スピリチュアル

スピ速

2chオカルト、死後の世界、ビックリ科学、スピリチュアルスレッドまとめブログ。怪談や都市伝説以外のノンフィクション寄り。

スピリチュアル

オカルト
怪奇!アンビリーバブル パーフェクトDVD-BOX 3 2ちゃんねるまとめ
2ちゃんねるまとめアンテナ

最新の記事

【宇宙】宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表 (11/18)  【科学】緑色に光るサル誕生 遺伝子改変で滋賀医大 (06/21)  【話題】赤ちゃんなのに髪フサフサ! ネットで人気者に (04/26)  死後の世界って夢の世界と同じなんじゃね? (03/29)  【反社会】twitter:香山リカ「(ネトウヨは)重力波に飲み込まれパラレルワールドに行っちゃったんですね!永遠に行ってらっしゃ~い! 」 (02/17)  【国際】未来を予測している? 90年前に描かれたロンドンのポスターがすごい (02/09)  【社会】本当にある「住んではいけない部屋」 映画「残穢」で描かれた“事故物件”の真相に迫る (02/03)  【科学】不妊治療に新たな光。動かない精子にモーターを取り付けて運ぶことに成功 (02/01)  【宇宙】太陽系に巨大な「第9番惑星」存在か 海王星の外側に…米工科大[H28/1/21] (01/21)  【スプートニク】天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する [H28/1/20] (01/20)  【AERA】タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15] (01/17)  東京地鳴り (01/14)  【ネタ】昼間から心霊現象多発!? 霊的にヤバい街ワースト3 (01/06)  【国際】聖母マリア出現の奇跡、世界中で2000回起きていた [H27/12/15] (12/17)  死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 (12/12)  アセンションってどうなった? (12/10)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (12/02)  お前らが実際に体験した怖いor不思議な体験書いてけ (11/24)  【話題】なんだこいつら……「へんないきもの」を集めた特別展、サンシャイン水族館で開催 (11/23)  【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見 (11/18)  【文化】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず… (11/17)  【国際】謎の遺跡「ストーンヘンジ」の秘密が次第に明らかに (11/16)  【話題】1歳半の男児が毒ヘビかみ殺す、口を血まみれにした姿で母親の前に。 (11/13)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (11/10)  ホーキング博士「死後の世界はない」 (10/27)  【資源】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 ~今中名誉教授によると、この方法なら電気代3円で100円相当の石油を作ることができます (10/14)  運気を上げる方法 (10/13)  【話題】「古代ローマは2000年前のアフリカにこれほどの都市を建設していた…」廃墟の写真に驚嘆の声 (10/09)  【宇宙】エイリアンが襲来し人類を滅ぼす?! ホーキング博士の警告に科学者騒然 (10/05)  世界初!“光るカメ”を南太平洋で発見!米研究チーム(画像アリ) (10/02)  【中国】中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… (09/30)  知ってた?ミジンコを正面からみた姿が怖いと話題に(画像アリ) (09/25)  【科学】極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究 (09/20)  【科学】爬虫類と哺乳類の中間動物「トリティロドン類」の化石、高校生が発見 福井 (09/17)  【科学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南アフリカ (09/15)  【科学】冥王星に砂丘? 無人探査機が捉える (09/11)  【箸休め】米国に「ゴジラ雲」が登場、本物そっくりで話題に (09/08)  静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている! (09/06)  珍スポ、不思議な場所、無名だけど凄い名所 (09/02)  【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (08/25)  天津の海で魚の大量死が見つかる (08/21)  【話題】科学者「この世はニセモノかもしれない」我々は完全にフェイクな世界で生きている可能性!!我々人類は、水槽で飼われている観賞魚のようなものなのだろうか......。 (08/19)  人生って8週でクリアなんだって (08/18)  【中国】中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インドメディア (08/07)  【生物】ウサギにしか見えない!可愛すぎる「ゴマフビロードウミウシ」が海外でも話題に (08/06)  【生物】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も (08/05)  【反応】エレベーターがビル最上階の天井を突き破り落下=中国ネット「ロケットかよ」 (08/04)  【ねずさんのひとりごと】日本人に正しく教えられていない縄文時代は、1万7000年ほど続いた途方もない長い時代であり、文明の一つ (08/03)  死の恐怖を克服する方法 (07/31)  【相談】庭に幽霊?が出て困っています (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

後味の悪い話 その133

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる 2012/08/20(月) 00:22:15
    1: 本当にあった怖い名無し:2012/08/15(水) 18:00:38.53 ID:

    ■注意■
    ・ネタバレ必須です。 既出上等。
    ・知らない人にも内容がわかるように紹介して下さい。(>>5
    あたり参照)
    ・ageよりsage進行でおながいします。
    ・映画や小説、漫画、ネットの噂などのネタやコピぺも可です。
    ・1回で投稿しきれない長文は、投稿前にメモ帳でぜんぶの文章を書き終えてから、連続投稿してください。
    ・漫画ネタを見たくない人は「漫画」「まんが」「マンガ」「アニメ」をNGワード登録しておくと快適にご覧いただけます。

    聞いた後に何となく嫌な気分になったり、切なくてやりきれない夜をすごしてしまったり、
    不安に駆られたり、体中がむず痒くなるような話を語り合うスレです。

    ★重要!
    【次スレは>>950
    を踏んだ人が立てて下さい。】
     ※>>950
    が立てられない場合は早めに申告して下さい。
      次スレが無いのに埋める荒らしが居るため、スレ立ては最優先でお願いします。
      >>950
    を超えたらネタの投下は次スレまで待つぐらいが良いでしょう

    前スレ:後味の悪い話 その132
    http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1341378516/
    2: 本当にあった怖い名無し:2012/08/15(水) 18:00:53.42 ID:

    ネタの書き込みの悪い例
    -----------------------------------------------

    マウントスノーの村が後味悪い。老人は酔った勢いで口を滑らせただけなのに、
    50年間たっても許されない。

    でも主人公たちが頼んだら許してくれて、よかった・・・と思ったら老人は
    若返らず、友達や知り合いにも、あの爺さん誰?とか言われてる。
    しかも女王は「自分だけ50年の歳月が流れている。それが本当の罰です」とか
    言ってるし。じゃあ今までのは罰じゃないのかよ! と・・・orz
    6: 本当にあった怖い名無し:2012/08/15(水) 23:41:10.22 ID:

    拷問の歴史の中で最も古いと言われているのが、「毒蛇にかませる」というものだ。

    犯罪者を穴に入れ、そこに毒蛇を大量に流し込み、噛ませる。

    毒蛇に噛まれた犯罪者は意識がもうろうとなりながら死に至るのだ。

    他には「ゾウの踏みつけ」という方法がある。
    9: 本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 11:31:46.11 ID:

    漫画『ベルセルク』ロストチルドレンの章に出てくるおとぎ話

    ある村に、赤い眼ととがった耳の少年がいました
    少年はその眼と耳のせいでいつも村の子供達からいじめられていた
    そんな少年に両親はとても優しかったが、少年はこう思いました
    「ここは僕の家じゃない。この人達は僕の本当の親じゃない」
    なぜなら少年のお父さんもお母さんも、村の人間の中には誰一人として、少年のように赤い眼やとんがり耳のものは居なかったから

    ある夜、少年は親に黙って家を抜け出す
    自分の本当の両親を、自分の本当の住むべき世界を探しに
    大人達が決して近づいてはいけないと言う妖精達が住む森へと一人入っていきました

    そして少年は森の奥深くで妖精達を見つけます
    妖精達の赤い眼。とんがり耳。それはまさしく少年と同じものだった
    でも、喜びいさむ少年に妖精達はこう言います
    「お前は私達の仲間ではない」
    昔、人間の男女が病気で死にかけた赤ん坊を連れて森の奥へとやって来た
    男女は必死に願う「この子を救う為に、村の掟を破りこの森に入りました。この子は私達の命です。どうかお救い下さい」
    その願いを聞き入れ、妖精達は赤ん坊に魔法をかけた
    赤ん坊の命は救われたが、そのかわり、その子の姿は半分妖精に似たものになってしまう
    それでも男女は涙を流して喜んだ

    その話を聞いた少年は大慌てでもと来た道を泣きながら駆け出した

    しかし不思議な事に、森ではほんの一瞬過ごしただけなのに、村では100年もの歳月が流れてしまっていた
    誰一人知る者の居なくなってしまった村と、人間の住む事の許されない妖精の森との狭間で、仲間はずれの少年は泣き続けた
    赤い眼をもっと赤く腫らして
    10: 本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 19:07:13.77 ID:

    >>9

    文章うまいね!
    11: 本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 20:44:23.89 ID:

    昔テレビで、
    いろいろなビデオを流し、その中でうけたものに賞を、みたいなのをやっていて。
    豹に追いかけられているインパラが、木の間を器用にすり抜けて逃げ続けていたけど、
    最終的に、木に衝突し吹っ飛んで倒れた。
    すると、スタジオゲスト全員が、アニメみたいだって大笑いで大うけ。
    最終的に、そのビデオが賞を取って、そのビデオを流しながら大笑いのBGM。
    14: 本当にあった怖い名無し:2012/08/16(木) 22:36:31.26 ID:

    タイトル忘れたけど日本昔話から。

    山奥に一人暮らしをしている主人公は山奥の崖に生えてる茸か何かを取りに行くのが日課だった。
    もう何年も繰り返しているので縄を使って崖を下りるのもすっかり慣れっこ。
    ある日いつも通り茸を取りに行った主人公は岩に縄を括り付けて崖で茸収穫をしていたが、
    ちょっと疲れてきたのでひと1人分程度の出っ張りに降りて一休みしていた。
    山の景色を堪能しながら持ってきていたおにぎりを頬張り さて、戻るか と上を見あげると、何とさっきまで頭上にあった筈の縄が無い。
    慌てて立ち上がって確認してみたところ、縄はあることにはあったが手を伸ばしても届かない遥か上にその先端が見えた。
    主人公の体重を支えて伸びきっていた縄が休憩中の時間とともに縮んで短くなってしまったのだった。
    狭い足元に気をつけながら手を伸ばすがどうにも届かない。有り得ない凡ミスに主人公は頭を抱える。
    そうだ、山の向こうには人が通る道がある、助けを呼べば誰か気付いてくれるかもしれない!
    そんな一筋の希望を頼りに助けを呼ぶ主人公だったが山の向こうの道に声が届く頃には獣の叫びの様な音が響くだけだった。
    数日間ひと1人がようやく座れるようなスペースで叫び続けた主人公は体力にも精神にもすっかり限界がきており、
    その頃には山奥から得体の知れない化け物の声が聞こえるという噂で山道にも人が訪れなくなっていた。
    そして主人公は上空を舞う鳥に導かれるように目の前に広がる大自然にその身を投じたのでした。
    めでたしめでたし。

    っていう話。
    日本昔話って割と救いの無い話多いよね。
    42: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 23:02:07.41 ID:

    >>14

    もしかしたら実話に基づいたものかもしれないね
    だから今後そういう人が出ないよう
    気を引き締める意味でも語り継がれたんじゃないかと予想

    凡ミスでトイレに閉じ込められて死にかけた人とか
    人間はありえないミスをする生き物だし
    44: 本当にあった怖い名無し:2012/08/18(土) 01:19:17.54 ID:

    >>42

    きっさく落としは大分県で語り継がれてる昔話らしい
    あそこは山がたくさんあるし、本当にあったのかもね
    26: 1/2:2012/08/17(金) 10:23:53.07 ID:

    私が個人的に後味が悪いだけかもしれない。
    可愛い系のレディースコミックに載ってた話。

    主人公は結婚間近のOL。ホテルウェディングの為、憧れの高級ホテルへ下見に行く。
    たまたま一人になった時に、ホテルの支配人(なんか美形)に声をかけられキスされてしまう。

    主人公はキスされたことに怒り、あんなホテルでの結婚式はやめよう!と決意する。
    しかし、気のいい婚約者は「いい日取りがあったから、あのホテルで式の予約しちゃったよ。君も憧れのホテルで挙げられて嬉しいよね?」とニコニコ。「キスされた」と告白するタイミングを失ってしまった主人公は、それを黙って受け入れるしかない。

    主人公の婚約者はさわやかで気のいい好青年。社長の息子で、今は専務に昇格するため修行の真っ最中で忙しい。それでも出張に行った折には「前に好きだって言ってたよね?」とお土産を買ってきてくれる、気遣いを忘れない優しい性格の人だ。
    主人公は婚約者には満足をしているものの、今までつきあった人が婚約者ひとり、という自分の男性遍歴に少し不満を抱いている。
    27: 2/2:2012/08/17(金) 10:24:43.03 ID:

    結婚式の打ち合わせにホテルに行くたび、支配人にちょっかいをかけられる主人公。
    嫌よ嫌よも好きのうち。多忙の婚約者がいない間に、だまし討ちのようなやり方でホテルの一室に軟禁され、関係を結ぶ。

    そんなこんなで結婚式の日を迎える主人公。鏡にうつったウェディングドレスの自分を見つめ、このままでいいのか…と泣きだしてしまう。
    家族や婚約者は「幸せだから泣くんだね☆」とポジティブに勘違い。

    そこにやってきた支配人。「あなたの涙を止められるのは僕だけです」と気障なセリフを吐きながら、駆け寄ってきた主人公を抱き上げ、その場を走り去る。二人の笑顔のアップでEND。


    婚約者が欠点ひとつなく、主人公を思いやるいい人なのに捨てられることとか、
    「ホテル支配人が花嫁を監禁&強姦、おまけに結婚式まで台無しにするってどういうことだよ! 損害賠償いくらくらいになるんだ? 今後このホテルやってけるのかよ!」とか、
    主人公と支配人の今後について悪い想像しかできないこととか、
    今まで読んできたアタマお花畑系の漫画の中でも一番後味悪かった。
    30: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 11:52:28.32 ID:

    >可愛い系のレディースコミックに載ってた話。
    それはエロゲで後味悪いと言うのと一緒ではないか。
    普通の少女漫画ならわかるけどさ。
    32: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 12:37:58.66 ID:

    >>30

    書き方が悪かったけど、少女漫画より上の年齢層が読むあたりの漫画だったんだ。
    いかがわしい系のレディコミ雑誌じゃなくて、「のだめ」とか「サプリ」とか、そういうまともな漫画が載ってる雑誌だった。
    だから、ものくそ頭の悪いストーリーが載っててびっくりしたの。
    33: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 12:59:45.11 ID:

    はっきり言ってレディースコミック(ババアが読む系)の読み切りは胸糞が多い。
    大抵男が地位持ちか金持ちってパターンばっかり。
    最初はしがないサラリーマン、、かと思いきや実は御曹司!
    とか、冴えないオタク、、かと思いきや実は大学教授!
    ってパターンが多くて、年増に優しく都合良すぎる話が多い。

    かんかん橋を渡ってっていう嫁姑バトルから町の黒幕退治に発展するの書いてる
    人のでちょっと意味不明で怖いのがあった。
    考察希望も兼ねて、書きます。
    34: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 13:16:32.39 ID:

    牛の首

    主人公は女子高生なんだけど、何かが頭上に浮いてる気がして、
    それが恐ろしくて、俯き、猫背になりながら、ビクビクした毎日を過ごしてる。
    周りに頭上に何かないか聞くんだけど周りには見えない。

    「なんかあいつ自意識過剰じゃね?」
    「注目されたいからあーいうこと言うんだろ」
    と仲間内でもバカにされてる。
    描写としてはずっと頭上に牛の首(可愛いとは言えない生首で
    目がロンパっててヨダレを垂らしてる)が浮いている。

    ある時、友人達が主人公をからかおうと、主人公の頭上を指差し、
    「何、、それ、、!」
    「おい!お前!何だよそれ!」
    とさも何か恐ろしい物があるような素ぶりをしてみる。
    その反応から、主人公はついに自分の頭上を見上げる。
    「、、なあんだ、ただの牛の首じゃない、、」
    次の瞬間、頭上の牛の首が落下し、主人公の頭が潰れる。

    後日、、
    うってかわって明るくなった主人公。
    「みんなオハヨー!!」
    主人公の首から上には禍々しく牛の顔がついている。
    「あの子変わったよねー。女らしくなったっていうか」
    「可愛くなったよなあー。俺実は結構最近気になるんだよね。」
    などと、主人公の噂をする友人達。
    その中で一人黙って苦笑いする女の子の頭の上に、今度はヤギの首が浮いている。
    終わり
    36: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 13:51:05.78 ID:

    >>34

    考察するなら、牛の首は「大人」の象徴。
    主人公は大人になるのを恐れていたが、真正面から見上げてしまうことによって、「人間(子ども)」の自分が潰され、「牛(女)」になる。
    ヤギは次の成長へのステップ(性の象徴?)を暗喩している。

    みたいなことになるんだろうけどコエーな!意味分かんなくて面白そう!
    A5判のホラーとかレディコミはこういうわけがわからない漫画が載ってて面白いよね。
    37: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 16:15:13.53 ID:

    >>36

    本当に怖いんだよー。
    頭が結構リアルにぐちゃっと潰れるとことか、最後のロンパリ牛の首女とか。

    多分考察はそんな感じになるんだろうけど、こんな書き方しなくても、、
    って感じに仕上がってた。
    主人公は牛=爆乳(周りからは胸が大きいの気にして猫背と思われてた)
    って感じだったのでヤギ=???が一番の謎。
    因みに最後の子は微乳。
    39: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 18:29:32.67 ID:

    >>37

    最後の子は痩せぎすとか?
    54: 本当にあった怖い名無し:2012/08/18(土) 13:26:48.53 ID:

    >>37

    ヤギは悪魔の象徴でもあるから、ちやほやされはじめた「牛」に嫉妬して「山羊(悪魔)」になるということの暗示かも。
    主人公が「牛」を恐れてたのに、いきなり降ってきたそれに頭を潰され「牛」になってしまうということは、「山羊」もおそらく……と考えると怖い。
    けど分かる気もする。女性の作家さんかな。
    55: 本当にあった怖い名無し:2012/08/18(土) 14:37:15.80 ID:

    >>54

    なるほど!それはわかりやすいかも

    でも男の作家なんですこの人、、女のドロドロばっかり描いてる
    35: 本当にあった怖い名無し:2012/08/17(金) 13:20:07.24 ID:

    因みにホラー漫画ではなく、思春期が起こす摩訶不思議な現象?
    みたいなコピーが載ってた。
    表現が気持ち悪すぎて意味不明だった。
    実家に行けば切り抜きがあるかも、、
    64: 1/2:2012/08/19(日) 00:42:59.79 ID:

    都筑道夫の短編「風見鶏」

    ノブオ(仮名)は児童向け教材のしがないセールスマン。
    遠縁の町工場経営者の厚意で、家賃無料で工場の宿直室に寝泊まりさせてもらっている。
    ある時、見知らぬ若い女から電話が来る。
    女は民家の二階に監禁されていて、見張りの中年女の入浴中に適当な番号を回しているという。
    (昭和4~50年代の作品。電話はダイヤル式が普通だった)

    「よかった、ちゃんとお話してくれたのはあなただけ。みんなイタズラ電話だと思ってるの」
    「おばさんはとてもおっかない人なの、わたしが勝手に下に降りると折檻するの」
    「玄関には鍵がかかっているの、開けかたがわからないの。おばさんが服を着せてくれないから、わたしはいつも裸なの」

    見知らぬ女は毎晩、電話を掛けてくるようになった。
    話すうちに、女はまだ若く、知恵遅れで自分の名前もわからず、おそらく美しいことがわかる。
    そして、「おばさん」に監禁され、売春を強いられているらしいこともわかり、ノブオは女を救い出すことを決意する。
    65: 2/2:2012/08/19(日) 00:44:17.94 ID:

    ノブオはセールスマンなのだ、東京中を歩き回ればいい。
    女との会話で、風見鶏のある尖塔を持つ建物が近くにあることがわかった。
    女は、ノブオに見つけてもらう目印に、星型に切った折り紙を窓に幾つも貼ることを約束した。

    ある日、ノブオはついにそれらしい住宅を見つけた。
    ありふれた二階家で、窓には折り紙のカラフルな星が何枚も貼ってある。近くには風見鶏を戴いた尖塔つきの建物もある。
    近所でそれとなく聞き込むと、その家には陰気な、近所付き合いもしない中年女が一人で住んでいるという。

    ノブオは勢い込んで交番に行くが、ガラス戸に映った自分の姿、すなわち貧相で目つきの悪いキモブサ中年男の姿を見て卑屈な笑みを浮かべる。
    「すんませんお巡りさん、一番近い国電の駅ってどこですかね?」

    今夜も女は電話を掛けてきた。ノブオは精一杯若やいだ声を出すのだった。
    「今日は○○区の××町を廻ったよ、明日は●●町を廻ってみる。必ず僕が助けてあげるから、耐えるんだよ」
    66: 本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 00:59:08.76 ID:

    女の妄想かと思ったらそういうオチか。後味悪い
    68: 本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 01:39:33.01 ID:

    そうなの?てっきりノブオ同様女の方も「自分」を偽って「中年女に監禁されてる憐れな女」を演じて
    電話をかけている事に気づいたからノブオも会うことをやめたって風に思ってた。
    70: 本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 11:57:35.43 ID:

    >>68

    原作を直接読んでないから断言できないけど、そういう解釈も出来るような書き方してあるんじゃないかな。
    そんな女は本当にいるのか?中年女の二役では?ノブオは行かなくて正解?でも本当かもしれないし・・・
    と、読者が読んだあとにモヤモヤするのを狙ってるんじゃ。
    74: 本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 21:01:07.26 ID:

    カイルロッドは亡国の王子
    国の住人は王も含めて皆して石に変えられる呪いを魔導師に掛けられてしまう
    呪いを解くためにナンだかわからない強いオッサンと魔導師を倒す旅に出る
    オッサンに闘い方を教わったり、敵やら災難やらを乗り越えて少しずつ成長していく
    その途中探し物をしてるという少女ミランシャに出会う

    ミランシャは決して美少女というわけではないのだが、活発で明るく優しく、酔うと脱ぎだしたりと愛らしい少女
    陰鬱なはずの旅も彼女のおかげで救われる
    実際カイルロッドは旅の途中で何度も辛い目に会うけど、彼女の明るさに助けられる
    でも決してミランシャに恋心を抱くまでにはいかない微妙な感じが続く

    ミランシャの探し物なのだが、それを彼女に聞いても「今わ言えない」と言うだけ
    まるで探し物について何も考えてないかのよう
    探し物を見つけるためにカイルロッドたちと共に旅を続けてるはずなのだが・・・・・・・・
    75: 本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 21:05:34.75 ID:

    そんなこんなで旅を続けるのだが突然オッサンだけ旅から抜けることになる
    ミランシャと二人で旅を続けることになるのだが、そうするとミランシャが今まで語ってこなかった自分のことを
    少しづつ語るようになっていく
    ミランシャが探してる物は実はある人物であることその人物がとても大切な人だということ
    カイルロッドは不思議に思いながらも、そんなミランシャに女性として魅力を感じるようになっていく

    そして魔導師のいる山にたどり着き、決戦になるのだが
    そこでミランシャの秘密が露になる
    ミランシャは魔導師が作り出した人工人間だった
    別にミランシャに監視させるとかそんなんではなく、ただ単に遊びとして作り出しカイルロッドに接近させた
    もしカイルロッドが自分の元にやってきたときミランシャをいたぶって反応を楽しむために・・・・・・・
    ミランシャは必死にそのことを否定するのだが
    「ならお前が探していた者とは何者なのだ?」と嘲笑う魔導師
    それに答えることが出来ずに全てを覚り心が崩壊してしまうミランシャ
    カイルロッドは必死になってミランシャに手を伸ばし「僕がいる!!」(だったっけ?よくおぼえてない)
    と自分の気持ちを伝えようとする寸前に、ミランシャが崩れて消えてしまう

    魔導師は嘲笑い今度はカイルロッドを殺そうとするのだが
    ミランシャの消失(死)によって本当に力に目覚め魔導師を圧倒する
    その力で命乞いをする魔導師をいたぶり続け拷問のような攻撃を続け殺す
    戦いが終わり山に呆然と立ち尽くすカイルロッドに魔導師の妻がやって来て告げる
    魔導師に対する残虐な殺し方に「あなたもムルト(魔導師)と同じよ」と
    その言葉にカイルロッドも心が崩壊してしまう・・・・・・・・・・・・

    ンな感じだったかな?
    うろ覚えだからわかり辛くてすまん
    このあと何とか立ち直って、オッサンと再開したり(オッサンはある国の凄い偉い人だった)
    魔導師を使役していた「あの方」と刺し違えてカイルロッドも消滅するんだけどね
     
    78: 本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 23:41:10.52 ID:

    >>75

    あの方って誰よ?

    後味悪!
    76: 本当にあった怖い名無し:2012/08/19(日) 21:23:04.74 ID:

    カイルロッドは初期のお気楽展開(くしゃみすると馬になるとか)から
    シリアスになったのが、どういう心境の変化かといぶかしく思ったな。
    ラストがきれいにまとまってたのは同意。

    星の大地は、大地震から人々を救おうとする試みがことごとく潰えて
    主人公以外みんな壊滅という結末だったか。
    こちらのラストは、傷ついた体を引きずり歩むる主人公、背後には地上を焦がす紅蓮の炎、
    ふと足を止め見上げた空は覆わんばかりの暗黒で、風が主人公の足跡を吹き消していく。
    あとがきで、「この話はこれで終わり、外伝も続編もありません」とも書いていましたね。

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [忘れられない事]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。