スピリチュアル

スピ速

2chオカルト、死後の世界、ビックリ科学、スピリチュアルスレッドまとめブログ。怪談や都市伝説以外のノンフィクション寄り。

スピリチュアル

オカルト
怪奇!アンビリーバブル パーフェクトDVD-BOX 3 2ちゃんねるまとめ
2ちゃんねるまとめアンテナ

最新の記事

【宇宙】宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表 (11/18)  【科学】緑色に光るサル誕生 遺伝子改変で滋賀医大 (06/21)  【話題】赤ちゃんなのに髪フサフサ! ネットで人気者に (04/26)  死後の世界って夢の世界と同じなんじゃね? (03/29)  【反社会】twitter:香山リカ「(ネトウヨは)重力波に飲み込まれパラレルワールドに行っちゃったんですね!永遠に行ってらっしゃ~い! 」 (02/17)  【国際】未来を予測している? 90年前に描かれたロンドンのポスターがすごい (02/09)  【社会】本当にある「住んではいけない部屋」 映画「残穢」で描かれた“事故物件”の真相に迫る (02/03)  【科学】不妊治療に新たな光。動かない精子にモーターを取り付けて運ぶことに成功 (02/01)  【宇宙】太陽系に巨大な「第9番惑星」存在か 海王星の外側に…米工科大[H28/1/21] (01/21)  【スプートニク】天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する [H28/1/20] (01/20)  【AERA】タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15] (01/17)  東京地鳴り (01/14)  【ネタ】昼間から心霊現象多発!? 霊的にヤバい街ワースト3 (01/06)  【国際】聖母マリア出現の奇跡、世界中で2000回起きていた [H27/12/15] (12/17)  死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 (12/12)  アセンションってどうなった? (12/10)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (12/02)  お前らが実際に体験した怖いor不思議な体験書いてけ (11/24)  【話題】なんだこいつら……「へんないきもの」を集めた特別展、サンシャイン水族館で開催 (11/23)  【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見 (11/18)  【文化】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず… (11/17)  【国際】謎の遺跡「ストーンヘンジ」の秘密が次第に明らかに (11/16)  【話題】1歳半の男児が毒ヘビかみ殺す、口を血まみれにした姿で母親の前に。 (11/13)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (11/10)  ホーキング博士「死後の世界はない」 (10/27)  【資源】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 ~今中名誉教授によると、この方法なら電気代3円で100円相当の石油を作ることができます (10/14)  運気を上げる方法 (10/13)  【話題】「古代ローマは2000年前のアフリカにこれほどの都市を建設していた…」廃墟の写真に驚嘆の声 (10/09)  【宇宙】エイリアンが襲来し人類を滅ぼす?! ホーキング博士の警告に科学者騒然 (10/05)  世界初!“光るカメ”を南太平洋で発見!米研究チーム(画像アリ) (10/02)  【中国】中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… (09/30)  知ってた?ミジンコを正面からみた姿が怖いと話題に(画像アリ) (09/25)  【科学】極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究 (09/20)  【科学】爬虫類と哺乳類の中間動物「トリティロドン類」の化石、高校生が発見 福井 (09/17)  【科学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南アフリカ (09/15)  【科学】冥王星に砂丘? 無人探査機が捉える (09/11)  【箸休め】米国に「ゴジラ雲」が登場、本物そっくりで話題に (09/08)  静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている! (09/06)  珍スポ、不思議な場所、無名だけど凄い名所 (09/02)  【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (08/25)  天津の海で魚の大量死が見つかる (08/21)  【話題】科学者「この世はニセモノかもしれない」我々は完全にフェイクな世界で生きている可能性!!我々人類は、水槽で飼われている観賞魚のようなものなのだろうか......。 (08/19)  人生って8週でクリアなんだって (08/18)  【中国】中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インドメディア (08/07)  【生物】ウサギにしか見えない!可愛すぎる「ゴマフビロードウミウシ」が海外でも話題に (08/06)  【生物】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も (08/05)  【反応】エレベーターがビル最上階の天井を突き破り落下=中国ネット「ロケットかよ」 (08/04)  【ねずさんのひとりごと】日本人に正しく教えられていない縄文時代は、1万7000年ほど続いた途方もない長い時代であり、文明の一つ (08/03)  死の恐怖を克服する方法 (07/31)  【相談】庭に幽霊?が出て困っています (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

【宇宙】鉄はどこから来たのか? -X線天文衛星「すざく」が初めて明らかにした鉄大拡散時代-

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる 2013/11/12(火) 20:28:36
    1: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★:2013/10/31(木) 13:14:46.19 ID:

     X線天文衛星「すざく」を用いた観測により、スタンフォード大およびJAXAの研究者たちが、
    100億年以上前の太古に、鉄などの重元素が宇宙全体にばらまかれた時代があり、
    それが現在宇宙に存在するほとんどの重元素の起源であることを確認しました。
     鉄などの重元素は、宇宙の始まりであるビッグバンの時点では存在せず、星の中で合成されたのち、
    その星が最後に超新星爆発を起こすことで周辺の空間に拡散します。
    宇宙誕生から約30億年後(いまから約110億年前)に、星が大量に誕生し、
    星の大集団、銀河が沢山生まれたと考えられています。
    星々で生まれた重元素が銀河の外まで運ばれることは知られていましたが、
    この時代の重元素が銀河の中や近くにとどまっていたのか、
    あるいは銀河間空間をはるか遠方にまで大きく広がったのかについては知られていませんでした。
    全宇宙の鉄などの重元素の多くが生成されたこの時期、その重元素がどのように宇宙中に広がったのかを知ることは、
    すなわち、我々の身の回りの重元素がどこから来たのかを知ることに他なりません。
    110億年前の宇宙の重元素の分布を観測することはまだ難しいのですが、
    現在、我々の身の回りにある銀河の大集団、「銀河団」を観測し、個々の銀河の周辺や、
    銀河間空間の全体に大きく広がるガスの中の重元素の割合を調べれば、そのばらつき、
    特に銀河の分布との関係から、この疑問への手がかりが得られるはずです。
     スタンフォード大学カブリ素粒子宇宙論研究所(Kavli Institute for Particle Astrophysics and Cosmology)の
    ノロベルト・ウェルナー(Norbert Werner)研究員、
    JAXAインターナショナルトップヤングフェローのオーロラ・シミオネスク(Aurora Simionescu)研究員らからなる
    研究グループは、高い感度と分光性能を誇るX線天文衛星「すざく」を用いて
    ペルセウス座銀河団の広い範囲にわたって鉄の割合を調べ、そのばらつきが小さいことを発見しました。
    実際、得られたデータは、そのようなばらつきが全くないと考えて説明でき、銀河の分布と相関していません。
    1000万光年にも及ぶ広い範囲について鉄の割合がほぼ一様であることから、
    鉄のほとんどは、銀河団が形成された時代よりも前に、宇宙に大きく広がりよく混ざっていたと考えられます。
    銀河団の誕生は宇宙誕生から約40億年後(いまから約100億年前)だと考えられていますので、
    いまから100億年以上前に、鉄などの重元素が星々から大量にまき散らされ、宇宙中に拡散した時代があったこと、現在の宇宙に広がるほとんどの重元素はその時代にまき散らされたものであることが分かったのです。
     数多の星が生まれ、巨大ブラックホールが急成長したこの時代、星々から生み出された重元素は、
    銀河からの強い風に乗って宇宙中に拡散していたのです(図1)。

     今回の結果は「すざく」衛星を用いた「キープロジェクト」と呼ばれる、
    特別な大規模観測プログラムから得られました。
    我々の近傍にあるペルセウス座銀河団を、2週間にわたってかつてない精度で観測したことで、
    鉄の分布を精度よく知ることが初めて可能となったのです(図2)。
    今後「すざく」や、より高感度の次期X線天文衛星ASTRO-Hなどを用いて、
    他の銀河団でも同様な現象がみられるのか、
    さらには、複数の銀河団を含む大規模構造全体ではどうなのかなどを調査することで、
    重元素の生成とその拡散の歴史に関する理解がさらに進むものと期待されます。
     なお、この成果は英科学誌「ネイチャー」の2013年10月31日号に掲載されました。

    JAXA
    http://www.jaxa.jp/press/2013/10/20131031_suzaku_j.html
    図1:100-120億年前の宇宙の想像図。星が大量に生まれ、超新星爆発を起こして死んで行き、
    我々の周囲にある多くの重元素を作り出しました。
    同時期には、巨大ブラックホールもまた急成長しており、そこから強いジェットや風が吹いたと考えられます。
    超新星爆発とブラックホールのエネルギーは強力な風を生み、この風に乗って大量の重元素が宇宙中にばらまかれたのです。(画像提供:池下章裕)
    http://blog-imgs-62.fc2.com/s/o/r/sorepoi/0xoqk21x_wit.jpg
    図2:ペルセウス座銀河団の観測結果。
    「すざく」を用いて84回もの観測を行い、
    銀河団の東西南北の8方向について1000万光年にわたって鉄の分布を調べました。
    図で白/赤がX線で明るい所、緑/青が暗い所です。
    (From Urban et al. submitted to Monthly Notices of the Royal Astronomy Society)
    http://blog-imgs-62.fc2.com/s/o/r/sorepoi/4auvolka_u0e.jpg
    NATURE
    http://www.nature.com/nature/journal/v502/n7473/full/nature12646.html
    2: ◆SWAKITI9Dbwp @すわきちφφ ★:2013/10/31(木) 13:15:17.97 ID:

    (つづき)

     主著者のスタンフォード大学のノロベルト・ウェルナー研究員のコメント:
    「鉄の分布が驚くほど一様であることをはっきり示せたことで、
    はるかな昔に重元素を大規模にかき混ぜる時代があることが確認できました。」(図3)

     観測プロジェクト提案者の一人で共著者のJAXAインターナショナルトップヤングフェローシップの、
    オーロラ・シミオネスクのコメント:
    「我々の起源はとても古かったわけです。
    皆さんの血液にも含まれる鉄の中には、遥かな昔100億年も前に、100万光年の彼方で作られ、
    宇宙を旅して来たものも含まれていることになります。」

     観測プロジェクトのリーダー、スタンフォード大のスティーブ・アレン准教授のコメント:
    「「すざく」衛星の結果は、銀河団という宇宙最大の天体の成長の過程を知る貴重な手がかりを示してくれます。
    こうした観測は「すざく」や次世代のASTRO-H衛星などのX線衛星でしかなし得ません。」

     データ解析に参加したスタンフォード大の大学院生、オンドレイ・ウルバンさんのコメント:
    「沢山の重元素が銀河から吐き出され上に、
    広大な銀河間空間でほとんど均一に混ざりあうほどに強い風が吹いたということは、
    この時代の星生成とブラックホール成長によるエネルギー解放がいかに莫大であったかを示しています。」

     JAXAインターナショナルトップヤングフェローシッププログラムは、
    JAXAが2009年度より設けた研究員制度で、
    世界からJAXA 宇宙科学研究所で進めている宇宙科学の研究分野において卓越した能力と
    高い意欲を持つ若手研究者を宇宙科学研究所に招聘し、
    宇宙科学研究所を研究拠点として世界レベルの研究成果を創出することを目的としたプログラムです。

     「すざく」衛星は、2005年に日本が打ち上げたX線天文衛星であり、その開発にはNASAも協力しています。
    暗い放射を検出する感度にすぐれ、世界中に開かれた国際X線天文台として運用されています。
    本成果もその公募観測の中から生まれました。「すざく」は2013年現在も精力的に宇宙観測を続けています。

    図3:100-120億年前に、超新星爆発や急成長するブラックホールが生み出した強い風は、
    コーヒーカップのスプーンのように、銀河から溶け出した鉄を、宇宙中にかき混ぜたと考えられます。
    (画像提供:池下章裕/JAXA)
    http://blog-imgs-62.fc2.com/s/o/r/sorepoi/i3ezv2ff_yhe.jpg

    (おわり)
    4: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 13:36:50.74 ID:

    良い記事だ
    漠然と重金属は徐々に増えていったものだと思ってたよ
    5: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 13:48:51.19 ID:

    漫画イズミコみたいな画像だな
    6: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 14:04:27.89 ID:

    重粒子線・鉄・惑星間ウイルス
    7: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 14:09:53.37 ID:

    重元素生成が可能だったのは
    100億年前の宇宙状態だけなの?
    もうこれ以上、重元素はポコッと生まれてこないの?
    同じことを人間の手で出来ないのかね
    そうすりゃgoldも大量に作ってウハウハ
    14: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 15:19:38.38 ID:

    >>7

    今現在も作られてる。

    宇宙の鉄より重い元素の約半分はs過程っていう恒星内での元素合成で作られてる
    (但し最も重くてビスマスまで)。残りの半分は超新星爆発に伴うr過程で作られる。ウ
    ランとかトリウムなんかの重い放射性元素は殆どこのr過程で作られてる。
    81: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 15:13:00.82 ID:

    >>14

    高密度星同士の衝突もあるな
    73: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 12:39:30.52 ID:

    >>7

    生まれてるけど宇宙が大きくなりすぎてるから
    行き渡らず局所的に濃度をあげるくらいじゃないの。

    100億年前になら宇宙はずっと小さかっただろうし。
    110: 名無しのひみつ:2013/11/04(月) 07:20:38.19 ID:

    >>7

    今現在でも作られ続けている。恒星内部の核融合反応により、水素以外の原子が作られ続けている。
    まぁ、鉄が作られる頃には劇的な結末が待っているが。
    8: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 14:12:21.98 ID:

    星野之宣の宗像教授シリーズの行きつく先はこれか?
    10: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 14:15:56.19 ID:

    第一世代の恒星(巨大質量星)で作られたってことかな
    11: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 14:31:43.71 ID:

    あなた方は地上の☆ですよ
    12: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 14:51:46.72 ID:

    鉄はなんで核融合しないの?
    98: 名無しのひみつ:2013/11/02(土) 23:09:45.17 ID:

    >>12

    鉄より軽い元素は核融合でエネルギーを放ち、
    鉄より重い元素は核分裂でエネルギーを放出する。
    鉄は最終形態。
    122: 名無しのひみつ:2013/11/05(火) 09:38:06.84 ID:

    >>98

    両方とも放出するのかよw
    123: 名無しのひみつ:2013/11/05(火) 12:25:58.30 ID:

    >>122

    核融合も核分裂も放熱反応だろ。

    鉄以上の原子で核融合を行った場合が吸熱反応。
    124: 名無しのひみつ:2013/11/05(火) 14:48:01.47 ID:

    >>122

    そうだよ、
    核分裂はウランが分裂して熱出すし
    核融合は水素が融合して熱出す
    13: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 14:55:27.48 ID:

    体のカルシウムももともとは超新星からだろ。凄いな。
    15: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 15:22:41.69 ID:

    小質量の原子核は核融合を起こし、大質量の原子核は核分裂を起こす
    鉄はその中間にあり核融合も核分裂も起こさない最も安定した核を持つ
    32: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 18:42:22.04 ID:

    >>15

    超新星爆発は鉄を融合するのか?
    49: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 23:07:32.23 ID:

    >>32

    超新星爆発では膨大な量の中性子が発生するので、大量の中性子捕獲が短時間
    で行われ、その後崩等により多種多様な元素が生まれる。
    16: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 16:02:06.38 ID:

    鉄の起源は
    18: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 16:16:33.76 ID:

    >>16

    おばあはんとおじいはんだろ
    59: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 02:53:37.92 ID:

    >>18

    じゃあコテツの起源は?
    24: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 16:44:03.19 ID:

    >>16

    大質量星ではアルファ反応の最終段階の珪素燃焼反応で中心部でニッケル56
    が作られ、それが2回の陽電子崩壊を経て鉄56となる。

    s過程やr過程でも鉄は作られるとは思うけど珪素燃焼反応に比べれば恐らく少量。
    19: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 16:17:32.35 ID:

    へぇ
    錬金術が星の爆発なのか

    じゃあそれを人為的にやりゃー
    あうgetし放題
    23: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 16:43:17.78 ID:

    >>19

    そんな巨大質量エネルギーを管理運用できるテクノロジーがあったとしても
    金以外の物質も大量にできるからものすごく効率悪いぞ?
    そんな技術があるならむしろ副産物のエネルギーでウハウハしたほうがマシだぞ
    25: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 16:49:19.51 ID:

    >19
    金は大量にあるんだけど、流通すると価格が下がり困る人たちがいるから
    わざと流通させてないらしい
    28: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 17:05:03.74 ID:

    宇宙の写真は加工品とはいえ綺麗だなー
    29: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 17:35:32.11 ID:

    この話は1980年代に聞いた聞いたことがある
    30: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 17:52:10.80 ID:

    ビッグバン理論の根拠が聖書だということ
    31: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 18:24:39.76 ID:

    鉄は、比較的小さな太陽の内部でも水素が核融合の結果できるって聞いたけど・・・
    金ぐらいになると、とてつもなくでっかい星の超新星爆発の圧力がないとできないとか。
    33: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 18:51:30.47 ID:

    鉄原子は全元素の中で一番安定って話

    恒星の内部では水素原子から核融合反応で重い元素が作られていく。
    鉄までは核融合は発熱反応なのでエネルギーが放出される。
    しかし鉄原子は安定だからそれ以降は吸熱反応になり核融合はストップする。

    鉄がたまってくると恒星の中心核は圧縮されていくんだけど
    ある程度まで圧縮されると、こんどは反動で爆発が起きる。
    これが超新星爆発。

    超新星爆発ってのは途方もないエネルギーが放出されるので
    高速で原子がぶつかり合ってありえない核融合反応が一気に起きる。
    その時に作られるのが鉄以降の重金属元素。
    35: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 19:29:56.63 ID:

    大宇宙の鉄探し?
    俺のでよければ手伝ってやるぞ。
    36: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 19:30:11.42 ID:

    そんなに一様に存在してるのか。ロマンよなー。
    37: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 19:41:27.92 ID:

    すざくって頑張ってるんだな
    38: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 19:43:40.77 ID:

    100億年前に作られ宇宙にばらまかれた鉄が、時を経て撮り鉄や乗り鉄へと変成した訳か。
    39: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 19:50:31.15 ID:

    子供の頃プラネタリウムの恒星の展示がなぜか怖かったなあ
    宇宙は何か人に訴えかけるものがあるね
    42: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 20:54:35.32 ID:

    一様って・・・宇宙でできた惑星が
    火星との間にある小惑星帯みたいに
    粉々になって 宇宙に存在してる訳じゃなくて
    水素原子みたいに 原子として存在してるの?
    44: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 21:00:26.22 ID:

    まだ宇宙空間がそこまで膨張してなかった時代か
    45: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 21:14:54.68 ID:

    おれ来るところ見たよ

    大宮の博物館からカメラ持って出てきた
    46: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 21:31:22.22 ID:

    2005年打上げでまだ現役で活躍してるのか「すざく」は

    旧帝の院生の時、この人工衛星製作に関わってた身として
    感動しちゃうわ
    47: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 21:43:23.19 ID:

    そう考えると鉄ってすげえ希少金属だよな
    48: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 22:51:32.36 ID:

    その時代のでかいブラックホールは何処に行ったのやら、、、
    65: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 09:22:33.22 ID:

    >>48

    銀河の中心になってるんじゃね?
    50: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 23:11:48.82 ID:

    金属量が増えるほど恒星の質量小さくなっていくんだったよね。

    ごく初期の超大質量星は最初からブラックホール化したり
    いろいろだったみたいだけど、恒星質量が、大量の鉄を作って
    全て吹き飛ぶ対不安定型超新星にちょうど良いくらいになった時代が
    100億年前くらいだったってことなのかな
    51: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 23:16:51.34 ID:

    これは本当だとすると結構深い話でないか?

    どの銀河もほぼ同じ割合ってことは、100億年以降
    あまり鉄が増えていないか、増え方はどの銀河も同じってことになる。
    52: 名無しのひみつ:2013/10/31(木) 23:19:52.03 ID:

    >>51

    そういう話だよ
    「銀河団の形成時期はほぼ同じ」という理論のサポート
    58: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 02:28:34.89 ID:

    >>52

    まるで相転移でも起きたかのごとくってことかい?
    61: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 03:32:57.82 ID:

    100億年前より宇宙はスカスカになってるから、いま作られている量なんかとるに足らないくらいということ?
    これ実はかなり面白い研究結果なのかな
    62: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 05:51:46.54 ID:

    太陽の核融合反応ですら、せいぜい炭素程度の軽い元素しか生成出来ないって・・・

    鉄は元より、鉛や金になると中性子星の衝突くらいの衝撃エネルギーが必要と
    何かのシュミレーションをみた。

    BHになる手前の中性子星がぶつかる確率は天文学的数値だろうが、ビックバン時期の狭い
    エリアでの出来事なら納得も出来るなぁ
    68: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 10:17:57.17 ID:

    重力で固まったものを、わざわざ爆発で拡散させるって、
    宇宙ってわけ分からん
    70: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 11:23:22.28 ID:

    >>68

    天才発見
    71: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 12:03:38.76 ID:

    >>68

    知識もそうなのかな
    77: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 14:39:15.28 ID:

    >>68

    んで、超新星爆発で太陽の重力を振り切る速度を超えられない物質は
    また重力で集まって同じ事を繰り返すんだぜ?
    69: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 10:30:07.00 ID:

    宇宙全体の重さって一定なん?
    74: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 13:39:36.34 ID:

    >>69

    エネルギーは一定だろうけど、重さは一定じゃないんじゃない?
    光になったら重さは無くなるわけだし
    85: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 16:27:56.22 ID:

    >>74

    光自体は質量ゼロだが
    たくさん飛んでる光も何もかも含めた宇宙全体を系として考えると
    光のエネルギーは質量に寄与する
    86: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 18:16:54.71 ID:

    >>74
    宇宙全体の質量(エネルギー)の総和はプランク質量以内、つまりほぼゼロです
    物質や光やダークマター、ダークエネルギーなどの正のエネルギーと、
    宇宙膨張による負の重力エネルギーが釣り合っているからです

    エネルギー保存則は保たれていると言うことですね
    75: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 13:44:16.83 ID:

    ということは太陽って第二世代ではなくて、第三世代くらいの恒星なのかしら
    でも100億年以上前って濁してるからよくわからないってことか
    76: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 13:57:24.58 ID:

    たしか太陽は第三世代だったんじゃね

    第一世代は大質量星で寿命が短かった
    第二世代は赤色矮星などが生き残ってるはず
    80: 名無しのひみつ:2013/11/01(金) 14:45:22.15 ID:

    最終的には、核融合が起こらなくなるまで水素が使い果たされて
    有機物質である生物は生きていけなくなるのかな?
    99: 名無しのひみつ:2013/11/03(日) 00:00:26.82 ID:

    地球の中心核は鉄とニッケルがほとんどって話だが
    安定だから宇宙には鉄が多いのかな
    105: 名無しのひみつ:2013/11/03(日) 03:15:30.55 ID:

    宇宙がビックバン的な成長をすれば、おのずと高密度時に超大質量恒星が大量に発生してもおかしくない。
    砂鉄は、胃酸と相性が悪い。
    生成物で最悪死ぬかも。
    106: 名無しのひみつ:2013/11/03(日) 07:04:09.85 ID:

    第一世代が超々銀河団をつくり主に炭素以下をばら撒いた
    第二世代が超銀河団で鉄以下
    第三世代が銀河団で鉄以上
    第四世代が銀河系内星雲で超ウラン
    そして現在第五世代

    そう考えると生命の源をばらまいた第二世代ってのは鉄以上に一様ってことになるかな
    もう宇宙のどこを見てもイキモノだらけで気持ち悪い世界
    108: 名無しのひみつ:2013/11/03(日) 10:14:07.04 ID:

    >>106

    宇宙が膨張してるなら、
    世代が経つにつれて軽くなっていく気がするけど逆じゃないの?
    109: 名無しのひみつ:2013/11/04(月) 01:45:38.68 ID:

    >>108

    恒星内元素合成は鉄に収束するようになってるの。
    鉄以上の元素が作られる超高温と中性子密度の実現には、自然環境下では超新星爆発が必要なの。

    だから第一世代では軽い元素の割合が非常に大きくて、後の世代になるほど重い元素が増えてくる。
    わかった?
    113: 名無しのひみつ:2013/11/04(月) 11:04:01.32 ID:

    >>109

    ぜんぜん分からない
    せだいってなんだ?
    ソースはないの?
    116: 名無しのひみつ:2013/11/04(月) 16:03:48.15 ID:

    >>109

    基本的に超新星の規模は昔の方が大きかったので、
    だんだん生成量は減ってるのではないかと
    130: 名無しのひみつ:2013/11/05(火) 23:48:24.62 ID:

    >>106

    てことは、現在の生物はだいたい第1世代~第2世代の物質でできているわけだから
    あと数10億年すると重い元素が主体の生物とかできるかな?
    酸素の代わりに硫黄を使ってる生物はいるよね
    133: 名無しのひみつ:2013/11/06(水) 00:14:46.65 ID:

    >>130

    主体にはならないよ。
    そう気軽に出来ないので。
    134: 名無しのひみつ:2013/11/06(水) 00:31:06.75 ID:

    >>130

    生物には水が必須らしい
    水以外の物質で生物はムリ
    135: 名無しのひみつ:2013/11/06(水) 00:56:39.36 ID:

    >>134

    室温大気圧の地球での常識でしょ?
    137: 名無しのひみつ:2013/11/06(水) 07:21:07.33 ID:

    >>135

    違うぜ
    検索してみろ
    143: 名無しのひみつ:2013/11/10(日) 16:22:53.14 ID:

    鉄って宇宙規模でも普通に存在するんだね。
    なんか鉄さんがいとおしく感じるな。
    地球環境では鉄は直ぐ錆びてしまうので可哀想。

    ちなみに川崎の産業道路で買い取ってくれる今日の鉄相場は
    ¥7/kgでした。
    145: 名無しのひみつ:2013/11/10(日) 23:43:17.54 ID:

    >>143

    むしろ地球なんて宇宙に漂ってた燃えかすの集まりだから
    144: 名無しのひみつ:2013/11/10(日) 23:33:36.95 ID:

    宇宙規模で存在する鉄ってのは、元素としての鉄なので、化合物としての酸化鉄も含まれてるんだけどね。
    146: 名無しのひみつ:2013/11/11(月) 00:53:42.30 ID:

    なるほど、残りものには福があるわけか
    147: 名無しのひみつ:2013/11/11(月) 12:33:09.51 ID:

    考えてみれば第一世代の恒星を回っていたのはガス惑星だけだったんだな。
    第一世代の恒星が崩壊しない限り水素、ヘリウム以外の
    元素は惑星になるほどの量は手に入らないんだから。

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [宇宙]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。