スピリチュアル

スピ速

2chオカルト、死後の世界、ビックリ科学、スピリチュアルスレッドまとめブログ。怪談や都市伝説以外のノンフィクション寄り。

スピリチュアル

オカルト
怪奇!アンビリーバブル パーフェクトDVD-BOX 3 2ちゃんねるまとめ
2ちゃんねるまとめアンテナ

最新の記事

【宇宙】宇宙人は確実に存在した。米天文学者が公式発表 (11/18)  【科学】緑色に光るサル誕生 遺伝子改変で滋賀医大 (06/21)  【話題】赤ちゃんなのに髪フサフサ! ネットで人気者に (04/26)  死後の世界って夢の世界と同じなんじゃね? (03/29)  【反社会】twitter:香山リカ「(ネトウヨは)重力波に飲み込まれパラレルワールドに行っちゃったんですね!永遠に行ってらっしゃ~い! 」 (02/17)  【国際】未来を予測している? 90年前に描かれたロンドンのポスターがすごい (02/09)  【社会】本当にある「住んではいけない部屋」 映画「残穢」で描かれた“事故物件”の真相に迫る (02/03)  【科学】不妊治療に新たな光。動かない精子にモーターを取り付けて運ぶことに成功 (02/01)  【宇宙】太陽系に巨大な「第9番惑星」存在か 海王星の外側に…米工科大[H28/1/21] (01/21)  【スプートニク】天才物理学者 人類は早急に地球から去った方がいいと助言する [H28/1/20] (01/20)  【AERA】タイムマシンは実現可能?「未来に行くのは簡単」と東大教授 [H28/1/15] (01/17)  東京地鳴り (01/14)  【ネタ】昼間から心霊現象多発!? 霊的にヤバい街ワースト3 (01/06)  【国際】聖母マリア出現の奇跡、世界中で2000回起きていた [H27/12/15] (12/17)  死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?326 (12/12)  アセンションってどうなった? (12/10)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (12/02)  お前らが実際に体験した怖いor不思議な体験書いてけ (11/24)  【話題】なんだこいつら……「へんないきもの」を集めた特別展、サンシャイン水族館で開催 (11/23)  【生物】交尾の後にメスの交尾器を壊してしまうクモを発見 (11/18)  【文化】“不老不死”の実「ムベ」 古代から皇室に献上された“伝説の果実”求め全国から人が絶えず… (11/17)  【国際】謎の遺跡「ストーンヘンジ」の秘密が次第に明らかに (11/16)  【話題】1歳半の男児が毒ヘビかみ殺す、口を血まみれにした姿で母親の前に。 (11/13)  霊的障害に付いて考察するスレ。 (11/10)  ホーキング博士「死後の世界はない」 (10/27)  【資源】炭酸ガスと水で効率的に石油を合成と発表 ~今中名誉教授によると、この方法なら電気代3円で100円相当の石油を作ることができます (10/14)  運気を上げる方法 (10/13)  【話題】「古代ローマは2000年前のアフリカにこれほどの都市を建設していた…」廃墟の写真に驚嘆の声 (10/09)  【宇宙】エイリアンが襲来し人類を滅ぼす?! ホーキング博士の警告に科学者騒然 (10/05)  世界初!“光るカメ”を南太平洋で発見!米研究チーム(画像アリ) (10/02)  【中国】中国で鍛えられたゴキブリが人民に襲いかかる 耳の中から26匹も… (09/30)  知ってた?ミジンコを正面からみた姿が怖いと話題に(画像アリ) (09/25)  【科学】極小サイズの「透明マント」開発成功、米研究 (09/20)  【科学】爬虫類と哺乳類の中間動物「トリティロドン類」の化石、高校生が発見 福井 (09/17)  【科学】小顔のヒト属新種ホモ・ナレディを発見、南アフリカ (09/15)  【科学】冥王星に砂丘? 無人探査機が捉える (09/11)  【箸休め】米国に「ゴジラ雲」が登場、本物そっくりで話題に (09/08)  静岡市にある出世運の強力パワースポット!?久能山東照宮にはガンダムが奉納されている! (09/06)  珍スポ、不思議な場所、無名だけど凄い名所 (09/02)  【IT】コンピュータに世界が征服される時――『人工知能 人類最悪にして最後の発明』 (08/25)  天津の海で魚の大量死が見つかる (08/21)  【話題】科学者「この世はニセモノかもしれない」我々は完全にフェイクな世界で生きている可能性!!我々人類は、水槽で飼われている観賞魚のようなものなのだろうか......。 (08/19)  人生って8週でクリアなんだって (08/18)  【中国】中国に世界最大の蚊の生産工場、週100万匹を野に放つ―インドメディア (08/07)  【生物】ウサギにしか見えない!可愛すぎる「ゴマフビロードウミウシ」が海外でも話題に (08/06)  【生物】まるでエイリアン! 韓国で大発生する新種の軟体生物が日本上陸、生態系破壊の可能性も (08/05)  【反応】エレベーターがビル最上階の天井を突き破り落下=中国ネット「ロケットかよ」 (08/04)  【ねずさんのひとりごと】日本人に正しく教えられていない縄文時代は、1万7000年ほど続いた途方もない長い時代であり、文明の一つ (08/03)  死の恐怖を克服する方法 (07/31)  【相談】庭に幽霊?が出て困っています (07/29) 

記事一覧はこちら

スポンサーサイト

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる --/--/--(--) --:--:--
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。
    [スポンサー広告]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

ほんのりと怖い話スレ その85

  1. 名前: オカルト2ちゃんねる 2012/06/19(火) 01:31:01
    1: 本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 13:34:40.22 ID:

    実体験に基づく話が多く、意外と“シャレにならない”より怖い話もあったり…
    ガイシュツ・都市伝説、何でもOK!
    ほんのりマターリヒヤーリと……

    ◆お願いです◆ 最重要事項
    長文を何回かに分けて投稿する場合は、メモ帳などに全部書いてから一気に投稿して下さい。
    携帯からの方もそれなりに配慮をお願いします。

    それではあなたのお話を聞かせてくださいませ…

    過去ログ倉庫
    (新)
    http://2ch.nvxi.jp/r8/
    (旧)
    http://www.geocities.jp/g6thh

    過去スレ
    ほんのりと怖い話スレ その84
    http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1335056290/
    2: 本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 15:22:59.50 ID:

    大して怖くない話をひとつ。

    うちの家の風呂場は多少大きい。かるーくキャッチボールができるぐらい。
    そこで父と二人でいたときの話。

    普通に父が風呂を洗っている父をみてた。そしたらさ、叫び声?見たいなんが聞こえた。
    甲子園の野球で試合開始のときになるあの音を凝縮したような音と女の人の声を混ぜたような声。

    私は昔から小さいころからかなり引っ込み思案だったから叫んだりとかはしなかった。
    だけど父は私の顔をみたね。(おまえが言ったの?)って言いたげな顔だった。
    でも何も言わずに風呂洗いはおわった。

    父もあの声を聞いているはず。

    いまだになんだったか不明。父は忘れてるだろうけど不思議だとおもったエピソード
    77: 本当にあった怖い名無し:2012/05/31(木) 17:06:43.99 ID:

    >>2

    >普通に父が風呂を洗っている父をみてた。
    え?..
    5: 本当にあった怖い名無し:2012/05/26(土) 23:19:09.82 ID:

    昔住んでた部屋が風呂がでかい部屋だった

    浴槽 洗い場    トイレ 
    洗濯機置き場         
           扉     

    水周り固めたったww って言う間取りだった
    風呂場の扉を開けると左右の天井にカーテンレールがあって仕切りできるようになってた
    1970年代に建てられた団地だったんだけどね
    7: 本当にあった怖い名無し:2012/05/27(日) 03:47:00.29 ID:

    >>2です。

    携帯からです。


    風呂場の広さのほうに関心があるようなんで補足しときます…

    お風呂入るとこは小さいですが、脱衣場が広くて…w銭湯まではいきませんが、10人ぐらいは脱衣できますかね。
    (服をケースに入れてるんですがそのケースで溢れててちょっと狭いです)


    昔の作りの家なんで。あと、土地が縦に長いんで全部土地使おうとして風呂場だけめっちゃ長くなったかなと思います。
    9: 1/2:2012/05/27(日) 04:49:19.76 ID:

    初めて書くからちゃんと書けるかわからんけど

    昔、妙な電話が掛かってきた事がある

    当時俺は小学4か5年生位だったか、親から留守番を頼まれたんだ。
    お駄賃として五十円貰ったからもう張り切って留守番してた訳さ
    そしたら電話が掛かってきた。
    留守番電話にしてあるから別に電話に出なくて良いよと言われてたのに、俺は「出たら褒められてまたお駄賃もらえるんじゃね?」とアホな事を考えすぐに電話にでたんだ

    「もしもーし」と呼びかけたけど返答がない、そして何故か後ろの方で昔の時計が三時の時とかに鳴る『ポーン』ってずっと音が鳴ってた
    また俺は呼びかけたんだがまだ返答は無い、そこで俺は何故か「あ、この人我慢比べがしたいんやね」と思ってしまって無言のまま受話器に耳を傾けて、人の声を聞こうと頑張り始めた
    その間も『ポーン』という音は鳴り続けてた

    一、二分たった位だろうか、そこくらいから俺は何でこのポーンという音は鳴り止まないんだろう?と思い始めた。
    時計の音によく似てるのになんで鳴り止まないんだろう?ちょうど三時で止まってるとか?いやいやそれはないだろう。
    そんな事を考えてたら、無性に怖くなった。もしかしてこの電話は幽霊からじゃないか?と
    そのときだった、『カラカラカラ』と家の玄関を開けるような音(ドアじゃなくて横にスライドさせたら開くかんじの)がした
    誰か来る!これは絶対に幽霊だ!と思った俺はすぐに電話を切って座布団を頭から被って震えながら帰りを待ってた
    まあ、当然ながら変な電話が来た!ありゃ絶対幽霊だ!と言っても信じられる訳も無かった。
    あれはなんだったんだろう?ともやもやした気分でその日は過ごした。

    31: 本当にあった怖い名無し:2012/05/28(月) 08:51:39.34 ID:

    突然だけど、心霊写真の話。
    子どもの頃、いとこ(三姉妹)と私ら姉妹、五人で写真を撮った。
    お盆でおばあちゃんちに集まってたから、思い出に。
    庭に止めてあった軽トラの前に5人並んで写ってるんだけど
    軽トラの窓に、死んだおじいちゃんがw
    あまりにはっきりと写っていたので、大騒ぎになった。
    早くに亡くなった人なので、妹や三姉妹の末っ子はおじいちゃんと写真を撮ったことがなく、
    奇跡の記念写真として、写真立てに入れておばあちゃん家に飾られた。
    先週、そのいとこの結婚式に出席したのだが
    思い出の写真のコーナーで、その心霊写真が流れましたw
    良かったね、おじいちゃんw
    35: 本当にあった怖い名無し:2012/05/28(月) 12:57:22.16 ID:

    >>31

    幽霊全く信じてない人のこと想像するとなんか笑える
    めでたい席だから批判するわけにもいかず、しかも思いっきり心霊写真だから自分の信じてきた「幽霊なんて居ない」が瓦解するという・・・
    33: 本当にあった怖い名無し:2012/05/28(月) 11:13:00.57 ID:

    「何か」を見た話
    今からもう10年前・・・になっちゃった
    当時、まだキチンと就職していた、小さな障害者の施設で指導員をしていた
    少人数なので、一から十まで何でもやらされた
    日曜日返上で、一人で遠足の下見に行った時の事

    隣県との境にある山のハイキングコース、
    コンクリートで出来た、丸太を半分に切った形のベンチで休憩し、
    ペットボトルのお茶を飲みながら休憩していた
    「タシ!タシ!タシ!」と軽快な足音をさせ、「へっ!へっ!へっ!」と
    進行方向から、犬がやってくる、1m弱の柴犬位の大きさ・・・
    この山は、捨てられたり逃げ出したりしたペットの犬が、大きな群れを作り
    問題になっている、という都市伝説みたいな「野犬」の噂があったが・・・

    そんな凶暴な「野犬」だったら嫌だなぁと思いつつ、身を固くしてじっとソイツを見る
    向こうも俺に気付いて止まった
    よく見ると、ソイツは凄く「変なヤツ」だった、妙にひょろ長い
    TVのペット番組か何かで見た「ボルゾイ」とか言う犬みたいに四肢が細い
    ピコっと耳を立ててこちらを伺う、何だコレ?ウサギ?
    丸っきりウサギと言う訳じゃないが、何となく連想させられる
    37: 本当にあった怖い名無し:2012/05/28(月) 13:53:53.48 ID:

    ガキがふざけてた呪われたアイテムを解放して
    村の爺婆が突如として伝説の語り部となって呪われた過去を渋々と、しかし詳細に語り始め
    知り合いの神社でお祓いをしても呪いが強すぎて効かないとかいう茶番を経て
    山奥の秘密の神聖スポットまで出向いてやっと呪いが解けるというのが
    2ちゃんのまとめスレでよくあるパターンだね
    513: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 21:33:23.55 ID:

    >>37

    亀レスな上に私見なんだが。
    最近、民俗学者の宮田登の著書を読み返していたんだけど、このパターンって最近のものでもないようだ。
    神と呪物とによる違いはあるが、昭和初期ごろまでの流行神の出現型によく似てる。
    流行神の出現型を簡単に説明すると、
    神の出現(堀り出されたり漂着したり)、祟りなどで霊験が示され、縁起が説かれ、人々の口の端にのり、流行神となる、
    といった感じ。
    呪物の発見、祟りが起き、縁起の語られる、ここまではまさに流行神と一緒。
    けれど、祟りや神懸かりなどで霊験を示しているにもかかわらず、それらは信仰の対象とはならず、
    近くにある神社や寺などの他の霊威によって完全に、あるいは不完全ながらも一応は祓われる。
    でも、だからといって祓った霊威に対する信仰が増えるというわけではない。
    発生傾向は似ているにも限らず、宗教への依存度が昔より低下しているためか、流行神は生まれず、それでいて人の口の端には乗る。
    祀られることのない呪物そのものは再び封じられたり、行方知れずとなったり様々だし、縁起自体も詳細が語られることも稀にあるが、祟りの話だけ残り由来は分らなくなっていることも多い。
    もしかしたら、縁起が欠けている(=得体が知れぬ)ことが流行神とならない一因なのかもしれない。
    それでも、コトリバコやらリョウメンスクナやらその他もろもろのオカ板を越えて有名になった話に関しては、現代における流行神と呼べるのかもしれない。
    あるいはリョウメンスクナのようにかつては“流行神であったもの”の可能性もある。
    流行神ってのはその名の通りに流行り廃れがあり、時を置いて再び流行りだすものもあるそうだ。
    何はともあれ、神を語る上での形式を踏襲している事は間違いなさそうだ。
    ここまで書いて何が言いたいかっていうと、2ちゃんに限らず、日本人はこの手の話が昔っから好きだって事だw
    62: 本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 20:36:56.09 ID:

    今さっき体験した話。

    最近洒落怖にはまっていて携帯でちょこちょこ読んでた。今日も朝から色々な話を読み漁ってた。
    夕方になって布団に寝転びつつまた洒落怖を読んでいたんだけど、徐々に外が暗くなってきた。
    (あー電気つけなきゃなー・・・禍人形怖いなー・・・キャッシャ怖いな・・・)
    なんてだらだらしていたらあっという間に部屋は真っ暗。リビングからは帰宅した両親の声。
    (あー、みんな帰ってきたな)と思っていたら廊下がきしむ音。
    自分が寝転んでいた部屋の前の廊下は古くなっているからか誰かが踏むときしんだ音が鳴るのね。
    続いて床に敷いた布団が踏まれる音。黒い人影が部屋に入ってきて、前かがみになってぐーっとこっちを
    覗きこんできてるのが視界の端に見えた。でも部屋は真っ暗だから誰かはわからない。
    自分は携帯の画面を見つつ、横目でその黒いのを見てた。でもそんときは両親のどちらかが
    荷物かなんかとりに来たんかな、くらいにしか思ってなかった。
    夕方よく寝てるからそーっと覗きにくることがよくあるんだよね。だから特に気にしてなくて
    でもずっと見てるから(何見てんだよ・・・)って思い始めた時、またリビングから両親の話声が聞こえた。
    (えっ?!じゃあ今見てるこいつは誰?)と思ってバッとそっちを見たらなんにもなかった。
    それが今さっきの話。あわてて部屋の電気つけて携帯で開いてた洒落怖消した。
    怖い話読んでるだけで寄ってきたりするのかな?今日はとりあえず読むのはやめとこうと思います。
    66: 本当にあった怖い名無し:2012/05/30(水) 22:32:17.64 ID:

    怪談は当時の状況を語って再現するから一種の降霊術になり得る
    百物語なんて数でごり押す降霊術、数うちゃ当たる的な降霊術と言っても過言じゃない
    85: 84:2012/06/01(金) 17:47:44.67 ID:

    叔父には学生時代(二十年ちかく昔)、病院の夜間窓口でバイトをしている友人(以下A)がいた。

    バイト学生の仕事は、電話番と受付の二つだけ。
    患者は多くて十人程度、患者がいない時間は事務所のソファーで仮眠をとってもOK、という気楽な仕事だったらしい。
    バイト代もそこそこ良いし、看護婦さんも若くてかわいい子が多い、美味しいバイトだったそうだ。
    86: 84:2012/06/01(金) 18:25:49.26 ID:

    Aはバイト仲間(以下B)とローテーションを組んで働いていたが、Bがある日突然バイトを辞めたいと言い出した。
    Bは何も話したがらなかったが、Aは何度も訊ねて理由を聞き出すことに成功した。

    Aが非番だった日に、病院に一人の重症患者が運ばれてきた。
    その人は罠にかかったイノシシにとどめを刺そうとして失敗、噛みつかれて自分が逆に重症を負ったとの事だった。
    87: 84:2012/06/01(金) 18:29:13.88 ID:

    「俺、担架で運ばれてきたこの人の顔、思いっきり見ちゃったんだよ…」
    Bは一冊のカルテを持ってきた。
    詳しい内容は外国語で書かれててわからなかったが、所々書き込まれた日本語だけで十分だった。

    頭部挫傷、顔面多発挫傷、眼球挫傷、鼻切断、耳介切断、両手指切断…
    88: 84:2012/06/01(金) 18:31:17.13 ID:

    処置内容も、縫合が全身で2,30ヶ所とか、とんでもないことになってたらしい。
    その人は病院に運び込まれてすぐになくなったそうだ。

    その内容がよほどショックだったらしく、Aもすぐにバイトをやめてしまったそうだ。

    イノシシ怖い。マジ怖い。
    チキンな俺がもう二度と山なんて行かないと誓ったのは言うまでもない。
    89: 84:2012/06/01(金) 18:33:19.71 ID:

    細切れになってしまって申し訳ありませんでした。
    以上です
    90: 本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 19:34:09.36 ID:

    実話です。
    彼女とデートの時、公園で待ち合わせをしました。
    そこの駐車場に彼女の車を停めて自分の車でドライブに出かけました。
    ドライブから帰ってきて彼女を車に帰した時、妙な胸騒ぎがしたんです
    気のせいかもと思うにはあまりにも強烈な感覚だったので彼女の車を確認に行ったのです。
    すると、彼女は車の中でなにかともめている様でした。
    しかし人影などはありません。
    外から見ていると独りで暴れているようです。

    走っていって車のドアを開けると彼女の他には誰もいません。
    オレ「どうした?」
    彼女「車の中にこれくらいの(といって6cmくらいに指を広げる)ゴキブリがいたの」
    彼女「しかも車のどこかに隠れちゃった…」
    95: 本当にあった怖い名無し:2012/06/01(金) 23:52:14.53 ID:

    >>90

    イノシシじゃねえの?
    109: 本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 18:04:53.26 ID:

    ついさっきの話

    自宅の二階に今は使ってない部屋があって、現在その部屋を物置として使用中
    洗濯した毛布をしまおうと二階に行ったところ、物置部屋に置いてあるタンスの中からノック音が聞こえてきた
    このタンス、前にも勝手に開いてたり、赤い物体がチラリズムしてたりと何かと得体が知れなくてちょっと気持ちが悪い
    一人で部屋に行ったら女性のため息と呟きが近くで聞こえたりなんて事もあった
    「またかよ!」と思いつつ毛布を別の収納場所にしまった後、そこらにあった引き出物の空き箱でとりあえず叩き返し、
    霊関係は下ネタを嫌うと聞いたのでついでに「うんこちんちん!」とも叫んでおいた

    近所の人に聞かれてたらと思うとほんのりと怖い
    110: 本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 18:19:59.83 ID:

    あっ、うんこちんちんがきた( ´д)ヒソ(´д`)ヒソ(д` )
    119: 本当にあった怖い名無し:2012/06/02(土) 21:26:51.90 ID:

    会社近くの公園で昼飯にひとりで弁当食ってた時のこと
    食べはじめてしばらくして大学生っぽい若いねーちゃんがきて
    少し離れた場所のベンチに座りパンか何かを食べはじめた

    気付いたらいつの間にかねーちゃんの横に陰気な女が立ってて
    ねーちゃんを睨み付けるように見下ろしてた
    でもねーちゃん超スルー

    何となく気になってそっちの方見てたら
    突然陰気な女がねーちゃんの首にガッと手を伸ばした
    突然すぎて混乱して身動きできずぽかーんと眺めることしかできなかった
    でもねーちゃん首絞められてるっぽいのに普通にパン完食

    ねーちゃんがベンチから立ち上がった時、明らかに女の体をすり抜けてたけど
    やっぱりそれにも気付かず超スルーのまま颯爽と立ち去って行った
    女は中腰で手を首のあたりにかざした不自然な格好のまま固まって
    えっ…?あるぇ…?って感じの不可解そうな顔して見送ってた

    陰気な女はしばらくねーちゃんの去って行った方を呆然と見つめてたけど
    ちょっと目を離した隙にいなくなってた

    人生初の心霊現象だー!と素直に喜んでいいのかどうか悩んでる
    真昼間ののどかな公園で、幽霊にしては妙に間抜けで、本当に心霊現象だったのか自信がない
    やっぱり幻覚でも見たんだろか…
    173: 本当にあった怖い名無し:2012/06/05(火) 17:29:33.67 ID:

    ずっと前、タクシーに乗ったときの話し。

    その運さんはラジオから流れてる曲を超ノリノリで口ずさんでた。
    陽気な人だな、と思った。

    ある時、「ブッ」という音が聞こえたような気がしたけど
    あまり深く考えないようにした。
    するとさっきまでノリノリだった運さんの歌がぴたりと止まった。
    そして、すごく残念そうに「出ちゃったよ…」と言った次の瞬間
    タクシーの4つの窓全部がウィーンと下がって全開になった。
    目的地にはその後すぐ着いたけど、
    降りる際のやり取りは何事もなかったように普通だった。

    ちなみに自分は女ですが…
    2人きりの空間てやっぱり怖いですね。
    180: 本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 09:43:05.54 ID:

    高校生の頃の話
    今から五年くらい前かな?
    友達とよくつるんで心霊スポット巡りをしてた。結局心霊スポットで幽霊をみることはなかったんだけどさ。
    ある日、地元では有名な潰れたパチンコ屋が心霊スポットとなってて、探索してたんだ。
    でも特になにもなく、帰ろうかってなって外に出たら、来る時は気づかなかったんだけど、脇に小道があったんだ。
    「こんなとこに道があるぜ。何処に続いてんのかね?行ってみようぜ」ってなった。
    舗装されてないその道を行くと、海に出た。
    海に近い街だったから至極当然なわけだじけど、少しガッカリした。
    「なんだ...ただの海に続く道かよ」って。
    ただ折角海に来たし、そのまま帰ってもつまらんってことで暫くそこにいたんだ。
    そしたらヒョコッと一匹のネコが現れた。
    192: 本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 15:43:31.90 ID:

    >>180

    猫は一度にたくさん子供を生むけど、全部が全部同じ色なんてことはない。
    普通に色々な模様が生まれる。
    181: 本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 09:53:58.12 ID:

    海の近くだから野良猫を見るのは珍しくない。でもそのネコがちょっと変わってた
    両目で色がそれぞれ違う。青と黄だったかな?
    へぇこんな猫もいるんだなーと思いながら、なついてる風だったのでもふもふしてた。
    んで気づいたらそいつ以外にも五匹くらいネコがいるのね。しかも全員青黄の眼。
    兄弟かな?と思ったけど、全員毛の色が違う。眼だけが同じ。
    不思議なこともあるもんだなーと思いながら、相手してたんだけど、飽きたのか猫たちはどっか行った。
    俺等ももう帰ろうかってことで、来た道を引き返してた。そこで老人とすれ違ったんだよね。
    こんなとこ通る人いるんだーって思ってチラッとその老人みたら猫と同んなじ眼。
    その瞬間汗が一気に冷えたのを覚えてる。
    184: 本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 09:59:23.77 ID:

    それでもなんとか道を抜けて、パチンコ屋の横を通って、国道に出た時、みんなが揃って口を開いた。
    「さっきのじいさん猫と同んなじ眼してたよな...」

    なんか薄気味悪くてそれ以来その場所には近づかなかった。今でもたまに思い出すけど、その度にじいさんの眼がフラッシュバックする
    猫たちは可愛かったんだけどなーと

    スレ汚し失礼しました
    205: 本当にあった怖い名無し:2012/06/06(水) 23:32:00.34 ID:

    2年くらい前にあったちょっと不気味な出来事

    その日夕方に海を散歩してたんだ
    天気は曇りだったからうす暗かった
    ふと後ろを見たら、雑木林に人が列になって歩いてるのが見えた
    日本兵って言うのかな?
    緑っぽい服とヘルメットのやつがぞろぞろとたくさん…
    でもまあ興味なかったし、また海岸沿いをうろちょろしてたんだ
    そしたらいつのまにやら砂浜に兵隊たちが出てきてズラッと並んでた
    何か訓練でもするのかな?と思って邪魔になると思ったんで、そこで家に帰ってしまったんだ

    今思い返してみればちょっと怖かったかも
    なんかその兵隊たち一言もしゃべってなかったし
    近づいてみてもまったく見向きもしなかったし…
    海で兵隊が訓練したりとかってあるのかな?
    よくわからん
    もしかして幽霊とかだったのかな…
    212: 本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 14:47:52.02 ID:

    母が小学校低学年の頃の話。

    その日母は風邪をひいてすごい熱があり学校を休んで自宅2階で寝ていた。
    近所の人が亡くなったらしく祖母(母の母)が出掛けることになり
    曾祖母(母の祖母)が居たのでぐずりながら留守番していた。
    お昼過ぎに急に目が覚め寝付けなくなっていると
    部屋の天井の角にでっかい鎌を持って白い布を被った死神がいる。
    慌てて飛び起きて「殺される!死神に殺される!!」
    と泣き喚きながら母は家の中を逃げ回った。
    死神は天井の四隅を跳びまわるように追いかけてきて
    怖くて怖くて仕方なかった、と。
    外へ逃げるしかないと思った母は玄関に向かったが
    騒ぎに気付いた曾祖母に抱きとめられ
    それでも「逃げなきゃ殺される!」と腕の中で喚いてた。
    時間にしてそんなに長くなかったとは思う。
    祖母が帰宅していつの間にか死神は消え、母は再度眠りにつけたらしい。

    それ以降死神を見ることはなかったが、母は霊が見えるようになった。
    酔っ払ったりオカルト話になると何度もこの話をしてる。他の話もするけど子の話が圧倒的に多い。
    実際たまーに見てるのでいつもいつも怖い思いをさせられてるのはこっち。

    洒落怖に囲うと思ったが書いてみて大して怖くなかったのでこちらへ。
    222: 本当にあった怖い名無し:2012/06/07(木) 16:26:39.46 ID:

    小5の時の話。
    2階建てで自室もあったんだが、家族と一緒に和の寝室で寝てた。
    昼夜逆転してたんだが、チャットで知り合った子と携帯で話してたんだが
    なんか変な声聞こえてきたんだよ。
    「誰か喋ってる・・・」「外か?テレビ?俺の音じゃないの?」
    みたいなやり取りしてたんだが、夜中の2時過ぎの住宅街で会話じゃない。
    母は電気、テレビ、ガス元栓と毎晩チェックしてる人だし家族はみんな同じ部屋にいる。
    携帯耳から話してもずっと聞こえてたから相手の音でもない・・・
    その時携帯は悪いもの呼び寄せる、みたいなイメージがすごく強くて慌てて電話切った。
    心細いし繋いどけばよかったのにな。すっごい怖がりで冷や汗かいてるわ心臓ばくばくしてた。

    小さな声だったから耳を塞いでみたんだけどそれが間違ってた。
    耳塞いでも同じ音量で聞こえんの。しかも何言ってるか聞き取れた。
    女の人の声で「こっちへおいで~、こっちへおいで~」ってリピート。
    なんか他のことも言ってたけどそこしか覚えてない。
    半分泣きながら横で寝てた母を揺すったりペチペチ叩いたり必死で起こす。
    「やばい!呼ばれてる!女の人がこっち来いって言ってる!起きて!起きろ!!」
    でも完全に寝ぼけてるし見えちゃう母にとって大事じゃなかった。
    「行きませんって言って寝なさいよ。気のせい気のせい。耳塞いで寝なさい。」
    ってのを寝ぼけ口調で言うんだ。もちろんその間もずっと聞こえてる。
    286: 本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 00:22:12.85 ID:

    怖い話。知らないアドレスから誕生日おめでとうメールが来た。これ誰なんだろう?大学関係者か、それともプライベート関係か。誰ですかって聞くのは失礼だよなと思って保留にしています。
    304: 本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 21:05:44.50 ID:

    >>286

    友達がメアド変えて、「変えたよ」の一言忘れてて、
    ごく普通のメールが届き、
    「誰?!」ってなるのは良くある話w
    370: 本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 00:15:51.83 ID:

    >>286

    遅レスだが、こんなんで角がたたないと思う

    ありがと
    ところでアドレス変えた?
    誰だかわかんないよw
    293: 本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 04:26:13.19 ID:

    昔住んでたアパートでの不可解な話
    ある日仕事に行くために玄関を開けると、出てすぐのとこに林檎の皮が落ちていた。
    それも途中で切れていない見事に繋がった一本の皮が。
    アパートの構造的に意図的に置かない限りはあるはずのないもの。
    一度だけならゴミ置き場から飛んで来た可能性もあるが、それ以来毎月落ちていた。
    最初は面白がっていたけど、途中からは気味が悪くなって玄関を開けるのが怖くなった。
    そのアパートは別の理由で出て行くことになったんだけど、結局一年くらいは毎月落ちていた。
    今でも不可解な出来事。
    297: 本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 14:04:03.39 ID:

    >>293

    生ゴミをカラスが持ってきたんじゃね?
    一時期、大根のかつらむきにはまってて、とぎれない薄皮を量産してたことがある
    パティシエとかが修業で生産してるのだと思う
    308: 本当にあった怖い名無し:2012/06/11(月) 23:58:37.70 ID:

    もう随分と月日が経ったからいろんな意味で時効かな、と思うのと。
    オカ板見ていてふと思い出したので投下。

    10年近く前。なんかウマがあって仲良かったゲイの友人がいた。
    (当方、女です。)
    2人で飲んだくれたり泣き言をいい合ったりできるツレだった。
    でも私は所謂ストレートだったんで、恋愛対象は男。
    お互いこのまま彼氏ができなかったら2人で暮らそうぜ、
    傍目から見りゃただの夫婦にしか見えねえだろ、というのがうちらの口癖だった。
    316: 本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 01:04:51.56 ID:

    >>308

    文の構成内容にほんのり怖いな
    329: 本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 08:13:39.79 ID:

    この前娘と回転寿司に行った時の話。
    お互いに数皿食べたあとくらいにあることに気づいた。
    「あ、サビ抜きにするの忘れてた。」
    娘は今年小学生になったばかりなので、ワサビは食べられない。
    いつもは嫁がサビ抜きを注文するんだけど、その日は二人だったので忘れていた。
    しかし、娘を見ると辛そうにしてる雰囲気もない。そもそもサビ入りの寿司なんて食べたら一皿からアウトだろう。
    そこで「お寿司、ワサビ入ってなかった?」と聞くと、いきなりむせ始めた(ちょうど口に寿司が入ってた)
    んで「からーい」と涙目になった。
    そのあと水やら飲ませて大変だった。
    脳が騙されたんかなーと思ったけど、思い込みで辛さも感じなくなるもんなんですかね?
    不思議な体験でした。
    333: 本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 10:04:26.65 ID:

    >>329

    典型的なプラシーボですね
    364: 本当にあった怖い名無し:2012/06/12(火) 16:44:20.08 ID:

    >>329

    おもしろい書き込みを思い出した
    友人に熱湯を見せてから水をかけたら火傷みたいになった
    同じく水を見せてから熱湯をかけたら火傷した
    人体はかくも不思議なりみたいな書き込み
    373: 本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 01:07:44.81 ID:

    10年以上使用していないMacの電源が入って起動してた。
    怖くなってシステムを終了させたのに、外出して戻ってきたら
    また起動してた・・
    怖い・・
    386: 本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 15:35:51.97 ID:

    昔のMacは感情持ってる様な動きする事あるからなー
    調子悪い時に、買い換えの話すると急に調子よくなったりw
    >>373
    に相手してもらいたいだけかもよ
    387: 本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 15:42:59.74 ID:

    >>386

    わかる。
    調子悪いときにエンジニアに来て貰うと、
    まだ何もしてないのに、途端に正常な動きするし。
    何度もそんなことが有った。
    388: 本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 15:49:57.54 ID:

    >>386

    Macに関してはこんな話もあるんだけど
     Macは霊界とも繋がる
    ttp://japanese.engadget.com/2008/03/08/nature-and-beyond/

    旧来のCPU基盤には、かつてエジソンが発明したといわれる「霊界通信回路」に酷似したグリッドがあるという。
    もちろん狙って作られた訳ではないが、初期プロジェクトに参加したとされるエンジニアは
    後にかなりオカルティズムに傾倒して退社したという噂があり
    一部のマニアの間で旧いMacが高額取引されているという・・・。
    389: 本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 16:58:29.90 ID:

    友達Aのアパートの部屋は女の霊が出るので有名だった
    代わる代わる泊まりに行っては、血まみれの無惨な姿の女と金縛りにあい、もう二度と泊まりたくないと何人もの犠牲者が出ていた
    他に祟りらしきものは全くなかった
    ある日、俺の友達Bが話を聞き付け怪談に興味があるからと、Aの部屋に泊まりたがった
    実際遭遇した事がある俺としては、勧められない
    女の子が泊まるとそうでもないが、男が泊まると拒否反応のようにかなり怖い目に会う
    走り回る物音がし、金切り声が耳元で聞こえ、夜中中金縛りに会い、腹の上に頭から血を流し、茶色っぽくなった白めの服でざんばら髪の女が、睨みつけてくる
    指で寝てる人間の胸元辺りを掻きむしるような仕種をするんだが、凄く痛くなる
    それが夜明けまで続くのだから半端じゃない
    そう言い聞かせたが、どうしてもというので仕方なくAに紹介して泊めさせてもらった
    翌日にBに会うと、いきなり怒られた
    話を聞くと、期待していたのに全然怖く無かったという
    女の幽霊は出たらしいが、血なんか出ていないし、服も綺麗な白い服
    髪の毛もさらさらで、可愛い女の子だったそうだ
    腹の上でなく、部屋の扉からそっと覗いているだけで金縛りにすらならなかったといわれた
    Bは仲間うちでは有名なジャニーズ系、はっきり言ってモテる、変人なので彼女があまり出来ないけど
    話を聞いて霊でも女の子なんだなとちょっと思った
    409: 本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 13:57:28.43 ID:

    >>389
    これは興味深いなw
    イケメン登場に恥じらって可愛いとこ見せてたのか、
    イケメンくんの霊的な守りが固くて近づけなかったのか
    393: 本当にあった怖い名無し:2012/06/13(水) 20:33:34.57 ID:

    小学校の頃の話
    学校の近くのある交差点に幽霊が出るという噂が立った。
    なんでもそこには昔歩道橋があって、そこから飛び降り自殺をした女の子がいる。
    その歩道橋では頻繁に幽霊が目撃されたため取り壊された。
    しかし、取り壊されてから女の子の幽霊の目撃は絶えない、ということだった。
    友達の中には見たという人も多くいて、そこを通ることを避ける人もいたくらいだ。
    そんななか俺はずっと疑問に思っていた。いくら幽霊が出ると言ってもそれだけで歩道橋を取り壊すか...?
    実際それは正しかった。そこには昔から歩道橋などなかったのだ。勿論そこで自殺した人などいなかったらしい。
    誰かが面白がって流した噂話が、いないはずの幽霊を作り出していたわけだ。
    場合によっては視覚化された存在として。
    その時ひょっとしたら心霊スポットの類も「幽霊はいる」と信じ込む心が見せるんじゃないかと思った。
    個人的にはいて欲しいと思うけど。

    すれ違いかも...失礼しました
    405: 本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 02:05:49.96 ID:

    >>393

    チュパカブラって一時期流行ったけど、
    あれは疫病とか自分の農場の管理が粗末で死んだ家畜を隠したいやつらが、
    全部チュパカブラのせいにしてるって仮説がある
    410: 本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 14:07:55.07 ID:

    >>393

    それ、本当のことかもしれない。
    そして、日々こちら側(生きてる側)からあちら側(死者の側)へ人が移動してる。(亡くなってる)

    「幽霊は存在する」と信じ込んでいる人達が亡くなる場合も過去何度となくあったろう。
    そしてこれからも。するとやはり・・・。
    416: 光った!:2012/06/14(木) 19:52:03.97 ID:

    ありがとうございます。では、遠慮なく。
    学生時代のサークルの後輩♀(ともみん・仮)との話。

    彼女の住むマンションは、いわゆるラップ現象が盛ん(?)だった。
    聞くところによると、何かを叩くような音、積んであった物が崩れる、電化製品の電源が勝手に消える・・・等、いかにもな話ばかり。
    ともみん自身がよく「人知を超えた天然」「残念な美人」「ポテンシャルを外見だけで消費している」などと言われる逸材であり、当初は誰も本気にはしていなかったと思う。

    ある時、稲川先生フリークの怪談好きで通っていた私に、ともみん以下後輩数名が押し寄せてきた。
    聞けば、ともみんの家は本当に凄い、本当にラップ現象がある。当のともみんも、私さんにぜひ見に来てほしい!ということだった。

    数日後、私は授業終わりにともみんの家に向かった。彼女の下宿はどう見ても普通のマンションだし、どう見たって普通の1Kだった。
    玄関を入るとキッチンとユニットバス、部屋に入れば6畳ほどのフローリングにテレビやベッドや本棚、ちゃぶ台にノートPCなどが所狭しと置いてある。

    彼女の手料理をごちそうになり、しばらく2人で酒を飲みながら雑談していると、消してあるはずのテレビが突然光った。カメラのフラッシュのように、ピカッピカッと何度か強く発光した。正直、何も期待していなかっただけに驚いた。
    聞けば、テレビが光るのは稀なようで、「一人の時は光らない」「〇〇ちゃんが来ると光る」「××ちゃんも一緒だと光らない」と様々な条件があるようだが、彼女は「こんなに強く光るのは初めて見た」とえらく興奮していた。

    私はというと、故障じゃん?と実に冷静だったが、口には出さないでおいた。
    その後は、生理中であった彼女にペロペロされて、彼女の口に出した。


    おわり
    417: 本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 19:57:47.93 ID:

    >>416

    ペロペロまで読んだ
    430: 本当にあった怖い名無し:2012/06/14(木) 23:52:17.29 ID:

    >>416

    光が赤なら警告だな
    怪談フリークなら発光についてのメッセージはわかると思うし
    先祖霊が結婚相手の品定めをする話も聞いたことがあるだろう
    433: 光った!の人:2012/06/15(金) 10:23:49.12 ID:

    >>430

    白でしたね。本当にカメラフラッシュみたいでした。

    後日談というかネタっぽくてアレなんですが
    その部屋でs○xをして、彼女がイキそうになると光る不思議なテレビでした。
    多分彼女が無意識に光らせてたんじゃないかと思います。

    特定できても黙っててね。
    472: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 02:24:12.46 ID:

    小5の冬に風邪をこじらせて一晩中咳が止まらなかった
    次の日に起きて台所行ったら親が「何ね、それ」とやや引き気味に言ってくる

    パジャマ見てみたら赤黒い血の跡 どうやら咳で喀血したらしい…

    当時はこのまま死ぬのかって怖かったなぁ
    487: 1/4:2012/06/16(土) 08:18:48.08 ID:

    まとめサイトから来ました。楽しく読ませてもらっています。

    私は霊体験みたいなものはないのですが、人生で一度だけ、そう言えるのかなあ、という経験をしました。
    話すとややこしくなって、友人に話してもあまり「怖くなかった」と言われ、このスレに書き込めるような
    話かなあ、と思っていますが、わたし個人は「あちらの世界」に近づけた経験だと思っているので、
    勇気をふりしぼって書いてみます。

    ややこしい話なので、まずは自己紹介から。
    私の家は祖父母が某カルト宗教の人でした。
    祖父はそこでも偉い方の人です。近所の人たちを集め家で説法のようなことをしていました。
    一方祖母は、私が物心ついたころには、子供から見ても明らかに心を病んでいて、意味不明なことを口走ったりする人でした。
    私も私で、幼い頃は発達障害を疑われていて、毎月病院に脳波を計りに行ったりするような子でした。
    母子家庭に近い環境だったのですが、祖父母の娘である私の母は、どちらかというと現実主義者で、自分で
    起業したりするような人で、祖父母の宗教活動にはまったく関与していませんでした。
    そんな環境でしたので、私は祖父母の家、カルト宗教の寄合所に預けられることが多かったのです。
    488: 2/4:2012/06/16(土) 08:19:34.48 ID:

    私が小学生くらいの時の話です。
    祖母が他人の空き地に無許可で祠のようなものを建ててしまったのです。
    当然教団すべてに関わる騒ぎになります。
    しかし祖母は、そこに祠を建てないとだめだと言い張ります。
    地主さんは寛容な人で私たちのお話をちゃんと聞いてくれてはいたのですが、小さなビルを建てることが決まっていて、
    その工事が始まる前までは置かせてくれるということになりました。

    その後しばらくして、ビル建設が始まりました。祖母の祠は壊されてしまいました。
    しかし、地主さんはわざわざビルに入る予定の会社を教えていただきました。
    祖母と祖父はそれらのいくつかの会社に頼み込んで、一社から、オフィス内に小さな神棚を付けさせてもらう約束を
    取り付けました。
    ビルができ、約束通り(一階にある会社です)、そのオフィスに神棚を取り付けさせてもらいました。
    私は中学生になっていて、病院にも通わなくなっていました。
    489: 3:2012/06/16(土) 08:22:07.98 ID:

    私は東京の大学に進学しました。
    祖父は私が中学生の頃に亡くなりました。祖母も、その心労からか、目の病気を患い、片目に義眼を入れ、
    残っている方の視力もあまりないという状態でした。
    入退院を繰り返し、たまに母の家に戻るくらいでした(祖父母の家は引き払ったのだと思います)。
    しかし不思議なもので、そういった体であるにも関わらず、逆に祖母の心の病は回復しているようでした。
    時々帰省して祖母に会うと、「祖母も昔はこうだったのだろうな」と思ってしまうぐらい、まともな会話ができる状態でした。

    ある時祖母は、あの祠のことについて話してくれました。
    悪霊というのは、どこからどこへ移動するわけでもなく、ふと気まぐれに表れてくるもので、その表れてくる玄関は、
    「神がかり」になった人間ならわかる(多分あの時の祖母自身のことでしょう。そしてその場所があの空き地だったと)。
    悪霊というのはまったくの無慈悲なので、一番最初に心が病んだ子供や女や老人を襲う(発達障害を疑われていた私も含まれるでしょう)。
    また、悪霊が通り易い方角というのは大体決まっていて、その方角に当時の祖父母の家はぴったり一致していた。
    つまり祖母は、自分を守ると同時に、私も守ろうとしていたのです。
    とはいえ、薄情と思われるかもしれませんが、いきなりそんな話をされても私はピンと来ません。
    490: 4:2012/06/16(土) 08:25:57.79 ID:

    私個人はその教団に入ってませんが、何か割り切れないものがあり、教団本部に手紙を書きました。
    祖父の役職のお陰か、教団からはこちらがびっくりするほど丁寧なお返事をいただき、一人教団員を派遣して調査する、といった話になりました。
    正直こんな事態になるとは思ってませんでした。

    就職活動などもあり、教団からの話を思い出したのは、社会人になってはじめて帰省する時でした。
    電話で教団と連絡を取り、調査していただく方、Aさんとしますが(40過ぎの女性でした)、彼女と一緒に帰省することになりました。
    電話で幹部の方とお話した際、とても軽い調子で「テレビに出てくる霊媒師みたいなもんだよ」と言われましたが、
    とてもそんな風には見えず、テレビや雑誌の話などをする、どこにでもいる普通の中年女性でした。
    491: 5:2012/06/16(土) 08:35:17.46 ID:

    Aさんとの珍道中は省きます。
    Aさんと問題の祠が建っていた場所に行きました。近くにコンビニなどが出来ていて、当時の面影はまったくありません。
    そこに建っていたビルも、改修か建て替えたのか、当時とはまったく形が違うビルになっていました。
    私がそこだと言うと、Aさんはビル全体を見渡し、周りを見渡しただけで、「わかりました」と言いました。
    (え? 終わり?)
    拍子抜けです。
    続いて祖父母の家があった場所。大型スーパーの駐車場になっていました。
    ここでもAさんは「わかりました」だけ。
    494: 6:2012/06/16(土) 09:28:15.71 ID:

    すみません、規制受けました。
    >>491
    からの続きです。

    そこから母の家は歩いて30分程度です。
    家に帰りAさんの話を聞きます。母親は祖父母の宗教をあまり好ましく思ってないはずなのですが、好奇心に負けてか
    テーブルの一角を陣取っています。
    世間話が一通り済んだあと、Aさんはこんなことを言います。
    「おじいちゃんの家の近くで、子供が不幸な亡くなり方してませんか?」
    母は驚きながら答えます。
    「ええ、近所で、高校受験に失敗した子が、ノイローゼになって自殺したらしいです」
    「え、うそ」と私。
    「ほんとほんと、あんたが大学行ったすぐあとぐらいだったかな」
    Aさんの推測によると、祖母が頼み込んで設置してもらった神棚は、しばらくはちゃんと封じ込めとして機能していたけれど、
    ビルの建て替えか、その会社が移転したかで、霊の玄関が開いたままになっていたのではないか、と。
    492: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 08:41:24.31 ID:

    支援がいるのかな?
    495: 7:2012/06/16(土) 09:29:23.57 ID:

    「じゃあ、あの建て替えられたビルには神棚なんてないでしょうし、どうすればいいんですか?」
    Aさんはお菓子をつまみながら世間話のように答えます。
    「ああ、あれはもう大丈夫。だいぶ力はなくなってきてるみたい。それに、バレエ教室があったでしょ」
    そう言われれば。
    「霊にもよりますけど、ダンスや音楽で結構鎮めることができるんですよ。逆にそっちのが昔からの伝統的な、万国共通の霊の鎮め方なんですよね」
    「はあ」
    なんというか、肩透かしというか。
    「亡くなられたお子さんも、いいご家族なのでしょう、この世に残ってはいません」
    私はなんとなく居心地悪い感じがします。
    「でも私のせいでそんな……」
    「あなたのせいではないですよ。霊の玄関が開くのは自然災害みたいなものです。おばあちゃんはできることをやって、あなたを守った。それだけで立派です」
    私は少し気分が軽くなりました。

    なんというか、いろいろな世界があるな、と思った事件でした。

    >>492

    すみません、思ったより書き込める量少なくて。
    496: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 09:36:16.70 ID:

    >>495


    まともな働きするカルトの話なんて初めて聞いたかも
    493: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 09:08:45.07 ID:

    触らぬ神に祟りなし、を思い出した
    504: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 18:21:21.19 ID:

    文字規制があるみたいなので分けて書きます
    私は変わった能力を持っていた(家系的に)
    小2の時(たしか)隣の子と工作を作ってたらその子がハサミで指を切り流血。
    実はそれを治せるのが私の力で、親からは絶対に使ってはいけないと言われてた。
    520: 本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 13:14:52.30 ID:

    >>504

    珍しい能力だな
    自分の怪我も治せるの?
    そもそも怪我したこと無いと見るがどうか
    507: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 18:51:31.55 ID:

    霊が見えちまった。霊が俺んとこ来た。助けてくれだとよ。
    「俺を見ろよ、助けられる力を持っていそうに見えたか?」
    と言ったら「自分が見えたから・・・」と言った。
    どうすりゃ助けられる?念仏か?塩か?合掌か?と聞くと
    「古臭い、そんなもん効かん 自分を助けてる所を想えばいい。
    想像してくれ」と言ったから目を閉じて天国へ登っていくシーンを
    想像してやり目をあけた。 霊はいなくなってた。
    ほんとに想像や妄想が効いいたんかな?
    511: 本当にあった怖い名無し:2012/06/16(土) 20:40:14.17 ID:

    子供の頃、起きる寸前に夢で新聞がせまってきた。
    1面に三木元首相死亡という記事が載ってた。
    その日に三木さんが倒れた。

    525: 本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 22:02:55.14 ID:

    一昨日のことなんだけれど
    夜うつらうつらとしていたらソファーで寝てしまっていた
    そして、ふと目が醒めると夜中の3時過ぎだった
    トイレに行きたくなったので身体を起こし扉を開けると、そこには人のシルエットをした何かが居た
    白いモヤのような者なのだが、やたらペコペコしている
    台詞をつけるなら
    「あ、すいませんすいません、ごめんなさいね。」
    と言った感じ
    そして階段を降りていってフェードアウト
    あれは何をしていて、何がしたかったんだろうか
    オシッコしながらクスッとしてしまった
    527: 本当にあった怖い名無し:2012/06/17(日) 23:04:13.38 ID:

    >>525

    生前はいい人だったんだろうねぇw
    540: 本当にあった怖い名無し:2012/06/18(月) 18:24:33.55 ID:

    私が育った集落は、小さな田舎町だけどそれなりの歴史があって、
    古くから続いている数年に一度のお祭りがある。
    仏教や神道とは違う感じだから、おそらく民間信仰の一種なのかな。

    別に、特別オカルトな事がある訳でもなく、
    神聖な場所と言われる所に、お婆さんがお供え物と依代の木を持って行って、
    毎年選ばれる”神様の子”の役目の子供達が数人で歌を歌うだけなんだ。
    ただ、その儀式の行われる日は、その場所に集落以外の人間は入っちゃいけないと言われてて、
    それは、祀られている神様が依代に移る時に落ち着かないからだと教わってきた。

    実際、夏休みや年末の帰省時期とは全然ずれてるから、
    なんの観光もない田舎に部外者が来る事はないんだけど、
    どこからか、こういう民間の秘祭(?)に興味を持ってやってくる人がいるんだよね。

    それで、わざわざその祭りの日に、東京から来たっていうオッサンがビデオカメラを持って入ろうとしてきて、
    大人達が止めに行ったんだけど、大声でわめき散らして大騒ぎになった。
    「なんで見せられないんだー!ヤバイ事でもやってるんだろー!!」
    とか大声で叫んでケンカみたいになってて、最終的には駐在さんに連れて行かれた。
    パトカーに乗せられる時に、その男が血管が浮き上がるくらい真っ赤な顔して
    「ここで巫女を村中の男がレイプしてるって本当だったんだな!だから見せられないんだろ!!」
    って叫んでた光景がものすごく異様で怖かった。

    祭りがゴタゴタになった事とは関係ないと思うけど、
    その年に集落に繋がる場所の道路工事で崖崩れが起きて亡くなった方が出たり、
    高校生が1人、心筋梗塞で亡くなったりしたので、
    もっぱら「あの騒ぎのせい」っていう噂も多くて、
    ますます私の中で東京=怖いイメージが固まってしまった^^;

    実際、上京してみたら親切でまともな人が多くて、なーんだ普通だと思ったけど、
    上京するまでは怖くて仕方がなかったな・・・f^^;

    コメントを書き込む コメントを読む(0) トラックバック(0) [怪談/都市伝説]

コメント

コメントの投稿(コメント本文以外は省略可能)





管理者にだけ表示を許可する

テンプレート: 2ちゃんねるスタイル Designed by FC2blog無料テンプレート素材 / 素材サイト: 無料テンプレート素材.com / インスパイヤ元:2ch.net

ページのおしまいだよ。。と
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。