スピリチュアル

スピ速

2chオカルト、死後の世界、ビックリ科学、スピリチュアルスレッドまとめブログ。怪談や都市伝説以外のノンフィクション寄り。

スピリチュアル

オカルト
怪奇!アンビリーバブル パーフェクトDVD-BOX 3 2ちゃんねるまとめ
2ちゃんねるまとめアンテナ

最新の記事

【宇宙】宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表 (11/18)  【科学】緑色に光るサル誕生 遺伝子改変で滋賀医大 (06/21)  【話題】赤ちゃんなのに髪フサフサ! ネットで人気者に (04/26)  死後の世界って夢の世界と同じなんじゃね? (03/29)  【反社会】twitter:香山リカ「(ネトウヨは)重力波に飲み込まれパラレルワールドに行っちゃったんですね!永遠に行ってらっしゃ~い! 」 (02/17)  【国際】未来を予測している? 90年前に描かれたロンドンのポスターがすごい (02/09)  【社会】本当にある「住んではいけない部屋」 映画「残穢」で描かれた“事故物件”の真相に迫る (02/03)  【科学】不妊治療に新たな光。動かない精子にモーターを取り付けて運ぶことに成功 (02/01)  【宇宙】太陽系に巨大な「第9番惑星」存在か 海王星の外側に…米工科大[H28/1/21] (01/21)  【スプートニク】天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する [H28/1/20] (01/20)  【AERA】タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15] (01/17)  東京地鳴り (01/14)  【ネタ】昼間から心霊現象多発!? 霊的にヤバい街ワースト3 (01/06)  【国際】聖母マリア出現の奇跡、世界中で2000回起きていた [H27/12/15] (12/17)  死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 (12/12)  アセンションってどうなった? (12/10)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (12/02)  お前らが実際に体験した怖いor不思議な体験書いてけ (11/24)  【話題】なんだこいつら……「へんないきもの」を集めた特別展、サンシャイン水族館で開催 (11/23)  【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見 (11/18)  【文化】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず… (11/17)  【国際】謎の遺跡「ストーンヘンジ」の秘密が次第に明らかに (11/16)  【話題】1歳半の男児が毒ヘビかみ殺す、口を血まみれにした姿で母親の前に。 (11/13)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (11/10)  ホーキング博士「死後の世界はない」 (10/27)  【資源】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 ~今中名誉教授によると、この方法なら電気代3円で100円相当の石油を作ることができます (10/14)  運気を上げる方法 (10/13)  【話題】「古代ローマは2000年前のアフリカにこれほどの都市を建設していた…」廃墟の写真に驚嘆の声 (10/09)  【宇宙】エイリアンが襲来し人類を滅ぼす?! ホーキング博士の警告に科学者騒然 (10/05)  世界初!“光るカメ”を南太平洋で発見!米研究チーム(画像アリ) (10/02)  【中国】中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… (09/30)  知ってた?ミジンコを正面からみた姿が怖いと話題に(画像アリ) (09/25)  【科学】極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究 (09/20)  【科学】爬虫類と哺乳類の中間動物「トリティロドン類」の化石、高校生が発見 福井 (09/17)  【科学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南アフリカ (09/15)  【科学】冥王星に砂丘? 無人探査機が捉える (09/11)  【箸休め】米国に「ゴジラ雲」が登場、本物そっくりで話題に (09/08)  静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている! (09/06)  珍スポ、不思議な場所、無名だけど凄い名所 (09/02)  【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (08/25)  天津の海で魚の大量死が見つかる (08/21)  【話題】科学者「この世はニセモノかもしれない」我々は完全にフェイクな世界で生きている可能性!!我々人類は、水槽で飼われている観賞魚のようなものなのだろうか......。 (08/19)  人生って8週でクリアなんだって (08/18)  【中国】中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インドメディア (08/07)  【生物】ウサギにしか見えない!可愛すぎる「ゴマフビロードウミウシ」が海外でも話題に (08/06)  【生物】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も (08/05)  【反応】エレベーターがビル最上階の天井を突き破り落下=中国ネット「ロケットかよ」 (08/04)  【ねずさんのひとりごと】日本人に正しく教えられていない縄文時代は、1万7000年ほど続いた途方もない長い時代であり、文明の一つ (08/03)  死の恐怖を克服する方法 (07/31)  【相談】庭に幽霊?が出て困っています (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

【生物】北大、ダーウィン以来のなぜ働き蜂は自分で子を産まないのかという謎を解明

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる 2012/08/05(日) 08:50:22
    1: ● ◆SWAKITIxxM @すわきちφφ ★:2012/07/09(月) 23:49:55.15 ID:

    北海道大学(北大)は7月4日、社会を作るメスと単独で巣作りするメスが共存する
    「シオカワコハナバチ」で調べたところ、複数のメス(働き蜂)が協力すると幼虫の生存率が大幅に上昇し、
    働き蜂たちは自分の母親(女王蜂)を経由して、単独のメスよりも多く、
    自分のものに近い間接的な遺伝子を弟や妹蜂を経由して残せる確率が高いことが確認され、
    結果として協力の大きな利益により各個体が得をするので、社会が維持されることが明らかになったと発表した。

    成果は、北大農学院・博士課程2年の八木議大氏、同農学研究院の長谷川英祐准教授らの
    研究グループによるもの。
    研究の詳細な内容は、日本時間7月4日付けで「Nature Communications」に掲載された。

    進化生物学の開祖ダーウィンの自然選択説は、残す子供の数がより多くなる性質が進化することを予測している。
    しかしダーウィンは、社会を作る蜂や蟻のワーカーに見られる、自分で子を産まず女王のために働くという性質が、
    自らの子を産まないにも関わらず、なぜ自然選択により進化できたのかわからない、という疑問を残して世を去った。

    この疑問に対して、1964年にW.D.ハミルトンは、社会を作ると自分で子を産まなくても母親である女王の残す
    子供の数が増え、母親経由で弟妹に伝わるワーカーの遺伝子量が増えるからだという
    理論的な説明を与えているが、以来50年を経ようとする今も、実際の蜂・蟻で証明されたことはない。

    この問題は、ヒトの社会にまで共通する社会システムの進化機構の重要な未解明問題として、
    長い間検証が待たれていた。

    シオカワコハナバチは、ごく一部のメスが単独で巣作りすることを利用して、
    単独のメスと協力するメスの次世代への遺伝子伝達量を測って直接比較することが可能だ。
    そこで長谷川教授らは、シオカワコハナバチを用いて上記仮説の検証を行った。

    実験の結果、複数のメスが協力する巣では、幼虫の生存率が単独の巣より9倍ほど高いことが判明。
    そのような巣のメスは、多くの子を育てられることが明らかになったのである。

    単独の場合は、成虫がエサ集めに出かけている間は幼虫が補食されないように見張ることができず、
    幼虫の生存率が下がってしまうことが原因と推測された。

    母親と協力する娘は、幼虫(弟や妹)の高い生存率により、直接子供を産まないというコストを払うにも関わらず、
    単独で巣を営む同世代のメスよりも、母親経由で次の世代に伝わる遺伝子量を大幅に増やしているのである。

    中には、血縁関係のないメス同士が直接産んだ子を協力して育てることで、
    多くの子を残すことに成功している巣もあった。
    協力相手が非血縁者の場合は自分の子を残すことで直接遺伝子を伝え、
    母親と協力する場合は母親経由で間接的に遺伝子を伝えていることが明らかになり、
    社会構築には幼虫の生存率を大きく高める効果があり、それが各協力個体の利益を高めていることが示された。

    これらの結果から、Hamilton則が成立していることが証明され、
    社会構築の利益が還元されることで個々の利益が高まるが故に、
    自身の子をあきらめるというコストを払ってでも社会的協力が維持されることが明らかになったのだ。

    今後は、ヒトを含むさまざまな生物に見られる社会的協力の維持機構を、
    社会参加のために参加個体が支払う社会構築のコスト
    (ヒトなら例えば税金、蜂なら直接産仔数の減少)と、社会参加により得られる参加個体の
    利益の観点から理解することで、永続的な協力がいかにして可能になるかが明らかになることが期待されると、
    長谷川教授らコメントしている。

    マイナビニュース
    http://news.mynavi.jp/news/2012/07/04/117/index.html
    http://blog-imgs-52.fc2.com/s/o/r/sorepoi/xzn5w45q.jzp.jpg
    北大プレスリリース
    http://www.hokudai.ac.jp/news/120704_pr_agr.pdf
    Nature Communications
    「A halictid bee with sympatric solitary and eusocial nests offers evidence for Hamilton's rule」
    http://www.nature.com/ncomms/journal/v3/n7/full/ncomms1939.html
    82: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 11:39:19.51 ID:

    >>1

    激しく既出じゃね? ダーウィンの時代じゃないよ。ネオダーウィニストの時代だよ。

    その手の進化論の本には、蜂が自分の子を産むより兄弟姉妹を育てるほうが
    繁殖率(適応度)が高いということがさんざん書かれてあるのに、なにをいまさら。
    99: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 13:35:20.28 ID:

    >>1

    人間社会になんの恩恵をもたらさない研究結果だな
    そんなもん海外にやらせときゃいいんだよ
    知的好奇心満たすための自己満足研究だ
    人様の生活の利便性が向上する研究しろよ

    5: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 00:04:42.39 ID:

    いや昔から言われてるだろこれ…
    今まで誰も統計とって無かったのか…てか安価で出来ないからか?どういうこと?
    103: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 14:17:16.66 ID:

    >>5

    試そうにも証明が本来不可能な内容だから
    考えてもみてくれ
    【自然選択】によってこうなった蟻や蜂の生存形態の【対照実験】なんて出来るわけ無いだろ?
    統計も何も【自然選択】で他の生存形態が排他されたんだから

    105: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 14:39:04.51 ID:

    >>103

    現代考古学だなww
    あったかどうかもわからない他の生存形態を探し求める、
    まさに浪漫だw

    化石がある分
    フツーの考古学の方が分かりやすいw
    106: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 15:00:31.56 ID:

    >>105

    それが今回同じ種のハチで社会を作るグループと作らないグループの比較ができたわけだ。
    11: 耳を傾けて ◆MoQpLp7QS.:2012/07/10(火) 00:17:48.92 ID:


       幼虫の生存率が高くても、結局、群れの運営に多数の個体を必要とするわけだから
       良いのか悪いのか?

       ほ乳類の群れと違って、群れごと全滅することだって多々あるわけだし...。
       本当にいいのかな??


    15: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 00:26:51.72 ID:

    >>11

    2匹の成虫で2匹の幼虫より、10匹の成虫で90匹の幼虫の方がいいだろ

    それに種として生き残ればよいのであって、特定の群れの盛衰は大した問題ではない。
    132: 名無しのひみつ:2012/07/11(水) 11:13:46.16 ID:

    >>11

    蟻や蜂はオスが染色体が一組しかないらしいな。って事は、兄弟の染色体適合率の平均値は3/4
    人間はオスもメスも染色体は対だから兄弟の平均値は1/4+1/4=1/2
    ようするに、蟻や蜂の巣の中は人間と比較するとクローンだらけ。

    蟻や蜂は一つの巣が一つの「個体」であると考えれば分かりやすい。
    女王が卵子役、オスが精子役、働き蟻・働き蜂が体細胞役。
    134: 名無しのひみつ:2012/07/11(水) 15:48:37.25 ID:

    >>11

    それほどよくないから、蟻や蜂やシロアリなど、
    ごくごくかぎられた種にした遺っていないんじゃないかな。
    14: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 00:25:16.53 ID:

    自分の利益追求するより、協力した方が、より利益が高くなる
    こともあるのは、経済学でも証明されている(ナッシュ均衡解)
    蜂より知能が高いはずの人間でも、実践できない人が多いのに、
    蜂は大したもんだ。

    44: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 01:40:28.53 ID:

    >>14

    人間あるいは哺乳類はオスメス比を自分でコントロールできないから

    理論的に真社会性が形成されるにはオスメス比のコントロールが必須になるけどそれができない人間は不完全な社会性しか持てないんだよ
    ただし、たとえば3人の兄弟がいれば一人は犠牲となって他の二人を助けるような行動はよく見られるような気がするけどそれは包括適応度最大化の点から説明できる
    20: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 00:31:49.08 ID:

    俺が引き篭もって時々暴れたりするから姉貴と妹が早々に家出てさっさと結婚してポコポコ子供産んでるのと同じ?
    29: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 00:48:52.51 ID:

    >>20

    害虫は自分のことを他に害を及ぼす存在だと
    実はちゃんと認識しているという研究結果をおれも発表したい。
    22: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 00:40:42.16 ID:

    つまり35歳以上の子なし女子が働いて税金納めて、十代二十代のDQNが産んだガキどもを
    社会的に育てた方がいいてことか?
    バカばっかになるだろう
    168: 名無しのひみつ:2012/07/13(金) 00:03:02.54 ID:

    >>22

    DQNと子無し女子の間に血縁関係がなければ次世代はただの無能DQNの集合になって終了。
    子無しでも甥や姪のために生きればなにか残るバカな赤の他人のために生きるのは無駄。
    以外だが甥姪は両親とも同じ兄弟の子なら自分の孫と同じ程度自分と同じ遺伝子持ってるわけで
    実はそういう点では人間でも理には適ってるんだな。
    169: 名無しのひみつ:2012/07/13(金) 00:14:06.07 ID:

    >>22

    しかしDQNのほうが子沢山というのは、
    学歴の普及度が高い先進国が少子化傾向であることから
    すでに自然とそうなっていることは明らかで、
    開発途上国の人口増加が著しいのならば、
    増殖率=適応度と考える自然淘汰理論からみても
    DQNのほうが適応度が高いことになるわけで。
    177: 名無しのひみつ:2012/07/13(金) 11:43:11.26 ID:

    >>169

    子供を多く生むというのは生まれた子供が死ぬ確率が高いという事でしょ。

    医療の発達で先進国は乳幼児死亡率が下がったので少なく生んで大切に育てるという図式では?!。

    いわゆるDQNは普通に土人なんだと思うよ。脳ミソが。ミュータント的にたまには天才が生まれることがあるような気もするけど。
    39: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 01:14:20.01 ID:

    科学ニュースで思想を語る奴はどっか行けや
    60: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 06:16:25.95 ID:

    >>39

    科学が思想・信仰の一種だってわからないバカって多いよね
    そうじゃないっていうなら、科学の真実性を論理的に証明してみろよ
    できないならお前はただ信じてるだけ
    64: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 07:54:43.85 ID:

    >>39
     おまえあたま弱いだろ。世界が1と0でできてると信じてんの。
    クロネッカーみたいに、自然数は神が創りたもうた、とか言いだすんじゃね。
    42: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 01:27:05.63 ID:

    プレスリリースを見てみた。
    遺伝子伝達量が厳密に検証(測定)されてるのか、ちょっとはっきりしないのう。

    そのうち雑誌記事がでるのを待とうかね。
    171: 名無しのひみつ:2012/07/13(金) 01:05:27.01 ID:

    >>42

    流石に測ったんだろう。
    生存率は逆算から求めたんだと思う。
    95: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 13:17:35.61 ID:

    奴隷量産システムが完成したからです

    ちなみに女王蜂すらも 産む機械 という奴隷扱いで
    用済みになったら巣の外に捨てられます
    自分でエサとれないので餓死
    96: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 13:27:01.98 ID:

    >>95

    女王と言えども使えなくなったらただの老廃物か…
    98: 名無しのひみつ:2012/07/10(火) 13:31:30.47 ID:

    >>95

    人類の古代王権国家でもそういうことがあったという話があるね。
    本当なのかどうか分からないけど。

    王殺しの儀式がしばしば行われたのだとか。
    143: 名無しのひみつ:2012/07/11(水) 17:35:30.82 ID:

    >>95

    ミツバチはともかく、他の蜂類のクイーンは子供が産まれるまでは一匹で幼虫の世話をするし餌も取ってくる

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [生物]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。