

    男「たしかに僕は素人童貞ですけど、女性ひとりを満足させるぐらいのテクニックなら……!」

    女「死ね」

    男「僕たち会ってから、まだそんなに仲良くないですよ!?」

    女「抱かせてくれって言うよりはマシです。ていうか、自殺してください」

    男「ついには自殺勧告をするとは」

    51: 名無しさん:2014/04/11(金)23:46:34 ID:

    男「しかもなぜかマクドナルドに来てますし」

    女「今日の夕飯はここにします」

    男「え?」

    女「ついてきてもかまいません。でも、ここで食べることは決定ですから」

    男「ハウスで食べるって選択肢は?」

    女「ありません」

    男「わかりましたよ。僕は食べませんけどね」

    女「……拗ねてるんですか?」

    男「そりゃあねえ。なんでこんなチェーン店なんかで……」

    女「ふーん。じゃあ入りますね」
    52: 名無しさん:2014/04/11(金)23:48:19 ID:
    続き楽しみ
    53: 名無しさん:2014/04/11(金)23:49:45 ID:
    自殺する人は死ぬ前にお金とかコレクションとか分けて欲しいと思った事はあるよな
    54: 名無しさん:2014/04/11(金)23:51:07 ID:
    >>53
    お前最低だな

    せめて男のように抱かせてもらうくらいにしとけよ
    55: 名無しさん:2014/04/11(金)23:51:25 ID:

    女「てきとうに決めましたけど。あなたは食べないんですか?」

    男「お腹すいてないんですよ」

    女「だったら席をとっておいてくれればいいのに。
      あなたが童貞な理由が垣間見えますね」

    男「……なんかだんだん馴れ馴れしい、っていうかふてぶてしくなってません?」

    女「あなたにだけは言われたくないですね、トウシロさん」

    男「……」

    女「……」

    男「……」

    女「なんで急に黙るんですか」

    男「いいから早く食べましょう」
    58: 名無しさん:2014/04/11(金)23:56:43 ID:

    女「そんなにわたしの部屋に入りたいんですか」

    男「いいえ。部屋じゃなくてもいいですよ」

    女「わたしはどこでもイヤです」

    男「ていうか、いいから早く食べてください」

    女「なぜそんなに急かすんです? 最後の晩餐なんですよ」

    男「最後の晩餐がマックって、絶対に死んでから後悔しますよ」

    女「フレッシュネスバーガーのほうがよかったかもしれませんね。
      ていうか、わたしってマック好きじゃないんですよね」

    男「……じゃあなぜここに足を運んだんですか?」

    女「確かめるためです」

    男「どういうことですか?」
    59: 名無しさん:2014/04/12(土)00:02:50 ID:

    女「空腹は最高のスパイスって言葉は知ってますよね」

    女「あの言葉って人間のバグを端的に表してると思うんですよ」

    女「お腹がすいてるって理由で、食べ物がおいしくなる」


    男「ああ、なんとなく言いたいことがわかりました」


    女「これが最期の食事だと思ったら、なにか変わるかなって思ったんです」

    女「変われば、わたしはこれから死ぬってことをより実感できますからね」

    男「ハンバーガーの味はどうなんですか?」

    女「よくわかりません。普段よりおいしい気もしますし、変わらない気もします」

    女「ひょっとしたら、わたしは味の変化を認めたくないのかもしれません」
    61: 名無しさん:2014/04/12(土)00:08:54 ID:

    女「自分でも、どうしてそんなことを思うのかはわかりませんけど」

    男「僕にはなんとなく、あなたの気持ちがわかりますよ」

    女「気持ちわるいこと、言わないでください」

    男「まあまあ。そう言わずに。僕の話を聞いてくださいよ」

    女「……勝手にどうぞ」

    男「気持ちひとつで、なにもかも変わるってことを認めたくない。
      そういうことじゃないですか?」

    女「……」

    男「これから自殺するって人間としては、そういうのって知りたくないですよね」
    62: 名無しさん:2014/04/12(土)00:14:50 ID:

    男「気持ちひとつで昨日まで輝くかもとか思うと」

    男「死のうとしていた意志までゆらいじゃいますもんね」

    女「わたしが死ぬのは決定事項です。今さら変わりません」


    男「いいえ。だったら喜んであなたは、最後の晩餐を楽しめると思いますよ」

    男「たかが百円のハンバーガーで、自分の意志が消える」

    男「それがコワイんじゃないですか?」


    女「これはビッグマックなんで、百円じゃありません」

    男「ここぞってところでボケないでください」

    女「むぅ」

    男「ついでに、僕に抱かれてもいいと思っている自分がいる。そうですね?」

    女「いえ、それだけは死んでも変えるつもりはありません」
    68: 名無しさん:2014/04/12(土)00:22:16 ID:

    女「人間のバグっていうのは、なかなか人間に都合よくできてるみたいですね」

    女「でも、世の中には変わらないこともあります」

    女「わたしの気持ちは動きません」

    男「あなた、さてはすごいガンコですね」

    女「そうです。石のようにかたい意志をもってるんです」

    男「あと、ギャグセンスないですよね」

    女「……べつに、あなたを笑わせたいわけじゃないんで」
    69: 名無しさん:2014/04/12(土)00:26:48 ID:

    女「ていうか、さっきから変な会話をさせないでください」

    男「変な会話?」

    女「ええ。さっきから妙に視線を感じるんです」

    男「これから死ぬのに、赤の他人の視線が気になるんですか?」

    女「う、うるさいです。とりあえずさっさとここを出ます」

    男「最期の食事なのに、そんな食べ方しなくても」

    女「……」

    男「急にがっついたと思ったら、今度は食べるのをやめて……ブレブレですよ」

    女「ちょっと黙ってください」
    71: 名無しさん:2014/04/12(土)00:32:40 ID:

    男「結局すごい時間をかけて食べましたね」

    女「最期の食事ですから。当然でしょう。なにか文句でも?」

    男「いえいえ。そんなことよりも、これからのことについて話しましょう」

    女「あなたと話すことはありません。ていうか、いつまでついてくる気ですか?」

    男「僕の善意を無下にする気ですか?」

    女「善意?」

    男「あなたが死ぬ前に、僕がベッドの上で天国へ導いてあげようとしてるのに」

    女「わたしが地獄へ送ってあげてもいいんですけどね」

    男「あははは、それは無理ですよお」

    女「たしかに、そんな気がします」

    女「……ていうか、あなたってすごい変わってますよね」
    72: 名無しさん:2014/04/12(土)00:38:33 ID:

    男「僕の求愛行動がですか?」

    女「ちょっとその話題からはなれましょうか」

    男「なにがいったい変わってるんですか?」

    女「全部が全部変ですけど、普通の人って自殺する人に対してその理由を聞きますよね?」

    男「なんですか、ひょっとして自殺する理由を聞いてほしいんですか?」

    女「ち、ちがいます。変な勘違いしないでください」

    男「僕に抱かれたくない理由なら、お聞きしますけど」

    女「あくまでその話題にもってこうとしますね」

    男「だって、あなたの自殺理由を聞いても、あなたを抱けるわけじゃないですよね」

    女「しつこいですっ!」
    74: 名無しさん:2014/04/12(土)00:43:10 ID:

    男「まじめな話すると、死ぬ理由って聞いても面白くないじゃないですか」

    女「面白いって……」

    男「だいたい予想がつきますしね。興味がわかないんです」

    女「ずいぶん簡単に言いますね」

    男「ええ、本気でそう思ってますから」

    男「僕は、死ぬ理由よりも、どちらかというと生きる理由のほうに興味があります」

    女「生きる理由?」


    男「死ぬ理由に比べて、生きる理由って曖昧だと思うんですよね」

    男「そして死ぬ理由よりも、ずっといろんなものがあると思います」

    男「どうせ聞くなら、そっちのほうがいいでしょう」
    76: 名無しさん:2014/04/12(土)00:49:11 ID:

    女「生きる理由……そんなの、なんとなくですよ」

    女「死なないし、なんか生きてるから生きてる」

    女「そんな感じで生きてることに答えなんてないですよ」


    男「それがいいんじゃないですか」

    男「一生かけても見つからない理由。いや、死んでもなおわからない理由」

    男「そういうのって、ステキじゃないですか?」


    女「……遠まわしに、わたしの自殺を止めようとしてるんですか?」

    男「いえ、ぜんぜん。あくまで僕はあなたのからだが目的なだけです」

    女「スキがあったら、その話題にもってきますね!」
    77: 名無しさん:2014/04/12(土)00:54:38 ID:

    女「世の中には死ぬよりつらいことってあると思うんです」

    男「そういうことも、たしかにあるかもしれませんね」

    男「でも、世の中には……」

    女「わたしよりもつらい思いをして、でもがんばっている人がいる」

    女「そういうありきたりなことを言うつもりですか」

    男「おおっ! すごいですね、これがうわさのコールドリーディングですか」

    女「自殺志願者に言う言葉なんて、限られてますから誰でもわかります」

    男「それもそうですね」

    女「そういう不幸を相対的に見るのっておかしいですよね」

    女「わたしとわたし以外の人間の不幸に、いったいどんな関係があるっていうんですか」

    男「ごもっともです」
    78: 名無しさん:2014/04/12(土)01:00:52 ID:

    女「またあっさりと認めるんですね」

    男「ええ。言ってるでしょう? 僕はあなたの自殺を止める気なんてないって」

    男「ただ肉体関係を一度だけ結んだら、それで十分ですから」

    女「もうなにも言いません」

    男「え? ということはいいんですか?」

    女「そういうことじゃありませんからっ!」

    男「コワイなあ。だんだん凶暴になってません?」

    女「あなたのせいでしょう!?」
    79: 名無しさん:2014/04/12(土)01:02:00 ID:

    男「じゃあわかりました。クールダウンのために、ひとつ質問しましょう」

    女「どうせまた、いやらしいことに結びつける気でしょ?」

    男「ちがいますちがいます。今度はまじめな質問です」

    男「あなたは死んで、それからどうするんですか?」

    女「……どういう意味ですか?」

    男「フッ、そのままの意味ですよ。考えてみましょうよ」

    女「そう言われても、よく意味がわかりません」

    男「だーかーら、自殺してそのあとにどうするかって話ですよ」

    男「自殺する楽しみをあなたが見出すために、僕は質問してるんですよ」

    女「はあ。死後の世界のことですか」
    80: 名無しさん:2014/04/12(土)01:05:51 ID:
    なんか怖い
    81: 名無しさん:2014/04/12(土)01:09:28 ID:

    女「でも、たしかに死後の世界とか幽霊って存在はあるっぽいですもんね」

    男「ええ、一考の価値はあると思いますよ」


    女「死んだらどうなるんでしょうね」

    女「なんだかいろんなことができそうですよね」

    女「あっ、でも天国へ行くとか地獄へ行くとか、そういうのもありますもんね」


    男「意外と考えてみると、なかなか止まらないでしょう」

    女「でも、こんなことを考えてもなにも変わりませんよ」

    男「自殺への意欲を高めることにはつながりますよ」
    82: 名無しさん:2014/04/12(土)01:15:07 ID:

    女「そうですねえ。じゃあ死んだら、素敵な恋人を作ります」

    男「死んでからはじまる恋ですか」

    女「ええ。素敵な幽霊の恋人を作ります。そして、幸せになります」

    女「そうすればわたしの自殺は間違っていなかったって、証明もできますからね」

    男「楽しそうですね」

    女「あなたの提案でしょう?」

    男「まあそうですけど」

    女「天国とか地獄とか、そういうのはわかりませんけど考えるのはやめておきましょう」

    男「うーん」

    女「なんですか? 俗物的とか言いたいんですか?」

    男「いえ、やっぱりほぼすべての人間が、そういうふうに思いこんでるんだなと思って」
    83: 名無しさん:2014/04/12(土)01:21:50 ID:

    女「思いこんでる? なにを?」

    男「そもそも疑問に思ったことはありませんか?」

    女「……えっと、幽霊なんて実はいないとかそういう話ですか?」


    男「いえ、幽霊の有無に関してはいると思いますよ、たぶん」

    男「それより、こういう疑問をもったことはありませんか?」

    男「心霊写真とかってありますよね?」

    男「あれってすごく変だと思いませんか?」


    女「おっしゃってる意味がぜんぜんわかりません」


    男「まあ人が死ぬ理由はいろいろありますから、一概には言えませんけど」

    男「こういう心霊写真の話は聞いたことありません?」

    男「自殺した人間の霊が、その自殺現場で撮った写真に映る」

    男「これっておかしいと思いませんか?」
    84: 名無しさん:2014/04/12(土)01:23:57 ID:
    これは…
    85: 名無しさん:2014/04/12(土)01:29:34 ID:

    女「べつに。なにか強い怨念とかがあって、写るとかそんな感じでしょ」


    男「じゃああなたに質問します」

    男「自殺したあと、写真に写りたいって思いますか?」

    男「死んで生きてる人間から開放されることを望んだ結果が、自殺だったのに」


    女「……人それぞれでしょう、そんなの」


    男「でもあなたのように、死んでほかの幽霊と添い遂げて幸せになったら」

    男「写真に写ったりしないんじゃないですか?」

    男「たとえ写ったとしても、あんなふうに見た人を戦慄させるような写り方、しますかね?」


    女「もっとはっきり言ってもらっていいですか?
      わたしにはあなたがなにを言いたいのか、全然わかりません」
    86: 名無しさん:2014/04/12(土)01:31:50 ID:

    男「すべての人が勝手に信じてることへの疑問ですよ」

    男「死んで幽霊になる。まあこれはいいでしょう。問題はその次です」



    男「幽霊になったら、ほかの幽霊も見える」

    男「生きてたときに見えなかったものが、死んだら見えるようになる」



    男「どうしてそんなふうに、人々は思いこんでるんでしょうか?」
    87: 名無しさん:2014/04/12(土)01:32:57 ID:
    引き込まれる
    何だこれ
    89: 名無しさん:2014/04/12(土)01:35:38 ID:
    男の言う通りだよな
    言われるまで何も疑問に思わなかったわ
    90: 名無しさん:2014/04/12(土)01:40:56 ID:
    すまん明日の昼までには終わらすから
    寝させてくれ
    92: 名無しさん:2014/04/12(土)01:44:24 ID:
    >>90
    楽しみにしてるぞ
    おやすみ
    106: 名無しさん:2014/04/12(土)11:36:10 ID:

    女「幽霊になっても、幽霊は見えない……」

    男「不思議ですよねえ」

    男「幽霊を信じない人はいます」

    男「ですが、死んだら幽霊が見えるということについては、疑う人いないんですよ」

    女「だからなんだって言うんですか?」

    女「そんなおどしで、わたしが自殺するのをやめるとでも?」

    男「同じことを言わせないでくださいよ。
      僕にはあなたをどうこうする資格はありませんって」

    男「ただ転がらない疑問を転がしてみただけです」
    107: 名無しさん:2014/04/12(土)11:38:56 ID:

    女「あなたの疑問なんてどうでもいいんですよ」

    男「いいんですか?」

    女「同じことを言わせないでください」

    男「あっ、マネした」

    女「あなたが先にわたしのマネをしたんです」

    男「じゃああなたは、べつの誰かのマネをしたんですよ」

    女「そうかもしれませんね」


    男「それに、あなたにとっては重要な疑問だと思ったから言ったんですよ」

    男「これから死ぬ人にとっては、考えるべきことじゃありません?」


    女「死んでからのことなんて、やっぱりどうでもいいです」
    109: 名無しさん:2014/04/12(土)11:45:24 ID:

    男「では、生きてるあいだのことについて考えましょうよ」

    女「そうですね……って、なにまた話を続けようとしてるんですか!?」

    男「まあまあ。こうして僕と話しているうちは、あなたは抱かれることはありませんよ?」

    女「はあ……言われたことありませんか?」

    男「なにをですか?」

    女「しつこいって」

    男「……」

    女「すごいまじめな顔して考えてますね。こころあたりがありすぎるんですね」

    男「いいえ。あなたがはじめてです」

    女「嘘はいりません」
    111: 名無しさん:2014/04/12(土)11:50:35 ID:

    男「ホントなのになあ」

    女「はいはい。それで、なんの話をしてたんでしたっけ?」

    男「あれれ? 話す気になったんですか?」

    女「あなたが、はなしてくれませんからね」

    男「ちょいちょいびみょうなことを言いますよね、あなた」

    女「うっさい。話すなら話してください。死にますよ?」

    男「はいはい、わかりましたよ」

    女「……」

    男「どうして人は、死ぬことをコワイと思うんでしょうか?」

    女「知りません」
    113: 名無しさん:2014/04/12(土)12:02:36 ID:

    男「少しは考えましょうよ」

    女「本能」

    男「本能、ですか」

    女「死を恐れるのは人間だけないですよね」

    女「動物とかは、本能的に生きようとしますし」

    男「あなたってロマンがないですよね」

    女「嬉しそうに言わないでください」

    男「僕、女の人ってもっとキラキラしてるのかと思ってました」

    女「これから死ぬって人間が、目をかがやかせてロマンチックなことを言うとでも?」

    男「あはは、たしかに」
    114: 名無しさん:2014/04/12(土)12:13:50 ID:

    女「じゃあロマンのある死を恐れる理由ってなんなんですか?」

    男「ロマンチックかどうかはわかりません」

    男「ですが、疑問に思うことをやめるのって死んでるのと同じことだと思うんですよ」

    女「一理あるかもしれませんね」

    男「謎や疑問は、いくらでも日常にあふれてると思うんです」

    女「そう思って生きることができたら、楽しいでしょうね」

    男「ええ、きっとね」

    女「……あなたって鈍感ですよね」

    男「え? なんだって?」

    女「絶対聞こえてましたよね」
    116: 名無しさん:2014/04/12(土)12:28:29 ID:

    女「ていうか、話が進みませんね」

    女「あなたの考えを教えてください」

    男「わかりましたよ」


    男「死んだことがない人間が、どうして死をコワイと思うのか」

    男「実は僕たちは、死ぬことじたいはそれほど恐れてはいないんじゃないでしょうか」

    女「じゃあなにを恐れてるんですか?」

    男「死んだあとのことですよ」

    男「実は僕たちは、なんとなく知ってるんじゃないでしょうか?」

    男「死んだそのあとのことを」

    女「死んだそのあと?」

    男「ええ。その先にあるものを、僕たちはおぼろげに知っている」
    117: 名無しさん:2014/04/12(土)12:38:15 ID:

    男「生きてるより、ずっとつらいことが死んでから待ち受けている」

    女「笑えないですね」


    男「笑えないですよ。生きてるのがイヤになって自殺したら」

    男「生きてるよりつらいことが待ち受けていた、なんてねえ」


    女「すごいニコニコしながら言いますね」

    男「たぶん最初からじゃないですか」

    女「ええ。わたしと話していてここまでニコニコしてる人は、あなたがはじめてです」

    男「やだなあ、照れるなあ」

    女「そして、ここまで人と話してイライラしたのもはじめてです」
    121: 名無しさん:2014/04/12(土)12:52:23 ID:

    女「知ったふうな口をきく人がきらいなんです、わたし」

    男「ああ、わかりますよそれ」

    女「あなたのことなんですけどね!」

    男「言われなくても知ってますって」

    女「あなたのような人は、わたしみたいな人間にとって一番イヤなんですよ」

    男「自殺をする人間からしたら、それを止める人間は死神みたいなものですもんね」

    女「……しかも上から目線で、わかりきったことを延々と言ってきますからね」

    男「現実から逃げようとしてるのに、現実を突きつけて引きとめようとしますからね」

    女「あなたみたいな人、本当にきらいです」
    122: 名無しさん:2014/04/12(土)13:02:33 ID:

    女「ささいなことをとりあげて、ネチネチと言ってくる人間ってムカつきます」

    女「上からあわれみの視線を送ってくる人もきらい」

    女「親切とお節介をはきちがえてる人とか最低です」


    男「自分のことは?」

    女「……考えたくもないです」

    男「僕のことは?」

    女「よくこの流れでそれをぶちこんできますね」

    女「あなたのこともきらいです」

    男「どうして!? なんで!?」

    女「疑問に思う部分じゃないでしょうそこは!」
    123: 名無しさん:2014/04/12(土)13:07:14 ID:

    女「すべての人間がきらいです」

    女「わたしより幸せそうに生きてる人も」

    女「わたしよりも不幸なのに生きてる人間も」

    女「生きてる人間なんてきらい」


    男「じゃあ僕のことはきらいじゃないってことですね」


    女「……え?」

    男「だって今言ったじゃないですか」

    男「『生きてる人間なんてきらい』って」
    126: 名無しさん:2014/04/12(土)13:10:33 ID:
    やっぱりか。。。
    130: 名無しさん:2014/04/12(土)13:18:07 ID:

    女「つまらない冗談ですね。これっぽっちも笑えません」

    男「冗談じゃなくても、笑えませんね」

    女「今さら霊能力に開花されても困ります」

    男「最近は嘘に敏感な世の中ですからね。きっとインチキ霊能力者って呼ばれますよ」

    女「それで幽霊についての本を書いたら、ゴーストライターって言われるんですね」

    男「ますます死にたくなりそうですね」

    女「……それに、そういう嘘をつくならもっと事前に準備しておくべきですね」

    男「準備?」

    女「あなた、屋上で管理人さんと会ったとき、わざわざ隠れたじゃないですか」

    男「そうですね」
    132: 名無しさん:2014/04/12(土)13:23:05 ID:
    ゴーストライターってそうゆうことか
    133: 名無しさん:2014/04/12(土)13:23:45 ID:
    ここまで予想書かなかったお前ら偉いな
    俺もこうくるの楽しみにしてた
    134: 名無しさん:2014/04/12(土)13:30:36 ID:

    女「見えないなら、わざわざ隠れる必要なんて……」

    男「どうしましたか?」

    女「……」


    女「そう、隠れたんですよね。一回目管理人さんに会ったときは」

    男「……」

    女「でも、二回目会ったときは、あなたは隠れていなかった」

    女「でも管理人さんは」


    管理人『物騒な世の中ですから、夜道には気をつけてください』


    女「男女ふたりでいるなら、そんなことは言わない……?」
    135: 名無しさん:2014/04/12(土)13:37:24 ID:

    男「あなたが気づいていなかっただけで、僕はこっそり隠れたかもしれませんよ」


    女「……でも、あなたはマックでなにも食べなかった」

    女「そして席とりもしなかった」

    女「じゃあ、あの店内で感じた視線って……」


    男「気づいちゃいましたか」

    女「え? ちょ、ちょっと待ってください。
      わたし、周りから見たらずっとひとりで話してたってこと?」

    男「だから言ったじゃないですか。早く食べて店から出ましょうって」

    女「あの流れでわかるわけないです!」

    男「あらら、大丈夫ですか? 今まで一番すごい顔してますよ」

    女「恥の多い生涯を送って来たって自覚はあるけど……うぅ……」

    137: 名無しさん:2014/04/12(土)13:42:35 ID:
    これは面白い…続きはよ
    138: 名無しさん:2014/04/12(土)13:44:09 ID:
    伏線の巧妙さとこの雰囲気は覚えが…!
    139: 名無しさん:2014/04/12(土)13:45:48 ID:
    すげえ
    140: 名無しさん:2014/04/12(土)13:52:51 ID:

    女「いえ、待ってください」

    男「まだなにか言いたいことでも?」

    女「あなたが幽霊なら、触れることはできませんよね?」

    男「さあ? どうでしょう? 案外そんなこともないかもしれません」

    女「……」

    男「あの、目つきがコワイんですけ……どおぉっ!?」

    女「わわっ……ほ、本当にスケスケだ……!」

    男「いや、なんで殴ったんですか? 生きてたら鼻が曲がってるとこでしたよ」

    女「……なんとなくです。ていうか瑣末なことはどうでもいいです」

    男「けっこう重要だと思うんですけどね」
    141: 名無しさん:2014/04/12(土)13:58:51 ID:

    女「ていうか、なんで最初に教えてくれなかったんですか?」

    女「おかげで恥をかいたじゃないですか」

    男「いいじゃないですか。どうせ結末は見えてるんだから」

    女「そういう問題じゃないです」

    男「やはりいろいろと難しい人ですね、あなたは」

    女「いいからわたしの質問に答えてください」

    男「いやあ、単純に信じないだろうなって思って」

    男「自己紹介でいきなり幽霊だって言って、信じますか?」

    女「まずあなたは、わたしに素人童貞ってことしか教えてません」

    男「あはは、これはうっかり」
    144: 名無しさん:2014/04/12(土)14:06:26 ID:

    男「でもやっぱり自己紹介をしても、絶対にあなたは信じなかったでしょう?」

    女「それか間違いありません」

    女「でも管理人さんが屋上に来た段階で、説明はできたはずですよね?」

    男「あそこらへんはテンションあがっちゃって……思わず自分が生きてると錯覚しちゃったんですよ」

    女「死んでるのにテンションあがっちゃうんですね」

    男「僕の場合はね。ほかの人は知りません」

    女「……でも、どうしてわたしにはあなたが見えるんですか?」

    男「それについては本当にわかりません」

    女「本当に?」

    男「命をかけてもいいですよ?」

    女「バカ」
    145: 名無しさん:2014/04/12(土)14:12:34 ID:

    男「僕もこんなことははじめてなんです」

    女「こんなこと?」

    男「死んでから、人と話すのが」

    女「……」

    男「僕が死んでから何年たっているのか、それはわかりません」

    男「ですが、少なく見積もっても五年は経過してるはずです」

    女「幽霊歴、けっこう長いんですね」

    男「ええ。でも、はじめてだったんですよ」

    男「僕が話しかけて、反応をしてくれたのは」

    男「しかも僕の姿が見えてるなんてね。奇跡かと思いましたよ」
    147: 名無しさん:2014/04/12(土)14:20:20 ID:

    女「奇跡、か」

    男「どうしました?」

    女「……誤解してほしくないから、先に言っておきます」

    女「わたしはあなたみたいな意味不明な人はきらいです」

    男「幽霊ですよ」

    女「うっさいです。男のくせにいちいち細かい」

    男「あっ、今のは問題発言ですよ!」

    女「話が進まないから、そういうのはいいです」

    女「ついでに言うと、わたしは気づかいというのができません」

    女「でも、あなたのことが少しだけかわいそうだと思いました」

    男「どうして?」

    女「あなたのことが見える人間、それがわたしだったから」
    148: 名無しさん:2014/04/12(土)14:25:43 ID:

    女「あなたが無類のおしゃべり好きだってことは、わたしでもわかります」

    男「続けてください」


    女「せっかく自分のことが見える人間が、わたしのようなろくでもない女で」

    女「……すこしだけ申し訳ないと思いました」

    女「どうせなら、もっと楽しい人と出会えたほうがよかったですよね?」


    男「……」

    女「言っておきますけど、すこしだけしか申し訳ないって思ってませんから」

    女「変な勘違いはしないでくださいね」

    男「……僕はあなたでよかったと思いますよ」

    女「なんです? 口説きにかかってるんですか? 素人のくせに生意気です」
    149: 名無しさん:2014/04/12(土)14:27:48 ID:
    だんだん女が可愛くなってる…!
    151: 名無しさん:2014/04/12(土)14:36:16 ID:

    男「あはは、言われたことありません?」

    女「なにをですか?」

    男「言動がきついって」

    女「……」

    男「考えこまなくても、こころあたりはたくさんあるんじゃないですか?」

    女「いいえ。あなたがはじめてです」

    男「嘘、ではなさそうですね」


    女「わたし、普段はそんなにしゃべらないんです」

    女「人と話すと、すごい疲れるっていうか」

    女「当たり障りのないことしか、言えないし、本音を話せる友達もいません」
    153: 名無しさん:2014/04/12(土)14:43:59 ID:

    女「あなたに話しかけられたときは、もうなんかすべてがどうでもよくて」

    女「こんなふうに、誰かにひどいこと言ったのは、たぶんはじめてです」

    女「話しかけてくれたのが、あなたでよかったかもしれません」


    男「え? もしかして僕を口説いてるんですか?」

    女「くたばれ」

    男「やだなあ、とっくに死んでますよお」

    女「……答えたくないなら、答えなくてけっこうです」

    男「ん?」

    女「あなたはどうやって死んだんですか?」

    男「ああ、自殺です」

    女「あなたが?」
    155: 名無しさん:2014/04/12(土)15:02:38 ID:

    男「意外ですか?」

    女「よくわかりません。続きを話してください」

    男「……実は僕も、このマンションの住人だったんですよ」

    女「まさか、ここで死んだんですか?」

    男「自分の部屋のベランダでね」

    女「飛び降りたんですか?」

    男「ちがいます。僕の住んでた階は、三階でしたので死ねない可能性があったんです」

    男「だから確実に死ぬために、首吊りをしたんですよ」

    女「首吊り……」

    男「飛び降りるより、首吊りのほうが確実なんですよ」

    男「ベランダから飛び降りるようにすれば、間違いなく死ねます」
    157: 名無しさん:2014/04/12(土)15:17:10 ID:
    すまん休憩させてくれ
    158: 名無しさん:2014/04/12(土)15:19:29 ID:
    うん!まってる
    159: 名無しさん:2014/04/12(土)15:20:36 ID:
    楽しいつづき待ってるけどゆっくり休んでくれ!!
    160: 名無しさん:2014/04/12(土)15:41:32 ID:
    >>157
    休憩して充電してください

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [珍事件]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。